トップページ | 2005年12月 »

2005年11月29日 (火)

エレコム テンキー電卓「TK-DEUSBK」

先日書いたとおり、今使っているキーボードはHappy Hacking Keyboard Lite2なので、テンキーがありません。
普段はまずテンキーが必要な局面にはならないんですが、たまーに「やっぱりテンキーあったほうが便利だなぁ」ってときもあります。

というわけで買ってしまいました。USB接続のテンキー電卓。
エレコムわけありショップでなんと945円。安かった。
# さらに2005年11月29日現在、税込609円になってます。安すぎ。

というわけで使用感ですが、結構便利ですよ、これ。
機能としては「PCモード」と「電卓モード」の2種類がありますが、それぞれの詳細はこんな感じ。

PCモード
PCとUSBで接続するとまずはこのモードに入ります。
(モードの切り替えについては後述します)
通常のテンキーとして機能しますが、この他にカーソルキーとBSキーも装備されているので、数字を打つだけならこれだけで作業ができちゃいますね。
もちろんEnterキーを押せばちゃんと改行も入力されます。

ちなみにUSBで接続している間はそちらから電源をとるのでパワーオフ状態にはなりません。
(まぁキーボードとして考えればごく自然です。)

電卓モード
USB接続を外すか、液晶右下の「モード切替ボタン」を押すとこのモードになります。
このときはごく普通の電卓として使えます。
また、USB接続してモードを切り替えた状態であれば、電卓での表示をPCに送り込むことができます。電卓で普通に何らかの計算をしたあと、その結果をPCのアプリケーションにCopy&Pasteする感じ。

何かの報告資料を作っている最中、「電卓叩いてその結果を資料に入れる」なんてこと、よくあるじゃないですか。そんなときこのモードを使うとすばやくかつ間違いなく転記できるという点ですごく楽ちんです。
個人的にはテンキーモードよりこっちのモードのほうが便利かな。

あ、ソーラーセルもついてるので、普通に持ち歩いて普通の電卓としても使えます。
コンパクトですし、見た目も電卓そのままなので、全く違和感はないですね。

その他
あまり関係ないですが、付属のUSBケーブルはいわゆる「初代京ぽん」でも使えます(^-^)。
通常はテンキーを接続しておいて、京ぽんの充電が切れたら差し替える、なんてこともできます。
USBケーブルが共用できるのは予想外だったのでちょっと嬉しかったり。

難点
といったところでいい点ばっかり書いてきましたが、難点もいくつか。
僕の選択ミスだったんですが、やっぱりテンキーとしては小さいです。
もう一回り大きくないとブラインドで打ちまくるのは難しい感じ。
HHKと同様省スペースなところはいいんですけどねぇ。
やっぱり大きいの買えばよかったかな(^-^;)?

あと、非常に細かいのですが「5」のボタンにはもう少し分かりやすいしるし(ポッチ?)をつけておいてほしかったなぁ。一応キーの形は違ってるんですが、手探りではちょっと分かりにくいかも。

関連サイト
エレコムわけありショップ
エレコムの旧商品などが破格で販売されてます。
このテンキー電卓(609円)のほかにも、振動対応ゲームパッド609円とか、デジカメポーチ294円とか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月21日 (月)

サンコー「USB CAFE PAD」

僕の場合夏でも結構ホットの缶コーヒーを買ってしまったりするのですが、夏の冷房の効いた部屋ではすぐ冷たくなっちゃうんですよね。
そんなわけで買ってみました、USB CAFE PAD

リンク先のサンコーは面白おかしいPC周辺機器(特にUSBグッズ)を販売している会社です。
新商品が出るたびにちょこちょこチェックしてたのですが、今回は「プレート温度は最大80度」に負けて買ってしまいました。

で、早速使ってみているのですが、うーん、いまいち。
缶コーヒーってすこし上げ底になってますよね。茶碗で言う「いとぞこ」の部分。
このおかげでどうも熱が伝わりにくいらしく、「あちち~」という感じは維持できませんでした。
確かにプレート自体は手で触れないほど熱くなるんですけどね。残念。

というわけで、その隙間を埋める「でかいコインみたいなもの(?)」を物色中。
逆にプレートが凸型になったようなCAFE PADでもいいんですが。
あればすぐにでも買っちゃうんだけど、誰かご存知ないですかねぇ…。

参照サイト
サンコーレアモノショップ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月11日 (金)

PFU「Happy Hacking Keyboard Lite2」

今日は愛用しているHappy Hacking Keyboard Lite2 (HHK Lite2)です。

キーボードなんてパソコン買えば普通はついてるモノなので、おそらく何も気にせずそのまま使っている方も多いと思います。
ただ、考えてみればパソコンに向かっている間マウスとともにずっと触っているデバイスですので、実は仕事の効率をかなり左右するものですよね。
僕の場合、キーボードを代えただけで同じタイピングソフトでもスコアがかなり違ってきます。
1日仕事をした後にどうも指の一部が疲れているようだ、なんて方はキーボードを代えるのも有効かもしれません。

Happy Hacking Keyboard(以下HHK)は株式会社PFUの製品で、「自分好みのキーボードはどこへでも持ち歩いて使う」というコンセプトで作られています。そのためテンキーなどを排除し、コンパクトな作りに徹しています。
IT時代の「筆記具」と位置付けており、その意味では高級万年筆といったところでしょうか。
もちろんそれに見合うキータッチの心地よさと丈夫さを持っています。

ちなみに僕はキーボードをかなり力強く叩くので、パソコンに最初からついているようなキーボードを今までに3枚壊したことがあります(^-^;)。
HHKはさすがに丈夫ですね。

HHKにはいくつか種類があり、Lite2はコンセプトを守りつつも価格を抑えた廉価版です。
上位モデルの「Happy Hacking Keyboard Professional」は25,000円という超高級品ですが、Lite2は6,000円弱くらい。キータッチは上位モデルから見れば多少劣るものの、普通に見かけるキーボードよりはずっと高級です。
特にキートップのぐらつきや押し込んだときの引っかかり感のなさ、がいいところですね。

現在普通に見かけるキーボードと比べるとキー配列がかなり特殊ですし、テンキーやファンクションキーが削られていることから万人におすすめできるものではないと思います。
ただ、「昔はUNIXをちょっとかじってた」「Aの隣にCtrlキーがぜひほしい」「机を広く使いたい」なんて人にはものすごくおすすめできます。
5,000円ちょっとで仕事効率がアップするなら、安い買い物じゃないですか?

関連サイト
株式会社PFU
HHKの開発/発売元です。

Happy Hacking Keyboard Lite2 USB JP 黒
PFU
おすすめ度の平均: 3.56
4 JPでも黒でも、なかなか
4 Macintoshで使うと全然違和感ありません
5 使う人を選ぶキーボード

AmazonのHappy Hacking Keyboard 一覧を見る


| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年11月10日 (木)

ガジェットWatch復活 (G-SHOCK TheG GW-1500J)

身の回りにあふれるちょっとした「モノ」にフォーカスしていくBlogです。
自腹で買ったモノのレビューをメインに、これからほしいものや話題のモノの紹介などを書いていくつもりです。

実はココログ内で細々と続けていたのですが、先日思わず@niftyを退会してしまい、今までの記事が見えなくなってしまいました。
あわてて@niftyIDを登録したのですが、どうも完全復活は難しいようなので、しばらくは手持ちデータから復活していきたいと思います。

というわけで第1回目はG-SHOCK。
流行りの「電波+ソーラー」の「The G」シリーズです。
もともと現行TheGシリーズの中では安いほうなんですが、オークションでさらに安く入手。
今は会社もこれで出るくらい、かなり気に入ってます。

The Gシリーズについて
カシオのサイトで見ると、「強度、機能はもちろんのこと、パーツひとつひとつの素材、形状にまでこだわり作られたG-SHOCK最上級モデル」とのこと。
今回のは普段財布に入っているくらいの金額で買えちゃうものですが、最上位機種は10万円なんてのもありますね。十分高級腕時計という感じがします。
The Gシリーズ通して「壊れない/止まらない/狂わない」というコンセプトがあり、「対衝撃性能」「ソーラー発電」「電波対応」という機能でそれを実現している、というところです。

デザイン
昔のG-SHOCKのウレタンバンドはバンド自体が安っぽくテカっていた感じがありましたが、これは「しぼ」加工とかつや消し加工などでちょっと高級感があります。
質感はだいぶ向上してますね。
また、文字盤の周りにある銀のリングは、外側だけがきれいにヘアライン加工されていて、内側はミラーフィニッシュになっています。
これでデザイン性とキズ対応(外側のほうがキズつきやすいですよね)を確保していたりするんですね。
あとは非常にG-SHOCKらしい、いい感じに凝ったデザインだと思います。
3連液晶の表示方法などもだいぶ「こなれているなぁ」という感じを受けました。

機能
昔持っていたふつうのG-SHOCKからみると、さまざまなところが進化してます。
あ、夜中にブルーに光るスーパーイルミネーターはきれいですよ。
もちろんオートライト(傾けるだけで光る)もありますし、ソーラー時計らしく「明るいときは光らない」という機能もあります。
ソーラー発電の電圧をキーにしてるんだと思いますが、よくできてるな、と思います。

関連サイト

G-SHOCK The Gシリーズ [GW-1500J-1AJF]
カシオ計算機 (2004/11/30)
売り上げランキング: 8,239
Amazon.co.jpのG-SHOCK一覧
電波受信機能、タフソーラーを耐衝撃構造に搭載G-SHOCK TheG (e-Casio)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

トップページ | 2005年12月 »