« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

紅白、見てます。

いやー、演歌っていいね。
…って、年とった証拠?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月28日 (金)

あわただしい仕事納め

busy

一応、うちの会社も本日が仕事納めです。
毎年のことながら年末進行でばたばた。ジェットコースター状態。
結局来年にいくつか積み残すことになりそう。

休み明けに向けて…
ちょっと前、ITmediaに休みの前に“休み明けリスト”を作ろうという記事が載りました。
来年は1/4が金曜日で間違いなく出社することになるので、こういったリストがないと「休みボケを戻す」だけで1日が終わってしまいそう。
とにかく年明けから(今と同じような)トップスピードで仕事するためには、こういったリストは大事かな、と思います。
まぁ本来は「そんなの年内に片付けておけよ」ということなんでしょうが。

というわけで
今年の更新はもう1~2回あるかもしれませんが、とりあえずご挨拶。
来年もいろんなモノのレビューを載せていきますので、よろしくお願いします。

関連サイト
休みの前に“休み明けリスト”を作ろう (ITmedia Biz.ID)
本文中で紹介したITmediaの記事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月25日 (火)

about me(アバウトミー)、はじめました。

about me アバウトミー

きっかけは「なんとなく」
@niftyが提供するTwitter系のサービス、「about me」に登録してみました。
このBlogの右側、プロフィール欄からリンクしてます。(ペンギンのアイコン)
結構はまるかも。これ。

about meとは
うーん、簡単に言うと「Twitter系サービス」なんですが、一言では説明しにくいですね。
主なコンテンツは「一言を書く」と「質問を作る・質問に答える」の2つ。

一言はほんとに一言で、「これから学校」とか「腹減った」などと書く感じ。するとたまーにその一言に対して他の方からも一言コメントがついたりします。
「質問」は、他の方が作った簡単な質問(ミニアンケートのような感じ?)に答えていくと、回答がその場で円グラフになって見られるほか、これもまたその設問の作成者から一言コンタクトがあったり、コメントが伸びていったりします。

短い言葉でのコミュニケーションサービス、とでも言うのかな。
なんかいい言葉が見つからないです。

魅力
前述のとおりこちらのコメントに対していろんな人から一言をいただけたりするんですが、別にそこから会話してもしなくてもいい、というゆるいつながりが気持ちいいんだと思います。

mixiほどの(時には面倒な)つながりではなく、その場限りでもOKという距離感。
というわけで気付けば数百問、質問に答えてしまいました。
SNSでもBlogでもない、微妙な感覚ですね。

さまざまなサイトのIDでログインできてしまうので、niftyのIDがなくてもサービス利用できちゃいます。
抜けるにも抵抗なさそうですし、味見してみる価値はあるかも。

関連サイト
アバウトミー - 自分発見プロフィール|プロフ
about meのトップページです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月22日 (土)

スワロフスキーつきの「あれ」

スワロフスキー鉛筆icon
(クリックで詳細ページへ)

デコ「??」
最近デコケータイとかデコiPodなどをよく見かけるようになったので、僕のようにファッション無頓着な人でも「スワロフスキー」って言葉はよく知ってます。
PCなんかもスワロフスキーモデルなんてのがあったりしますよね。

で、そのスワロフスキークリスタルがついたこれ、何だと思います?
答えは鉛筆。さしづめ「デコ鉛筆」といったところ。
正直「デコxx」にはちょっと引いていたんですが、これはカッコいいかも。

この鉛筆について
オーストリアの高級家具・リビングアクセサリーメーカー「PIFFL INTERIEUR」社の、装飾にスワロフスキークリスタルを使用した鉛筆だそうです。
すべてハンドメイド(手作り)。鉛筆はHBで、軸の部分もすべてブラック。
ディスプレイ用のケースも付属しています。
こりゃ削ってしまうのがもったいないですね。

僕にはさすがに似合わないと思いますが、デコものが好きな方、いかがですか?
あ、お子様には注意。
ごりごり削られた日にゃ泣くに泣けないかも(^-^;)。

関連サイト
PIFFL INTERIEUR「PIFFL PENCILS(スワロフスキー付鉛筆)」30本+ディスプレイicon
iconicon
日本での販売サイトです。

スワロフスキー・クリスタル 日本
スワロフスキーの日本語版サイトです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月17日 (月)

無印良品のルービックキューブが欲しい

無印良品のルービックキューブ

モノトーンだ!
先日ふらっと無印良品に出かけたとき、目に止まってしまいました。
無印良品版のルービックキューブです。

6色すべてがグレーで、微妙なグラデーションになっています。
全体がモノトーンなので、普通のルービックキューブよりシックで、揃っていなくてもカッコよく飾っておけそう。
普通のキューブを1個買ったばかりなんですが、これも欲しいなぁ…。

遊ぶのは大変?
先日の記事のとおりようやく6面揃えられるようになったので、大人げもなく店先でチャレンジしてみました。


うわ、難しい!


ぱっと見で色の判別がつきにくいんですよね。
なので、そろえたつもりになってその先の手順に行くと「実は揃ってなかった」ってことになりがち。最後にはなんとか6面そろえられたものの、通常のキューブよりだいぶ時間がかかってしまいました。
色弱ではないはずなのですが…。

というわけで
結論としては「無理に6面そろえなくてもいい」というところを狙った商品だと思います。
普通のキューブは6面そろえることだけが目的ですが、これは適当に色を散らして飾っておくだけでもサマになりますし。
うーん、やっぱり欲しくなってきた。

関連サイト
ルービックキューブ5.7×5.7×5.7cm (無印良品ネットストア)
今回の商品です。
ちなみに、微妙に茶色がかった「無印カラー」のキューブもありますよ。

【無印良品】ルービック・キューブ (物欲道)
盛り上がってますね~。

「モノクロルービックキューブ」:懐かしアイテムがシックに再登場 (ギズモード・ジャパン)

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2007年12月10日 (月)

コーヒーの穴が苦手

コーヒー

ふたの穴
ここ何年か「ふたをとらずに飲めるタイプのコーヒー」が増えてきました。
カップのふたに小さい穴があいていて、そこから飲むというあれです。
紙カップ以外でも、タンブラーなどがこういった形になってきてますよね。
火付け役はスターバックスかな?

実は苦手
と言いながらも、実は僕、このタイプのカップが苦手です。
確かに冷めにくいのは認めるのですが、飲みづらくありません?
中身のコーヒーが熱いときには小さい穴から熱湯が出てくるようですぐやけどするし、のみ頃になったときには逆にちょっとずつしか出てこなくていらいらする、という感じ。
結局いつもふたをはずして飲んでしまいます。

あのフタのままかっこよく飲んでる人もおされーなカフェとかには多いのですが、僕はいまいちコツ(?)をつかめてません。

というわけで、あのフタやタンブラーでカッコよく飲むワザをお持ちのかた、コツを教えていただけませんか?
# 今日もこの写真撮った後、フタをはずしてしまいました。

関連サイト
おらがコーヒータンブラーのはなし(Setsuna Sketch)
そうそう、この中にでてくる「ふたを外して飲む人」がまさに僕です。
何度やっても「鶴太郎のおでんギャグ」になっちゃうので、もう諦めました。

ボダム(bodum) コーヒーメーカー ミニトラベルプレス (まんまる堂)

外でもおいしいコーヒーを飲みたい、という方に。
適量のコーヒー豆を入れて、お湯を注いでプレスをかけて約4分待てば、そのままマグのように飲めるそう。
あらかじめ粉を入れておけばあとはお湯だけでOK、という便利グッズです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 6日 (木)

ヤマヨシ「大人向けわさビーフ」食べてみた

ヤマヨシ「大人向けわさビーフ」

「大人向けわさビーフ」を近くのローソンで見かけたので衝動買い。
もともとわさビーフが好きなんですが、「辛さ5倍」の実力やいかに。

開けてみた
一般のわさビーフはパリパリした普通のポテトチップですが、「大人向け」は厚切り。ちょうどカルビーのピザポテトのようにぎざぎざしています。

そんなにわさびの香りはせず、見た目も普通のポテトチップス。
まぁ大したことないかな、と思って食べてみました。

食べてみた
というわけで、早速一枚。


つ─────(T-T)─────ん!


おお、こりゃちゃんとわさびだ。目鼻がつらい。
辛いよりも鼻に抜ける感じのほうが強烈です。「5倍」はダテじゃない感じ。
おそらくわさびの香料が結構入っているのでは。

ただ、鼻が治まればあとはたいしたことなくておいしいです。
逆に甘みがあるくらい。こりゃいい。

以前の記事でご紹介したGABANのポテトチップスは食べた後もしばらくひりひりしてましたが、これはすっと引いていきますね。このあたりも再現度が高いんじゃないかな。

結局、ビールのみのみあっと言う間に食べてしまいました。
なお内容量は50gで、普通のポテトに比べちょい少なめです。

まとめ
わさびが強烈なので、子供は食べちゃダメ。
逆に「自分のために買ってきたお菓子が全部子供に食べられちゃう」なんてパパママにはオススメ、かも(^-^;)。

関連サイト
山芳製菓 (山芳製菓)
オフィシャルサイト内の新商品情報です。
いかん、他のも食べたくなってきた。

GABAN「あらびきブラックペパーストロングタイプ」は辛かった (ガジェットWatch)
以前書いたGABANチップスの記事です。

わさび好きにとてもお勧め! 辛さ5倍「大人向け わさビーフ」 (GIGAZINE)
早速GIGAZINE様でも取り上げられてますね。

わさビーフ (ワサビーフ) (関心空間)
ちょっと薄いところがうまいんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火)

レザーマン squirt P4 (スクォートP4) 購入

Leatherman squirt P4 (レザーマン スクォートP4)

以前の記事で書いたVictorinoxがだいぶ傷んできてしまったので、キーホルダー代わりのツールナイフを買いました。
同じVictorinoxのシリーズでも良かったのですが、やはりそれじゃ芸がないだろうということで、前から欲しかったLeatherman(レザーマン)に。
写真もいろいろ撮ってみたので、参考になれば。


squirt P4とは
プライヤー(ペンチ)が内蔵されたツールナイフの最大手「Leatherman(レザーマン)」の商品中、最も小型のシリーズ。「スクォートP4」と読みます。

たたんだときの長さは57mm。Victorinoxの小さいほうのシリーズ(クラシックとかマネージャーとか)が58mmなので、ちょうど同じくらいの大きさですね。
重量は56gなので、キーホルダーとしても十分持ち歩けます。
一般的なキーホルダーと比べるとさすがにちょっと重めですが、腰にぶら下げても気になるほどじゃないですよ。


たたんだ状態
Leatherman squirt P4 (レザーマン スクォートP4)

これがたたんだ状態。非常にコンパクトに収まります。
どのツールもちゃんと収納されます。遊びも少なく、ツール類が飛び出すことはないので安心。


プライヤー使用時
Leatherman squirt P4 (レザーマン スクォートP4) プライヤー

ハンドルを開くと、思ったよりちゃんとしたプライヤーが出てきます。開くと適度にばねが効き、先端が開いた状態になるのが秀逸。それでいてしまうときはかっちり閉まるんですよね。不思議。
ガジェット好きな方なら分かると思いますが、意味もなく開け閉めしてしまいます。


ナイフ使用時
Leatherman squirt P4 (レザーマン スクォートP4) ナイフ

ナイフはハンドルを閉じた状態で使います。
Victorinoxよりは太めのブレードなので、多少ハードに使っても大丈夫かな。
ちなみにVictorinoxと違い、squirt P4のナイフは片刃です。
買ったばかりの状態でも非常に食い込みがよく、よく切れます。


Victorinoxとの比較
Leatherman squirt P4 (レザーマン スクォートP4) 比較

僕が持っているVictorinoxとの比較です。
大きさが比較しやすいように単三乾電池と一緒に撮影しました。
一番上が今回のsquirt、真ん中がこれまで使っていたVictorinoxのマネージャースケルトン、一番下が一般的なVictorinoxのスタンダードスパルタン(90mm)です。

確かにsquirtは小さいのですが、この手のツールは常に持ち歩いてナンボのもの。日常生活で役立つことも多いので、ぜひ市民権が得られるといいなぁ、と思います。


購入場所・価格など
Yahoo!オークション送料込み3,700円。
定価は6,825円なので、結構安かったかも。


関連サイト
Leatherman JAPAN (LEATHERMAN)
オフィシャルの商品情報ページです。

Victorinox ナイフ「マネージャースケルトン」 (ガジェットWatch)
本BlogでVictorinoxを紹介したときの記事です。

spuirt P4 (スクォート ピーフォー) (関心空間)
キーホルダーとしてお使いの方ですね。

【歳末売り尽くしセール】LEATHERMAN(レザーマン) Squirt(スクォート)P4 グレー (ナチュラム 3,400円)

楽天で安心して買うならやっぱりここかな。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »