« SPAM食べました | トップページ | Victorinox ナイフ「マネージャースケルトン」 »

2007年7月24日 (火)

活字、マイブーム

本のイメージ

いろんな作業をPCでするようになってから活字を読むことがめっきりと少なくなってしまいましたが、ふとしたきっかけでまた本を読み出すようになりました。
書評を書けるほどの文章力もないので、まずは「なぜ今になって活字か?」を書いてみます。

きっかけ
ちょっとかっこ悪いのですが、会社で「読み終わった文庫本を差し上げます」という方がいて、それをごっそり頂いたためです。
どうも僕はモノが捨てられないたちでして、捨てるくらいなら…という気持ちでもらってしまいました。

作家の名前なども詳しくないので、とにかく一掴み。
順番も関係なく片っ端から読んでいる状態です。

なぜ活字か?
僕は生まれてこのかた眼鏡にお世話になったことがなく、今でも裸眼でそこそこの視力があります。それはそれで幸せなのですが、実は最近「老眼?」と思うことがしばしば。
具体的にはケータイでWebを見てるときとか、PDAで文章を読んでいるときとかなのですが、自分が予想したよりもも若干(数センチ)遠くにディスプレイを置かないと微妙にピントが合わない感じです。うーんまずいかも。

ちなみにPCでの作業自体は特に問題ないのですが、やはり1日10時間もディスプレイを眺めてるのはよろしくないんだろうなぁと思っています。

で、もらった文庫本をたまたま開いたら、見やすいんですよ。これが。
当然文字自体は大きくないのですが、文字の解像度がディスプレイと圧倒的に違うのが見やすさの理由なのではないかと思います。いくらディスプレイが高精細になってきたとはいえ、印刷物のクオリティにはまだまだ届いてないですからね。
あと、読むことに徹底的に最適化されたフォントにも利点があるのかもしれません。

というわけで、ケータイでニュースサイトやBBSを回るより、もっぱら活字を読む時間が長くなりました。もちろんケータイを見なくなったわけじゃないのですが、「紙媒体のよさ」を再認識している今日この頃です。

もらった本(一部)
せっかくなのでもらった本へのリンクをいくつか。
いずれもAmazonへリンクします。

三月は深き紅の淵を
三月は深き紅の淵を
posted with amazlet on 07.07.24
恩田 陸
講談社 (2001/07)
売り上げランキング: 30955
おすすめ度の平均: 4.0
3 娯楽作品として、いかがでしょうか?
4 作家ノート
3 読み手の姿勢が問われる…
スイス時計の謎
スイス時計の謎
posted with amazlet on 07.07.24
有栖川 有栖
講談社 (2006/05/16)
売り上げランキング: 58998
おすすめ度の平均: 3.0
3 もりかえした
3 ・・・古いな
3 嫌いじゃないんだけど……
いつもの道、ちがう角
松尾 由美
光文社 (2005/12/08)
売り上げランキング: 336029

関連サイト

|

« SPAM食べました | トップページ | Victorinox ナイフ「マネージャースケルトン」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153129/15864671

この記事へのトラックバック一覧です: 活字、マイブーム:

« SPAM食べました | トップページ | Victorinox ナイフ「マネージャースケルトン」 »