« アジアンタムをハイドロカルチャーで | トップページ | PCの乗り換え (IDEマルチアダプタ DN-IDE3525) »

2006年6月 8日 (木)

列車事故に遭って「定刻発車」を想う

定刻発車―日本の鉄道はなぜ世界で最も正確なのか?
三戸 祐子
新潮社 (2005/04)
売り上げランキング: 10,774

10線50m「開かずの踏切」で事故、9万人影響 (asahi.com)。
いやー、今朝はほんとにまいりました。
記事のとおり横浜~川崎間は京急も含めてたくさんの路線が並んで走っているので、電車事故となると全線に影響が。
僕も最寄駅から乗車後10分くらいで見事に巻き込まれまして、いろんな路線を乗り継いでやっとこさ会社にたどり着きました。「9万人影響」の一人です(^-^;)。

で、思い出したのがこの本。
あのいたましい福知山線脱線事故の際にはよく引き合いに出されていた本です。


「なぜ日本の列車ダイヤは世界一正確なのか」という疑問を解き明かしていく内容になっているのですが、列車に限らず一般のプロジェクト管理にも応用できるような点が多く、結構面白かったです。
何かの賞をとっているらしいのですが、それも納得、といったところでしょうか。

特に「修学旅行などで走らせる臨時列車が通常のダイヤを縫ってちゃんと走ることができるのも実は織り込み済み」なんてところはぐっときますね(^-^;)。通常のプロジェクト管理でそこまでのパターンを想定したスケジュールなんて引けないですから。(普通にモノを仕上げるだけでもスケジュールを引くのは難しいです)
鉄道に普段から興味を持っているかたはもちろん、プロジェクト管理に多少なりともかかわっている方にも楽しめる本だと思います。

というわけで興味をもたれた方はぜひ読んでみるといいですよ。
オススメです。

関連サイト
定刻発車―日本の鉄道はなぜ世界で最も正確なのか? (amazon.co.jp)
アマゾンのサイトです。
以前(2001年)はハードカバー版だけだったのですが、2005年に文庫版が出てます。


定刻発車/SYSTEMA by MITO YUKO
作者様のページです。



|

« アジアンタムをハイドロカルチャーで | トップページ | PCの乗り換え (IDEマルチアダプタ DN-IDE3525) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いいねえ。こういうの。
自分の想定した通りにまわるとたまらんだろうね。

投稿: gen | 2006年6月12日 (月) 11:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153129/10443697

この記事へのトラックバック一覧です: 列車事故に遭って「定刻発車」を想う:

« アジアンタムをハイドロカルチャーで | トップページ | PCの乗り換え (IDEマルチアダプタ DN-IDE3525) »