« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月29日 (日)

Victorinox ナイフ「マネージャースケルトン」

Victorinox マネージャー

ベルトクリップキーホルダー「KEY-BAK」の時にも載せていたナイフの紹介です。
数年キーホルダーとして使っていて、すでにだいぶ傷んでるのですが、なかなか代わりになるのがなくて愛用中です。


このナイフについて
この手のナイフでは最も有名なVictorinox(ビクトリノックス)の、「マネージャー」というツールナイフです。一般的なVictorinoxはたたんだときに90mmありますが、これはふた回り小さい58mmのもの。「ミニシリーズ」と呼ばれるものの1つです。


機能
ナイフ、マイナスドライバー、せん抜き、ワイヤーストリッパー、はさみ、つめやすり、プラスドライバー、ボールペン、キーリング、楊枝 という全10機能。
Victorinoxのすごいところはこの10機能がちゃんと「使える」ってこと。
世の中には単に機能数だけで売ってるような安物もありますが、結構使えないツールが多かったりするんですよね。下手をすればメインのナイフがぜんぜん切れないとか。
その点Victorinoxはどれも使い物になります。さすがですね~。

で、数あるVictorinoxの中からこれを選んだのは、「プラスドライバーが使いたかった」という理由から。PC関連を触ることが多いので、ドライバーのついたブレードがあると便利かなと思った次第です。
かなり利用する機会は多いので、選択は正しかったかな(^-^;)。


価格など
Yahoo!オークションで2000円弱くらいだったと思います。
実はこのタイプのマネージャーは日本未発売品で、日本で今売っているのはLEDライトが内蔵された「マネージャーライト」というシリーズのみ。個人的にライトはいらなかったのでオークションで探したのですが、探すのは結構時間がかかってます。まぁその分満足度も大きい、かな。


まとめ
この手のツールナイフは1つ持ち歩いているとほんとに便利なんですが、最近は風当たりが強いですね。もう少し世の中に認められるようになってほしいものです。


関連サイト
VICTORINOX マネージャーライト トランスルーセントブルー(ナチュラム 2,620円)

KEY-BAKの時にも紹介しました有名なアウトドアショップです。
ここならまぁまぁ安いかも。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年7月24日 (火)

活字、マイブーム

本のイメージ

いろんな作業をPCでするようになってから活字を読むことがめっきりと少なくなってしまいましたが、ふとしたきっかけでまた本を読み出すようになりました。
書評を書けるほどの文章力もないので、まずは「なぜ今になって活字か?」を書いてみます。

きっかけ
ちょっとかっこ悪いのですが、会社で「読み終わった文庫本を差し上げます」という方がいて、それをごっそり頂いたためです。
どうも僕はモノが捨てられないたちでして、捨てるくらいなら…という気持ちでもらってしまいました。

作家の名前なども詳しくないので、とにかく一掴み。
順番も関係なく片っ端から読んでいる状態です。

なぜ活字か?
僕は生まれてこのかた眼鏡にお世話になったことがなく、今でも裸眼でそこそこの視力があります。それはそれで幸せなのですが、実は最近「老眼?」と思うことがしばしば。
具体的にはケータイでWebを見てるときとか、PDAで文章を読んでいるときとかなのですが、自分が予想したよりもも若干(数センチ)遠くにディスプレイを置かないと微妙にピントが合わない感じです。うーんまずいかも。

ちなみにPCでの作業自体は特に問題ないのですが、やはり1日10時間もディスプレイを眺めてるのはよろしくないんだろうなぁと思っています。

で、もらった文庫本をたまたま開いたら、見やすいんですよ。これが。
当然文字自体は大きくないのですが、文字の解像度がディスプレイと圧倒的に違うのが見やすさの理由なのではないかと思います。いくらディスプレイが高精細になってきたとはいえ、印刷物のクオリティにはまだまだ届いてないですからね。
あと、読むことに徹底的に最適化されたフォントにも利点があるのかもしれません。

というわけで、ケータイでニュースサイトやBBSを回るより、もっぱら活字を読む時間が長くなりました。もちろんケータイを見なくなったわけじゃないのですが、「紙媒体のよさ」を再認識している今日この頃です。

もらった本(一部)
せっかくなのでもらった本へのリンクをいくつか。
いずれもAmazonへリンクします。

三月は深き紅の淵を
三月は深き紅の淵を
posted with amazlet on 07.07.24
恩田 陸
講談社 (2001/07)
売り上げランキング: 30955
おすすめ度の平均: 4.0
3 娯楽作品として、いかがでしょうか?
4 作家ノート
3 読み手の姿勢が問われる…
スイス時計の謎
スイス時計の謎
posted with amazlet on 07.07.24
有栖川 有栖
講談社 (2006/05/16)
売り上げランキング: 58998
おすすめ度の平均: 3.0
3 もりかえした
3 ・・・古いな
3 嫌いじゃないんだけど……
いつもの道、ちがう角
松尾 由美
光文社 (2005/12/08)
売り上げランキング: 336029

関連サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月20日 (金)

SPAM食べました

SPAM

先日の記事に引き続き、SPAMの話です。
今日ようやくSPAMを食することができましたので、ご報告。
まぁ食べなれている人にとってはいまさらな内容ですが(^-^;)。

あけたところ
SPAM 開封

なんとなくコンビーフのようなものを想像していたのですが、予想に反してピンクのハムのような感じでした。魚肉ソーセージにそっくり。
最初うまく出てこなかったのですが、缶の脇に描いてあるとおり、少し缶を曲げて隙間を作ってやるとうまいこと取り出すことができました。

焼いてみました
SPAM

1/3ほどをスライスして、まずはシンプルに焼いてみました。
どのサイト見ても「SPAMから油が出るししょっぱい」と書いてあったので、味付けは何もなし。
焼き色がつくときれいです。

食べてみました
ビールを用意してまずは一口。

…しょっぱー!

最初はそうでもないけど、かむほど塩味が溶け出してくる感じ。かなり塩辛いです。
これだけ塩辛ければ開封後も冷蔵庫に入れておけばしばらく持つのでは。

食感は魚肉ソーセージと変わらないです。むしろやわらかいくらい。
味はベーコンに近いのですが、SPAMのほうが塊になっていて量が多いので、塩辛さは増強されている感じがします。スモークされているわけでもなさそうですし。
でも慣れてくるとちびちび食べながらビールを飲むのが快感になってきました。酒飲みにはもってこいかも。

最初は健康に悪そうと思ったのですが、ビール党の僕としては結構ハマりそうで怖いです。

関連サイト
スパム丼(一人前約590kcal) (60点主婦 なんなんCOOKING)
うまそー。
やっぱりご飯と一緒にしないとだめですかね~。

フレッシュネスバーガーでスパムバーガーを食べてみました (GIGAZINE)
お、フレッシュネスバーガーでもこんなの出たんですね。行かなきゃ!
※2007.08.22追加


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月15日 (日)

スイートポテト作りました

スイートポテト

子供と一緒にスイートポテトを作りました。
一日台風で外に行けなかったので、子供にはいい時間つぶしになったかも。

発端
子供むけ教材の中にスイートポテトの作り方がのっていて、目ざとく見つけた上の子が「絶対作る」と言ってきかなかったので(^-^;)。
下ごしらえとか結構面倒らしいので、妻もぶつぶついいながら(とはいえ楽しみながら)作っていました。

作り方
ざっとですが、作り方はこんな感じ。

(1)サツマイモをゆでる
洗ったサツマイモをレンジにかけてやわらかくします。
うちのレンジにはたまたま「根菜モード」なんてのがついてたので、ためしに使ってみたらうまくいきました。

(2)裏ごし
スプーンで(1)のいもをすくったあと、裏ごし。

(3)砂糖、バター、生クリーム入れる
サツマイモ500gに対して、砂糖とバターはそれぞれ40g。
生クリームは50ccくらい?結構適当です(^-^;)。

(4)型に入れて焼く
230度に予熱したオーブンで12分。
いい感じに焼きあがりました。

できあがり
スイートポテト

クッキーの型で抜いたのはきれいに焼けたんですが、絞り出したほうは途中で絞り袋が破れてしまってこんな感じに。
まぁこれも手作り感があふれてていいかな、と。


いやー素朴。
なめらかな感じをだすためにレシピの牛乳を生クリームに替えてみたりしたのですが、お店で買うようなスイートポテトにはならないですねぇ。
でも子供は気に入ったようで、そこそこ食べてましたよ。

関連サイト
《送料無料》北海道スイートポテト〈5本入〉 (いーぴこっと 3,135円)

こうはうまくいかないですねぇ(^-^;)。
さすがにおいしそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月14日 (土)

SPAMが届きました

SPAM (スパム)

妻の知り合いからSPAMが届きました。
といっても、写真のとおり本物の、缶詰のSPAM。
何度も見たことはありますが手に入れるのは初めて。
明日にでも食べてみようかな。

SPAMとは
「SPAM」は米Hormel Foods社のランチョンミート(ハムの缶詰みたいなもの)です。
歴史は長く、第二次世界大戦の前からあった模様。戦時中はさすがに生肉は調達しづらく、賞味期間の長いこういう食料は重宝されていたみたいです。

で、戦後アメリカ占領下にあった沖縄では、払い下げられた(もしくは闇市などで流れた)SPAMが庶民にも広がったというわけ。なので、沖縄では相当ポピュラーな食材のようですね。
ちなみにハワイでは、焼いたスパムをのり代わりにおむすびに巻く「スパムすび」なんてのがコンビニでも売られてるとか。

spamメールの語源
うざったいほどやってくるspamメールの語源もこのSPAMらしいです。
まずいものではないのですが、塩味がきついこともあり、戦時中に毎日のようにSPAMが出てくるとさすがに飽きがくるものだったようです。
当時あるコメディアンが「今日もスパム、明日もスパム…」というように「SPAM」を連呼するコメディを行ったらしいのですが、それを元に広告目的で今日も明日も来るメールのことを「spam」と呼んだみたいですね。

ガーリック味も届きました
SPAM Garlic (スパム ガーリック)

届いたSPAMの中にはガーリック味もありました。
これは見るのも初めて。そのうちビールのつまみとしていただいてみます。

両方ともまだ開けてないので、食べた感想は追ってまた。

余談:TZ3、いいです
この写真は部屋の中で撮ったのですが、LUMIX DMC-TZ3の強力な手ぶれ補正のおかげでかなりぶれずに撮れてます。シャッタースピードが1/10まで落ちてても、注意して撮れば結構平気。
もちろん縮小するときに若干の補正は加えていますが、夜の「ブツ撮り」にはかなりいいかもしれません。

関連サイト
SPAM.com (Hormel:英語)
オフィシャルサイトです。
おお、spam.com なんですね。さすが。

SPAMライスで~す! (こうちゃんの簡単料理レシピ)
これおいしそう。
でも、どのサイト見ても「しょっぱい」「塩辛い」の文字が…
それだけ保存性が高いつーことかしら。

減塩スパムポークランチョンミートモニター募集スパムを食べたことがない方限定 (かりゆし商店 260円)

これ安い!
普通のお店で買うとこのサイズで500~600円しますよ。
試してみたい方はぜひどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月10日 (火)

ロッテ「La Menta♪」、強烈でした

寺島進さんの渋いCMが印象的なロッテのミントキャンディ「La Menta♪(ラ・メンタ)」を買ってみました。
いやー、なかなか強烈でした。

あれ、キャンディだ!
キャンディなんですね、これ。
恥ずかしながら、買うまでフリスクやミンティアのようなミントタブレットだと思ってました。
確かにキャンディなら刺激が持続しそうな感じ。期待できます。

なめてみた
早速1粒口に放り込んでみました。うーん、かなりのミントの刺激。
味わい…といっても味らしい味はないのですが、しいて言えばフリスクよりはガムの「Black Black」に近いかも。
当初の予想どおり、キャンディなので刺激が長続き。その分、舌がしびれるような感じも強いです。
なお、慣れてきたら僕は2個いっぺんに口に入れるくらいでちょうどになりました。

まとめ
昼休み後の会議なんかにはいいんじゃないかな。
まぁ定番はフリスクだと思うけど、キャンディならフリスクみたいにぼりぼり音立てて食べなくていいし。
(フリスクどんな食べ方してんだ>僕)

ちなみにケータイで写真も撮って見たものの、あまりに見栄えの悪い写真になってしまったので、画像は後ほど掲載します。

関連サイト
ニュースリリース (ロッテ)
オフィシャルサイトです。

知る・楽しむ|TVCM (ロッテ)
寺島進さんのCMムービーが置いてあります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月 4日 (水)

夏の散財キャンペーン・結果 (DVM-RXG18FB他購入)

DVDドライブ他

先日の記事で書いたとおり、先週末に近くのドスパラに出かけていろいろと散財してきました。
メモリだけは予算の都合で後回しにしましたが、他のものは一応調達できたのでご紹介します。
なお、画像をクリックするとそれぞれ販売サイトへリンクします。

DVD±RW BUFFALO「DVM-RXG18FB」

ATAPIの内蔵DVD±RWドライブです。DL対応、18倍速書き込みとのこと。
店に行く前はなんとなくマルチにしようと思ってたんですが、よく考えるとRAMを使うシーンがあまり思い当たらなかったため、DVD±RWにしました。RAMはまだ高いですし、ウチのDVDレコーダも-R / -RWしか対応してないし。
当初希望どおり、動画編集ソフトのPowerDirector(Expressだけど)がついてることと、ドライブがパイオニア製であること、ついでに5,000円台の価格ということであっさり決定。

ちなみに DVM-RXG18FB はソフトあり、DVM-RXG18FB/B はソフトなしの廉価版です。
お店で買うときでさえ紛らわしいので、WEBで買うときはご注意を。
ちなみにドスパラでは5,980円でした。

IEEE1394IF I/Oデータ「1394-PCI3」

PCI接続のIEEE1394インタフェースカードです。
他にDVキャプチャソフトつきの製品などもあったのですが、ソフトはDVDドライブのほうについてるので廉価版を選択。ドスパラでは1,980円でした。

接続は至って簡単。XPの標準ドライバですんなり使えるようになりました。
裏側に3ポートのほか、フロントパネル接続用の内部コネクタが1ポートあります。うちのPCはフロントにコネクタだけはついてたので、ケース内にケーブルを這わせてフロント側に接続。
デジタルビデオ接続時にわざわざ裏からケーブルを取り回す必要はなくなりました。いい感じです。

内蔵HDD 日立「HDT725025VLAT80」

日立の内蔵HDD。250GBでキャッシュは8MBです。
当然お店には300~500GBのHDDもあったのですが、今の使い方だとちょっとオーバースペックだろうということで控えめに(^-^;)。

接続しての感想は「静か!」ということ。
当然最初にフォーマットをかけたのですが、フォーマット中に別作業していた1台目のHDDのほうがうるさいほど。
その後もデジカメのデータを数GBほどコピーしたりしましたが、至って静かです。快適。
ちなみに1台目は120GBなので、2台目のほうはバックアップ用とDVデータのワーク用として2パーティションに分けました。

価格は7,680円だったと思います。
ほんと、数年前から考えると破格ですよね。いい時代になったものです。

まとめ
まずは無事接続が終わったので満足。
本格的な利用はこれからですが、やっぱり「買ってきて取り付ける」ということ自体が楽しいですよね。
次回はソフトなどのレビューを載せていきたいと思います。

関連サイト
ファイルベイ内蔵DVD±R/±RWドライブ DVM-RXG18FB (BUFFALO)
DVDドライブの商品情報です。

DVDドライブ変身 (有兵衛)
このDVDドライブを変身させる方法のようです。
メーカー保証が切れたら試してみようかな…。

1394-PCI3,1394-PCI3/DV8 (I/O DATA)
IEEE1394カードの商品情報です。
「/DV8」がついてるのはソフトつきの商品です。

Deskstar T7K250 (日立GST)
バルクで買ったのでちょっと不安ですが、おそらくこれがHDDの商品情報です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月 1日 (日)

ミスタードーナツ「オールドファッション抹茶チョコ」

ミスタードーナツ

実は僕、ミスタードーナツ大好きです。
学生のころには集めたグッズが20種類以上ありました。
さすがに最近はそこまで頻繁に通うことはなくなりましたが、子供と一緒に出かけることは多いですね。
というわけで今日は子供2人を連れてミスドです。

本日のメニュー
2月に出たオールドファッション抹茶チョコと、ストロベリーカスタードフレンチ。
真ん中のエンゼルフレンチは上の子用。
この角度だと全く抹茶チョコとは分かりませんね(^-^;)。

ちなみに抹茶チョコは一時期在庫が足りなくなるほど大人気だったみたいです。
外側は「若干緑色かな~」という感じなんですが、割ってみると見事に抹茶色をしていて、最初食べたときはびっくりしました。
ほんのり後味に苦味があって、僕は好きです。

余談その1:TZ3のマクロ撮影について
先日書いたLUMIX DMC-TZ3 マクロ撮影にチャレンジの中では「思ったより寄れないかも?」と書いたのですが、今回はずいぶん寄ってもちゃんとピントが合いました。
お店の中で明るさが足りず(人間には十分なんですけどね)、シャッタースピードが遅かった割りにはちゃんと撮れてるんじゃないかな。

余談その2:Dポップ事件
この写真を撮ったすぐ後、下の子がDポップをひっくり返しました。
せっかくこれからコーヒー飲んでまったりしようとしてたのに。
しかも食べたのは2つだけで、残り4つは無残にも床の上に。うーん残念。

関連サイト
オールドファッション抹茶・オールドファッション抹茶チョコ (ミスタードーナツ)
オフィシャルサイトの商品情報です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »