« シチズン ALTERNA(オルタナ) 写真撮りました | トップページ | グリコおつまみスナック「CRATZ(クラッツ)」にはまってます »

2008年7月22日 (火)

蚊取り線香市場はまだ安泰?

蚊取り線香

週末、子供の保育園関連の4家族でバーベキューに行ってきました。
子供は川ではしゃぎ、大人は昼からビール飲んでまったり。
あとから二日酔いがひどかったですが(^-^;)、いい時間でした。

で、今回もモノBlogらしくバーベキューのときに活躍した蚊取り線香に注目。
リキッド式とか電池式のやつに押されてるんじゃないかな~と思って調べてみました。


蚊取り線香市場は拡大傾向?
「ベープ」シリーズで有名なフマキラーが出した2006年度決算報告(PDF)の中に、面白いデータがありました。
上記PDFの6ページ目を見ると、蚊取り線香市場は日本全体で90億円規模、そして面白いことに前年から伸びてるんですね。リキッド式の蚊取り器は市場規模は大きいですが前年割れということなので、蚊取り線香のしぶとさが光ります。

また、殺虫剤市場全体で見ても蚊取り線香は10%を占めているらしく、根強い人気があることが分かります。ちなみにマット式はすでに4%を切っているようで、そろそろ他のものに淘汰されつつあると言えそう。

蚊取り線香、「火さえあればどこでも使える」という利便性のほか、効き目より雰囲気重視で選んでいる人も多いんじゃないでしょうか。確かに、暗いところにぼんやり光る線香の光は癒し効果もありそうです。


コストは?
家電Watchのコラム:夏本番! 蚊取りグッズ特集という記事を参考にすると、リキッド式が圧倒的に安いみたいですね。
リキッドの価格を使用時間で割った「1時間あたりのランニングコスト」で比べると、1時間あたり1円以下のものもあるようです。

さて蚊取り線香はどうかというと、単価の安そうな50巻入りで1,300円程度。
1本あたり7時間燃えるそうなので、計算すると
1,300 ÷ ( 7 × 50 ) = 3.7円/時。
うーん、コストだけ考えると3倍から4倍くらいになるんですね~。
まぁリキッド式は何年かに1度は機器の買い替えが必要でしょうし、先ほどの「癒し効果」などもひっくるめると単純比較はできないと思いますが。


まとめ
蚊取り線香、個人的には日本の風物詩として残ってほしいですね。
今はアジア市場なども好調らしいので、今後は「安価で強い実用性重視のもの」と「香りなどの付加価値をつけた高級志向のもの」に二分されていくのかも、と思います。
温暖化で蚊を媒介とする病気も増える可能性がありますし、それこそ電気などが安定しない新興国では実用性重視の蚊取り線香はまだ必需品なのではないでしょうか。


関連サイト
フマキラー 2006年度決算報告 (フマキラー:PDF)
フマキラーの推定ではありますが、市場規模なども分かります。
結構面白いデータだと思います。

コラム:夏本番! 蚊取りグッズ特集 (家電Watch)
「リキッド式」と「ファン式」の2つを徹底比較しています。
これから買う方はものすごく参考になるのでは。

蚊取り線香金鳥の渦巻 50巻 (かつはら DRUG STORE)
おなじみの蚊取り線香、50巻です。
ベランダなどに置くと「夏だな~」って感じがしますね。

アロマ蚊取り線香 氷いちご (ケンコーコム)
燃焼時間2時間のかわいい蚊取り線香。
「氷いちご」のほかにもさまざまな香りがあるようです。
ここまで来るとりっぱにお香として楽しめる感じですかね~。

|

« シチズン ALTERNA(オルタナ) 写真撮りました | トップページ | グリコおつまみスナック「CRATZ(クラッツ)」にはまってます »

もの>ちょっとしたもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153129/41935383

この記事へのトラックバック一覧です: 蚊取り線香市場はまだ安泰?:

» 天然除虫菊 金鳥の渦巻 [きりしま屋]
夏は蚊の季節ですね。 一戸建てですと、当然どこからか蚊が侵入してきて、あの「プ... [続きを読む]

受信: 2012年7月26日 (木) 01:08

« シチズン ALTERNA(オルタナ) 写真撮りました | トップページ | グリコおつまみスナック「CRATZ(クラッツ)」にはまってます »