« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月27日 (火)

ルービックキューブ、やっと揃えられるように

ルービックキューブ (6面完成攻略書付)

先日ルービックキューブを買ってしまった話を書きましたが、ようやく手順を覚えて揃えられるようになりました。
いやー小学生と違って頭が固い固い。
最低限の手順を覚えるのでも一苦労です。

参考にしたサイト
前回の記事でもご紹介した「ルービックキューブ簡単6面完成攻略法」というサイトを参考にしました。

[ルービックキューブ簡単6面完成攻略法]
http://hw001.gate01.com/tocomanoya/rc.html

6面揃える解法のうち、最低限の6手順(上記サイト内の「A,B,C,C',D,E」のみ)を覚えたところです。どうして揃うのかはおぼろげながらにしか分かってないですが、それでもパターンを覚えるだけで6面揃ってしまうのは素敵。
ウン十年ごしのもやもやが、ようやくとれた気分です(^-^;)。

余談:グリスも塗りました
解法を載せているサイトにはたいていグリスの紹介が出ています。
確かにプラスチック同士の摩擦が大きくて回しにくい場合もありますよね。

サイトによっては「ギター用のグリスがいい」とか「DIY用の○○がいい」とかいろいろと書いてありますが、僕みたいなライトユーザにはそんな高いやつは不要。スピードキューブをやるわけじゃないし、別の用途でも使い切れないですし。

というわけで僕が使っているのはたまたま手元にあったリコーダー用グリス。
昔ウィンドMIDIコントローラ(WX5)を買ったときに、手入れのために楽器店で買ったものです。

量もほんとに手ごろ(小さなピルケース程度)で、値段も100円程度。
プラスチック用なのでキューブを傷める心配も少ないと思います。
「昔のキューブを引っ張り出してみたけどぎしぎし言ってる」なんてとき、とりあえず試してみるにはこれがいいんじゃないかな。

ほんとは分解して塗ってしまうのがいいと思いますが、キューブを45度回して見えた部分に塗るだけでも十分効果があります。
あ、シール面につくとだいぶべたべたになるので、塗るときは綿棒などで。
ご参考になれば。

まとめ
余談のほうが長くなっちゃいましたが、これで年末のかくし芸もばっちりかも(笑)。
僕ができたくらいなので、昔あきらめてしまった人も今なら可能性ありますよ。

関連サイト
ルービックキューブ (6面完成攻略書付) (amazon 1,453円)
僕も結局amazonで買いました。
他の買い物ついでに、いかがでしょう。

ルービックキューブ簡単6面完成攻略法
ゼロからでも6面揃えられるサイトです。
研究してますね~。

必ず解ける6面完成攻略書付 ルービックキューブ (おもちゃの大成堂 1,449円)

楽天ポイントがあるならここでしょうか。
現時点で買える中では最安です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月18日 (日)

歯が抜けた~

乳歯

突然ですが、歯が抜けました。
…と言っても上の子の話。6歳になり、ようやく乳歯が抜け始めました。
抜けた後はもう永久歯が出てきていました。ちょっと抜くのが遅かったみたいですね。

抜けた歯、どうしよう?
今回抜けた歯は下の前歯でした。
子供のころは「上の歯が抜けたら縁の下に、下の歯が抜けたら屋根の上に」というふうに教えられ、小学校低学年くらいまでそのとおりにやってた気がします。

が、さすがにマンションではそれはムリ。
さてどうしたもんかな~。

ちなみに欧米では抜けた乳歯を記念にジュエリーボックスのようなケースにいれて取っておく習慣があるみたい。
検索してみると高いのから安いのから結構ひっかかりますね。
気に入ったのがあればこういうのに保管しておくのもいいかもしれません。

関連サイト
アメリカ製トゥースボックス(乳歯入) (表参道ラ・ヴェセル)

かなりおしゃれな乳歯ケースです。
出産祝いにこんなプレゼントもありかも。

Googleで「乳歯ケース」を検索
結構ひっかかりますね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月15日 (木)

久々の駄作か?サンワサプライ「テンキーマウス NT-MA2シリーズ」

ひょんなことから、サンワサプライのテンキーマウスを試用する機会がもらえました。
これ、以前ニュースリリースを見た瞬間に「なんじゃこりゃー」と思っていたモノ。
マウスの背中の面にテンキーと同じ配列のボタンがついており、マウスとしてもテンキーとしても使えるという代物です。
おもしろそうだけど自分でネタとして買うのはちょっと高いなぁと思っていたので、早速借りてきてレビューです。

パッケージ
サンワサプライ テンキーマウス

こんな感じのパッケージに入っています。
最近のマウスでは一般的なブリスターパックですね。
パッケージの外からつかんでみて、大体の大きさが分かるようになってます。

取り出してみた
サンワサプライ テンキーマウス

取り出したところです。
左側面の手前に丸いボタン(見づらいかな?)がありますが、これは飾りではなく、このデバイスのモードを切り替えるスイッチになっています。
このスイッチを押すたびに、下記順番でモードが切り替わります。

(1)テンキーマウスモード
マウス、テンキーの両方の機能が使える状態です。
当然マウスを動かせばポインタが動き、背中のボタンを押すと現在アクティブなアプリケーションに数字が入力されます。

(2)マウスモード
背中のテンキーからの入力が無効になります。

(3)テンキーモード
テンキーのボタンのみ動作するモードです。
マウスが動いてもポインタは動かなくなります。

接続してみた
サンワサプライ テンキーマウス

接続時はモードランプが光るほか、半透明のホイール部分が下からのセンサー光を受けて赤く光ります。思っていたよりカッコいいかも。

使用感
さてようやく使用感です。
まずマウスとしてはそこそこ優等生。
ボタンのクリック感は良好で、カチカチと小気味良い感じ。
ホイールは回転時のクリック感が弱めのタイプ。「カチカチ」でも「するん」でもない、中間的なタイプです。

テンキーについてはさすがにボタンが小さいのでちょいと押しにくいかな。
ただしマウスの背中には角度がついてるので、予想よりは操作しやすいです。

僕の握り方だとマウス利用中に触ってしまうこともほぼなかったです。
しかも前述の「テンキーモード」にすれば、利用時にちょっとくらいマウスが動いてしまっても、入力先のアプリが意図せず切り替わってしまうなんてこともありません。
お、こりゃ思ったより使えるかも。

まとめ
実は試用前にニュースを見たときは「こりゃダメだろう」と思っていました。
だってマウスとテンキーって利用方法が全く違うじゃないですか。
マウスは動かさなきゃ仕事にならないし、逆にテンキーは利用時に動くと使いにくい。いくら技術的に一緒にできるからといって、これを1つにする意味はないだろと。

ただ、使ってみると意外と使えることが判明。ネタ商品ではなく、真面目に考えて作られたんだなと感じました。
常にノートPCと一緒に持ち歩き、普段はマウスとして利用するという感じなら、選択肢としてはありだと思います。スペースも節約できるし、マウスとテンキーを別々に買うより安いですしね。

とはいえ動かすものと動かないものをくっつけているので、特にテンキーについては専用商品には敵いませんね。もしテンキーを多用するのであれば、以前このBlog内でもレビューしたテンキー電卓のほうがいいかも、と思います。

関連サイト
テンキーマウス【NT-MA2シリーズ】を発売 (サンワサプライ)
オフィシャルサイトでのニュースリリースです。

ELECOM(エレコム)のテンキー電卓、もう1つ購入(A/TK-USB) (ガジェットWatch)
このBlog内でのレビューです。
実はテンキー電卓2つも持ってるんですよ。

NT-MA2SV テンキーマウス(シルバー) (Zakka Trading 2,480円)
おそらく楽天内で最安のショップです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月13日 (火)

今年もサンコー「USB Cafe PAD」稼動開始!

USB Cafe PAD

ようやく本格的な秋らしくなってきましたね。
朝晩も涼しくなって、帰りが遅いときはちょいと寒いほど。
というわけで、今年もUSBのホットプレート(?)、「USB Cafe PAD」を稼動開始させました。

これは何?
ホットの飲み物がさめないように下から暖めるホットプレートです。
缶コーヒーやステンレスのマグカップを置いて使います。
電源はUSB。パソコンさえあればどこでも使えます。

僕の持っているのは第1世代のもので、ホットプレートとしての機能しかありません。が、最近出たものはUSBハブの機能も持っているので、会社で堂々と使えそうです(本当?)。

効果のほどは?
プレート中央部の裏に熱源が仕込んであり、カタログ上は「中央部で80度まで達する」となっています。
確かに電源を入れてから1~2分で相当熱くなるんですが、やはり缶コーヒーを熱いまま保温するパワーはない模様。ただ、1時間ほどの打ち合わせから帰ってきても「それなりにぬるい状態」は保てています。
少なくとも室温よりは暖かいので、ないよりはまし程度の効果はあるかな、というところ。
どちらかというと「コーヒーをここに置く」という場所が決まるのがいいのかもしれません(^-^;)。

デザイン
第2世代のものより圧倒的にこっちのほうがデザインがいいと思うんですが、いかがでしょう?第2世代の商品はハブを内蔵した分厚みが増していて、あまりカッコいいとはいえないような。
第1世代は機能が割り切られているぶんシンプルでカッコいいと思います。

関連サイト
サンコー「USB CAFE PAD」 (ガジェットWatch)
おととし、これを購入したときに書いた記事です。

販売終了商品 【USB CAFE PAD】 (サンコーレアモノショップ)
USB CAFE PAD with HUB (サンコーレアモノショップ)
第1世代・第2世代のオフィシャル販売ページです。
今買えるのは第2世代のものだけ、ですね。

実験:USBカップウォーマーはどこまで実用的か (1/3) (ITmedia +D PCUPdate)
第2世代の商品を詳しくレビューしています。
必要以上に詳細なデータをとったり、うずらの卵を目玉焼きにしたりしているところがすごい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月12日 (月)

LUMIX DMC-TZ3でクリスマスツリー撮影

今日は久々にきみまろズームのTZ3を紹介します。
しかも僕にはめずらしくきれいめな写真でお送りします。

先週末、クリスマスツリーを飾り付けました。
ちょっと早いかなと思ったんですが、子供にせがまれてしまって。
気が早いお店なんかは電飾が増えていて、そろそろクリスマスモードになりつつありますよね。子供もそういうのを目ざとく見つけてしまったみたいです。

で、せっかく飾ったら撮ってみたくなるのはガジェット好きの常(^-^;)。
今年は春にデジカメを買い換えていることもあり、夜景モードを試したくていろいろと撮ってみました。

掲載した写真はサイズ変更のみ。コントラストなどはいじっていません。
サイズ変更前の元画像は「ニコンオンラインアルバム」に載せていますので、ぜひあわせてご覧ください。

[ニコンオンラインアルバム]
071112 DMC-TZ3 クリスマスツリー撮影


マクロ撮影

クリスマスツリー オーナメント

オーナメントをマクロモードで撮っています。
天井の明かりはONのまま。ちなみにうちは電球型蛍光灯を使っているので、ホワイトバランスを「電球」にしています。
あとは明るい感じをだしたかったので、わざと電飾が白く飛ぶようにしてみました。


マクロ撮影2

クリスマスツリー オーナメント

これも上記と同様の写真です。
シャッタースピードは1/8ですが、三脚を使えばここまでぶれずに撮れます。
手ぶれ補正さまさま、といったところ。


夜景モード

クリスマスツリー

今回試してみたかった写真です。
部屋の明かりをほぼ落とし、ツリーの電飾だけで撮影。
シーンモードの「夜景」を選び、三脚+セルフタイマーで撮っています。

なおシーンモードはどちらかというと初心者寄りの機能なので、ホワイトバランスなども選べません。
ほとんどカメラ任せという感じですが、ここまで撮れるんですね。
今までのカメラだとピントすら合わなかったんですが、技術の進歩はすごいです。

TZ3、夜景モードも結構使えると思います。
結局カメラに「使われている」感じになっちゃいましたが、ご参考になれば。

関連サイト
071112 DMC-TZ3 クリスマスツリー撮影 (ニコンオンラインアルバム)
今回の写真の元データを掲載しています。

Panasonic「LUMIX DMC-TZ3」買いました!(その1:インプレッション)
Panasonic「LUMIX DMC-TZ3」買いました!(その2:望遠撮影サンプル)
Panasonic「LUMIX DMC-TZ3」買いました!(その3:マクロ撮影にチャレンジ)
これまでこのBlog内でご紹介したTZ3関連の記事です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月10日 (土)

やっとCAST COASTER(キャスト コースター)解けました!

今週あまり時間が取れなかったので遅くなってしまいました。
先日の記事のあと、ようやくコースターが解けました…というか、はめることができました。

外したところ
CAST COASTER (キャスト コースター)

こんな感じで、つながった3本の輪になります。
ところどころ切り欠きがあるので、それらをうまいこと合わせるとぴったりはまる…はずなのですが、これが結構難問でした。

戻したところ
CAST COASTER (キャスト コースター)

上の写真の状態からこの形に戻します。
簡単そうに見えるんですが、3本が有機的に(?)絡まないといけないんですよ。
2本は簡単にはまるんですがねぇ…。
このパズルのテーマ「結」にぴったりです。

解法・ヒント
あまりひねりやコツはなく、地道にはまるところを見つけていく感じ。
ただ、2本を組んでから3本目をはめる、では解けませんよ。
なお、はめるためにやってるのに、いざはまった瞬間は「あれ?なんで?」という感じで、ちょっとびっくりします(^-^;)。
それだけきれいにはまるんですよね。不思議。

関連サイト
CAST COASTER (ハナヤマ)
オフィシャルサイトの商品情報です。

知的立体パズルゲーム キャストコースター (amazon 1,029円)
amazonの販売ページです。

キャストパズル【知恵の輪】(遊びDS)

キャストパズルシリーズ、1個693円です。
楽天の中でもかなり安いほう。まとめ買いならamazonより安いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 6日 (火)

ハナヤマ「CAST COASTER(キャスト コースター)」

キャストパズル キャストコースター CAST COASTER

前回の記事からだいぶ経ってしまいました。
なぜかというと、予定通り届いたのですがまだ解けてないから(^-^;)。
というわけで、とりあえず今回は商品の紹介だけ書きますね。

「キャストコースター」について
購入時に完成形になっていて、それを一旦ばらしてから元の形に組み上げるというタイプのパズルです。
キャストパズルの中では「キャストリング」などが同じタイプですね。

ばらしてみた
実は完成系からばらすのに一苦労。
3本のパーツがかっちりとはまるようにできていて、完成系のまま無造作に持ち運んでもばらばらにならないようにできているので、逆にはずすのに苦労してしまいました。
ちなみにばらしても3本の輪がつながった形になっているので、「1本無くした~」というような事態にはなりません。よくできてる。

解けてない
先頭にも書きましたが、実はまだ解けてません。
なので、カッコ悪い状態で机の上に転がってます。
早く元に戻してやりたいのですが、この手のパズルは経験がなく、とっかかりがつかめていない感じ。僕にとってはチェーンなみに苦労しそうな予感です。

いやー、思わぬ伏兵登場です(^-^;)。
解けたらまた追記します。

関連サイト
キャストパズル コースター (Cast Puzzle COASTER) (速攻感想) (感想記さん)
あ、「の」の字さんも同じこと書いてた…。
ちなみにいつのまにかテンプレートが変わってて、別のサイトに行ってしまったのかと思いました(^-^;)。

キャストパズル (おもちゃの大成堂)
キャストパズル、全品税込700円です。
CAST CHAIN CAST SPIRAL CAST DEVIL CAST VIOLONCAST DUET

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年11月 4日 (日)

森永「ダースプレミアムトリュフ<とろけるミルク>」はやめられない口どけ

DARS プレミアム トリュフ

森永ダースの期間限定チョコレート、「DARS Premium Truffe (プレミアムトリュフ)」がコンビニにあったので衝動買い。
これ、やめられないです。うわーおいしい。

商品情報
森永の定番チョコレート「ダース」の冬季限定バージョンです。
定番のダースはは一口サイズのチョコですが、これは中に生チョコが詰まった特別版。
見た目はちょうどMary'sなどのチョコを小さくしたような感じで、円柱を縦半分にしたような形になってます。かまぼこというか細長いドーム状というか、そんなところ。

さて味は?
「トリュフ」というだけあって全体がやわらかく、普通のチョコとは一線を画す感じ。
一口食べると中からふわっとヘーゼルナッツの香りがします。
ただナッツの味はキツくはなくて、溶けたあとにすっと引いていく感じです。

ミルクも効いていて濃厚なわりに後味が軽いので、ついもう1つ食べちゃいますね。
おそらく簡単に一箱いけちゃうので、チョコ好きな方は自制心が大事かもしれません(^-^;)。

購入場所・価格など
近くのコンビニで確か158円だったかと。
価格もプレミアムですが、価値はあるかな。

関連サイト
森永チョコレート ダース (森永)
オフィシャルサイトです。

ダース プレミアムトリュフ とろけるミルク とろけるビター (森永製菓) (椿日記さん)
うん、ナッツ抜きで普通のミルクチョコにしてもおいしそうですね。

ダース プレミアム トリュフ<とろけるミルク> 森永製菓 (SWEETS JUNKYさん)
写真がきれいですねー。もう1箱買ってこようかな(^-^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

大きなプレゼン準備における11個のTips

プロジェクタ

先日、「100名弱の規模のプレゼン会場を準備する」というお仕事をすることになりました。さすがにそのくらいの規模になると失敗できないので、結構念入りに準備。
というわけで、そのときに気付いた点などを含めてプレゼン準備におけるTipsをご紹介します。
もちろん自分がお客様先でプレゼンする場合にも役立つと思いますよ。
# プレゼンそのもののTipsではないので、念のため(^-^;)。

PCが持ち込みできる場合
プレゼン用のPCが持ち込みできるかどうかによって、準備が異なります。
当然持ち込み可のほうが実機で動作を確認してから持っていけるので、安心度が高いですね。
その場合は下記のようなことをやっておくと安心です。

■プレゼン実施専用のユーザーを作る
こちらのPCを持ち込んでプレゼンする場合、普段デスクトップにおいてあるアイコンや常駐ソフトなどが見えるとまずい場合がありますよね。なので、プレゼン専用のユーザーを作ってしまうのがいいです。
デスクトップは最低限のアイコンしかおかず、プレゼンのファイルをそのままデスクトップにおいておけば手間取る心配なし。
なお、壁紙も無地かシンプルなものに。
普段「人にはちょっと見せたくない」壁紙を使ってる場合でも安心です(^-^;)。

■解像度はあらかじめ1024x768で
最近のノートPCはワイド液晶のものが多く、1280x768 や 1280x800 なんてのもあると思います。
が、相手先のプロジェクタは普通XGAですよね。なので、PC側の解像度をあらかじめ相手側にあわせておけば、「横が寸詰まりに見える」なんて状態を避けられます。
念には念を入れるなら、これもやっておくと安心。

■マウス/アダプタを忘れずに
なくてもいい場合も多いですが、重要なプレゼンならあると安心。
また、電源が借りられるかどうかも一応先方に確認を。

■CD/USBメモリでもプレゼンデータを持参
万一PCが壊れてしまった場合に先方のPCを借りられる可能性があります。
ただしセキュリティの関係で持ち込めない場合もあるので注意。

PCが持ち込みできない場合
この場合、会場や先方にいくつかの情報を確認しておくといいです。

■データの持ち込み方法
USBメモリでいいのか、CDなのか、事前にメールなのか。
USBメモリは大容量で小さく便利ですが、セキュリティ上つながせてくれないところもあるはず。

■ソフトウェア(PowerPoint)のバージョン
バージョンが双方で違うと意図通りに見えないことがあります。
特にプレゼン作成者のバージョンのほうが新しい場合。
事前に相手側のバージョンを確認しておき、その形式で保存してあれば安心です。

共通事項
PCの持ち込み可、不可にかかわらず気にしておいたほうがいい項目です。

■会場の広さ
会場の広さは大事です。あまり広いと小さな字は見えませんし、声も通りません。
まぁそもそもプレゼンで小さい字はやめたほうがいいですよね。
28~36ptくらいのでかい文字、多くても1枚あたり数行でまとめたほうがいいと思いますよ。

■演台の位置、高さ
大きなプレゼンだとたいてい演台が用意されてますが、ステージのどのへんに置いてくれるのか、そこにPCを持って上がれるのかなどを確認できるといいです。
特に自分ではなくお偉いさんが話すような場合は、事前に高さをあわせておくなどすると安心。

■ネットワーク
プレゼン途中でWEB画面を見せたいときなども、できる限りスクリーンショットをとってローカルに持っておいたほうがいいです。が、どうしてもネットワークをつなぐ必要があるなら、通信カードを使うしかないです。
可能なら会場の人に「電波が入らないキャリアがあるか」を聞いておきましょう。
WILLCOMのAir-EDGEならまぁ安心感は高いですが、ビルの内部に入ると辛いことも多いですし。

■ライティング
手元が真っ暗だったりすると原稿が読めなくてあせったりするので、事前に会場写真などでチェックできるといいです。
まぁ最近のプロジェクタは高輝度なものが増えたので、真っ暗な会場で青バックのプレゼン(実は見づらいんですよね~)は少なくなりましたが。

■下見は大事
最後になりましたが、可能ならできる限り会場を下見しましょう。
実際に機器を動作させてちゃんと動作することを確認できれば、当日はかなり安心して臨めます。
また、これまで挙げてきた項目のほかに実際の音響状態なども確認できますので、しゃべり始めたらいきなりハウリングしたなどのハプニングを避けることもできますね。

まとめ
ここに挙げた項目を全部確認する必要はないかもしれません。
が、いざというときにはこのくらい事前準備をしておけば前日安心して寝られますね。
…自分の体調、これが一番大事な準備項目かも。

関連サイト
プレゼンハック ~プレゼン改善のための10個の小技~ (IDEA*IDEA)
こっちはプレゼンそのものの各種Tipsです。
非常に参考になりますよ。

イケてるツールとアプリでプレゼンをキメる (ITmedia Biz.ID)
こちらは主にツール側からのアプローチ。
見慣れたPowerPointだけのプレゼンにちょっと目新しさが加わりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »