« 富士通パソコン「再装整備品」週末セール | トップページ | 富士通パソコン「再装整備品」週末セール その2 »

2006年2月13日 (月)

洋ぽん(WILLCOM WX310SA)買いました


旧DDIポケット時代からずっとPHSを使ってきました。もう10年以上。
「端末0円」にだまされてあの光通信からPHSを買ったのが最初でしたが、なんだかんだでずっと使いつづけています。

というわけで今回買ったのは洋ぽん。
最後まで京ぽん2(WX310K)と悩みましたが、機能よりデザインで選んでしまいました。
これまでに三洋の端末を2台使っていて、どちらも好感触だったのも理由の1つです。
# J90(三洋)→J700(三洋)→AH-K3001V(京セラ)→WX310SA(三洋)という感じ。

機能や使い勝手などについてはmemn0ck.com(memn0ckさん)やITMediaなどをご覧頂いたほうがいいとは思いますが、僕なりの感想やTipsなどをいくつか。

価格
近くのヤマダ電機で27,800円でした。
2台まとめての機種変更だったので値引きも交渉してみましたが、下がりませんでした。
ただポイントが2台で8,000円分くらいついたので、実質は1台24,000円くらいですね。
最近になってようやく相場が下がり始めたようですが、今までの端末の中では破格です。
(まぁ今までが1円~3000円くらいだったので安すぎたのですが(^-^;)。)

大きさ・重さ・デザイン
初代京ぽん(AH-K3001V)からの買い替えです。
サイズも重さも一回り大きくて若干太った感じはしますが、それでも最近のハイスペックケータイに比べるとコンパクトな印象です。(902iシリーズとか、でかいですよねぇ。)
デザインは最近のPHSの中では秀逸だと思います。2色に光るボタンとか、サイドのカラーリングとか、シンプルだけど安っぽくないという感じです。
人前で見せびらかせる端末ですよね。

液晶
いやー進歩してますねぇ。
輝度最大では明るすぎるくらいですし、反応も非常にいいです。
ドット数は240x320(QVGA)なので、一般的なケータイ待ち受け画像が普通に壁紙にできます。
ファイル形式も JPEG/BMP/PNG/GIF に対応とのことなので、WEBで見かけるたいていの画像は壁紙にできますね。
ただ、アニメーションGIFは壁紙にできるもののアニメーションはしないそうです。

カメラ
これも進歩してますね。
今までが京ぽんの11万画素だったので、単純にでかい画像が撮れるだけでも非常にいいです。
例えば会社での会議のときホワイトボードを撮ったりするんですが、あとからでも結構見えますね。

Tips
マニュアルには載ってるんだけど、あまり知られていないだろうポイントをいくつか。
もしや周知の事実かも?

◆時計表示位置
時計表示設定のプレビューのとき、十字キーで表示位置を動かせます。
「壁紙の中心にお気に入りのアイドルの顔が…」なんてときも、時計を隅っこに持っていくことができてすごく便利。
…あ、僕は普通の壁紙ですよ。いやほんと。

◆QRコードリーダーについて
雑誌等に記載してあるQRコードは結構読めました。
が、「太鼓の達人」の画面に表示されるやつはダメでした。
…って、どうでもいいTipsですね(^-^;)。

関連サイト
洋ぽん「WX310SA」のITmedia +D モバイルにおけるロードテスト目次ページ (memn0ckさん)

WX310SA ~ 洋ぽんのキーボードライトは2色!こだわりのデザイン (ITMedia +D Blog)


|

« 富士通パソコン「再装整備品」週末セール | トップページ | 富士通パソコン「再装整備品」週末セール その2 »

もの>携帯・スマートフォン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153129/8637602

この記事へのトラックバック一覧です: 洋ぽん(WILLCOM WX310SA)買いました:

« 富士通パソコン「再装整備品」週末セール | トップページ | 富士通パソコン「再装整備品」週末セール その2 »