« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月20日 (火)

ロジクール「コードレス コンパクト コントローラ」

コードレス コンパクト コントローラ (黒)

ほんとに今更ながらPlayStation2を手に入れました。
会社の後輩が70000系(薄いやつ)に切り替えたので、余った大きいほうを長期貸し出し(「せしめた」といってもいいかも…)してもらったというわけ。

ところがうちには小さい子供がおり、ケーブルをひっかけたりするのが心配だったので、一緒にロジクールの「コードレスコンパクトコントローラ」を買ってみました。今回はそのレビューです。

大きさ・重さ
コンパクトコントローラという名前のとおり、純正コントローラより若干小さめです。が、僕は純正コントローラ自体そんなに触ったことがないので、すぐ慣れました。

握る部分が結構凝ったつくりになっていて、親指+薬指+小指の3本ずつでちゃんとホールドできます。
なので、L1・L2 / R1・R2のボタンをちゃんと人差し指と中指で操作できます。
純正と違って若干ざらついた手触りになっているところがいいのかもしれません。

電源は単三×2です。もちろん電池のぶん純正コントローラから見れば重たいのですが、1~2時間のプレイでは特に疲れることもなく、逆に操作がしっかりしていいと感じました。

ワイヤレスでの操作感
やはりケーブルがないというのは非常に快適です。
オートスリープがあるので、しまうときも引き出しとかにそのまま突っ込んでOK。
非常に些細なことですが、快適感はかなり違います。

あと、ワイヤレスLANと同等の電波方式を利用しているので、PS2本体との間に遮蔽物があっても問題ないです。うちはPS2本体をTVラックの中に入れてしまっていますが、操作できなくなることはないですね。
なお、気になる操作のもたつきとかコントロールの遅れなどは皆無でした。

電池のもち
カタログスペックでは振動ありで50時間、となってます。
感覚としては結構持つなぁ、というところです。まだ電池交換をしてないので実際のところは不明ですが。

振動とか
やっぱり電池駆動なので純正よりは弱いです。
ただ、逆に本体の重さが幸いして、重厚な感じの(?)振動が味わえます。
純正だと「がたがた」という感じの振動が、これだと「ずうぅん」という感じになります。
# 分かりにくいですね(^-^;)。

パッド・ボタン
十字キーの部分がやわらかい感じですねぇ。ずっと使っていると十字キーからへたってきそうな感じです。
かわりにスティックやボタンはクリック感も良好です。個人的にはパッド部以外は純正より好きですね。

総評
僕の中ではかなり最高のコントローラだと思います。さすがロジクール。
これで連射機能があれば最強だと思いますが、最近のゲームはそこまで連射を要求するものもないですしね。
ともかくこれは買って正解でした。おすすめです。


関連サイト
ロジクール コードレスコンパクト コントローラ使用感 (KatoriYutaro's Diary 様)

コードレス コンパクト コントローラ (黒)
ロジクール (2004/08/26)
売り上げランキング: 364
おすすめ度の平均: 4.31
4 方向パッドだけ改良してもらえれば、、、
5 超オススメ
5 X-BOX



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 1日 (木)

Creative MP3プレーヤ「MuVo TX FM(512MB)」

Creative MuVo TX FM 512MB [CNMVT512F] (メモリープレイヤー)
PDAでずっと音楽を聴いていたのですが、連続使用時間が短いのが不満でした。
というわけで買っちゃいました。MuVo TX FM (512MB)。

いやー快適です。
もちろん容量とか機能とかはHDDプレーヤのほうが上なんだけど、USBポート直結できる軽快さ/Drag&Dropで曲転送が可能/単4のニッケル水素充電池が使えるというところで、
自分で使うシーンには非常に合ってると思います。
というわけで、操作感やら特徴的機能やらをちらほらと。

ボタン
各ボタンに割り付ける機能のカスタマイズはできません。が、操作で戸惑うことはないので問題なし。
ちょんとついてるレバー部分は押し込むことで「決定」になります。特にクリック感はありませんが、操作については堅くもなくやわらかくもなく、押し込む深さも適切。キーロックせずに胸ポケットに入れていても誤動作したことはありません。

PCとの接続
これがMuVo TXシリーズの最も大きな特長でしょう。
本体をぐっと引き抜くとUSBメモリ部と電池ケース部に分解されるので、メモリ側をPCのUSBポートに刺せば接続OK。ケーブルを持ち歩くこともなく、そのままUSBメモリとしても使えます。
なお分解するにはそこそこ力がいるので、予期せぬタイミングで分解しちゃうことはありません。

容量
入る曲数はMP3のビットレート(データ量)で変わるんですが、128kbpsのMP3ならばアルバム7~8枚くらいは入ります。
ちょっと贅沢に160kbpsとか192kbpsでリップしたときは5~6枚程度になります。
「長い通勤を快適に」という僕の目的なら、512MBで十分すぎるほどです。

音質
イコライザとしてはロック/ジャズ/クラシック/ポップスの4つとユーザー設定1つが選べます。
結構イコライザの効きは激しくて、「ロック」だとズンドコが(笑)かなり強調されます。
僕のヘッドフォン(いわゆる「パナル」で聞いてます)との相性では、あまりイコライザを使わないほうがいいみたいです。

液晶
操作時にブルーのバックライトがつきます。
そんなに明るいわけじゃないですが、かっこいいですね。
バックライトのついてる時間も、無し/3秒/5秒/10秒/15秒から選べます。
あと、液晶表示の方向を180度入れ替えられます。(この辺はあまりWEBなどでも出回ってない情報かも)
デフォルトでは操作ボタンが下に来る方向で表示されますが、逆でも使えるようになってます。
僕は逆のほうがいいかな、と思いました。

電池の持ち
カタログスペックでは単4アルカリ1本で15時間再生できるみたいです。
僕はすぐにニッケル水素充電池に変更しましたが、それでも10~12時間くらいはいけそう。
2本を交互に使っていくなら、遠出でも旅行でも充電器はいらないくらいです。
なお、本体での充電式ではないので、予備の電池さえ持っていれば気兼ねなく電池切れまで鳴らせます。充電式のものは「いつ切れるか不安」「使いきらずに充電するとメモリ効果が…」なんて心配がありますが、こいつは皆無。精神衛生上、電池でよかったなぁ、と思います。

総評
非常に満足してます。
USB直結&電池駆動という軽快さが僕には最もマッチするポイントでした。
確か発売当初は2万円弱くらいだったと思いますが、買ったときはすでに1万5千円くらいに値下がりしてました。
ま、2万円だったとしてももう十分元をとった感じです。

今はもう1万円くらいで買えるんですねぇ。
某S社のプレイヤーは添付ソフトのできが悪かったり製品紹介のBlogがめちゃくちゃだったりして散々のよう(*1)ですが、軽快なメモリオーディオが欲しいならMuVoのほうをおすすめしますよ。掛け値なしで。

関連サイト

Creative MuVo TX FM 512MB [CNMVT512F] (メモリープレイヤー)
クリエイティブ・メディア (2004/09/17)
おすすめ度の平均: 4.14
5 お気に入り☆
5 大満足!
4 満足しています


P.S.
(*1) Sonyは新シリーズのネットワークウォークマンで「モニター」Blogを立ち上げて宣伝していたのですが、やらせがばれたりその後の対応が悪かったりして閉鎖に追い込まれてしまったようです。
単純に「Blogならいけますよ」なんていう広告代理店の話を鵜呑みにしちゃったんですかねぇ。
(参考サイト)
ソニーの自作自演力は世界一ィィィ! (Propeller-head ONLINE 様)
「よいしょブログ」逃走か? (Walkman A シリーズについての噂をまとめてみる。様)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »