« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月29日 (日)

やさしいエビス?「サッポロ シルクエビス」飲みました

サッポロ シルクエビス

サッポロの白いエビス、「シルクエビス」。
CMでずっと気になってたのですが、やっと機会ができたので試飲してみました。


おお、エビスだ
一口飲んだ感想は「お、ちゃんとエビスだ」です。
全体的に優しくてさらっとしているのですが、それでも味わいが濃くて主張があるという感じ。うまいですね~。

同じ麦芽100%のビールには他にもいろいろありますが、これはしっかりとエビスビールの味がして、期待を裏切らないおいしさです。
女性向けにもぴったりなんじゃないかな。


余談:新一番搾り、再チャレンジ
以前の記事でかなり悪く書いてしまいましたが、もう一度飲んでみたらそこまでひどくはないかな~という感想を持ちました。
ただ、以前の一番搾りから見るとやっぱり若干「薄い」感じはしますね。
夏場とかにはいいかもしれません。


関連サイト
YEBISU/シルクヱビス (サッポロビール)
製品のオフィシャルサイトです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月)

PCデポでCRTを100円買取してもらいました(リサイクルがちょっと心配)

三菱 RDF171H

液晶ディスプレイを買ったので、これまで10年近くお世話になってきたCRTディスプレイが不要になりました。
通常なら実費を支払ってリサイクルに出すものなのですが、なんと近くのPCデポで引き取ってもらえることがわかり、早速行ってきましたのでご紹介します。


本来の流れ
2003年のPCリサイクル法の施行以降、PCおよびディスプレイは各メーカーが引き取り、リサイクルを行うことが義務付けられました。

リサイクル(引き取り)の料金は税込3,150円~4,200円ですが、2003年以降発売された機器にはあらかじめこのリサイクル料金が上乗せされていて、その証拠として機器に「PCリサイクルマーク」が添付されています。
消費者側から見ると、「このマークがついてるんだからタダで引き取れ」っていえる、印籠のようなもんですね。

が、僕のディスプレイは当然リサイクル法施行前の商品なので、実費を負担してリサイクルしてもらうしかありません。
三菱の場合は、6社が共同で運営する情報機器リサイクルセンターというところに申込を行うことになっていて、CRTのリサイクル料は4,200円とのことでした。


PCデポで引き取ってもらえる?
前置きが長くなりましたがここからが本題。
やはり4,200円は結構な出費なので、なんとか買取・引取りしてもらえるところはないかと思っていたのですが、さすがにハードオフやソフマップなどの中古ショップではもうCRTの買取は行っていないようです。
今更重たいCRTを買い取っても、場所ばかりとって邪魔なだけでしょうしね。

が、あなぐまさんのBlog「CRT廃棄大作戦?」によると、PCデポならなんと100円で引き取ってくれるとのこと。半信半疑で近くのPCデポに電話してみたら「壊れててもいいですよ」とのことだったので、急いで車に積み込み出かけてみました。


ホントに100円になった!
買取は修理などと同じコーナーで受付をしてました。なので、受付を行い待機。
しばらくすると番号が呼ばれ、さらにいくつか手続きを。
(身分証の提示を求められました。)

でも手続きはそうかからずに終わり、現品の動作確認もしないまま返金用のレシートを渡されました。で、レジに行ってレシートを見せ、100円を頂いて終了。おお、ホントに100円になった~。
実質4,300円浮いてしまいあまりに申し訳なかったので、使うあてもない特価のUSBカメラを買って帰ってきてしまいました。まぁそれも数百円だったのですが(^-^;)。


ちゃんとリサイクルされるのかな~
というわけで無事引き取られたわけですが、逆に無条件で引き取ってしまってちゃんとリユース・リサイクルされるかどうかがちょっと心配です。ニュースとかでよく問題になるように、アジアのどこかの国で野焼きされるようなことになったら、逆に心が痛みますね。
PCデポのWEBサイト内には商品のリサイクルや環境関連のページがないようなので、もしちゃんとやっているのであればぜひアピールしてほしいな、と思った次第です。


関連サイト
パソコン専門店PCDEPOT WEB本店
PCデポのオフィシャルショッピングサイトです。

PC3R : 有限責任中間法人 パソコン3R推進センター
各メーカーが共同して設立した「3R」推進のための団体です。
ここから各メーカーのリサイクル窓口へリンクできます。

情報機器リサイクルセンター
三菱、NECなどの6社が共同で運用するリサイクルセンターです。
自前でリサイクルの設備や仕組みを持つと大変なので、共同出資で1つ会社を作った、って感じでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

Googleの「画像サイズ(ピクセル数)を指定して検索」がものすごく便利

グレーのシンプルな壁紙
(クリックで壁紙配布元サイトへ)

先日の記事のとおり、家のディスプレイをワイド液晶に替えました。
画面のサイズが変わったので壁紙も変更しようと思いGoogleで探していたのですが、どこかの記事で「イメージサイズ指定が可能」というのが書かれていたのを思い出して使ってみました。
うわ、これすごく便利です。


やりかた
Googleのイメージ検索で、「imagesize:1680x1050」などの検索ワードを追加するだけです。具体的にはこんな感じになりますね。

グレーのシンプルな壁紙
(クリックで実際の検索結果にリンクします)

これで「simple gray」に関係する、1,680x1,050ドットの画像が検索されます。
壁紙を検索するときとか、ものすごく便利です。
ぜひお試しを。


余談
僕、壁紙はだいたいグレーとかアイボリーとかのシンプルなものにしています。真っ白や真っ黒だと目に優しくないし、アニメや風景などは目障りな感じがしますし。
というわけで今の壁紙は冒頭のようなものになってます。
あ、もちろん壁紙の好みは人それぞれだと思いますので、ぜひお好みのキーワードで探してみてください。


関連サイト
Google 画像検索 (Google)
紹介するまでもないですが、やはり量・質ともに圧倒的ですね。

Googleの画像検索オプション「imagesize:」がちょこっと便利 - IDEA*IDEA ~ 百式管理人のライフハックブログ ~
そうそう、このテクニックはここで知りました。
いや、ほんとに便利ですよ。これ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水)

きたきた!iiyama 20インチワイド液晶「ProLite E2002WS-B (PLE2002WS-B1)」

iiyama 20インチワイド液晶ディスプレイ  アスペクト比固定拡大機能搭載 ブラック PLE2002WS-B1

先日の記事で予告しておいた液晶ディスプレイが届きました。
ようやく昨日セッティングができたので、インプレッションなどをざざっと。


軽い!
まずは箱から出すときにプチ感動。軽いです。
これまで使っていたのは三菱の17型CRT「RDF171H」ってやつで、重さは17.8kg。下手に持つと腰を悪くしそうな重さですよね。

が、今回のはたった4.5kg。
設置もらくらくですし、置いた後の微調整も簡単です。

梱包箱もかなり小さく、上部に「とって」があるような形になっているので、片手で問題なく運べました。
運送業界も楽になったね~なんて、どうでもいいところで感心してました。


まぶしい!
というわけで早速DVIで接続して起動。
ウチのマシン(WindowsXP)でも問題なく認識され、1680x1050ドット表示で起動しました。よしよし。

で、まず真っ先に感じたのは「まぶしい」ってこと。
もともと明るすぎるディスプレイが嫌いなのに加え、これまでのディスプレイはいい感じに経年劣化していたので、いきなり大画面でこうこうと光るディスプレイを目の前にすると相当まぶしいです。

というわけでブライトネスなどをちまちま調整。まだ結構明るい感じはしますが、「まぁこれなら慣れるだろうな」ってとこまで落としました。


広い!
今までも横1280ドットで使っていたので、そこまで感動はないかな、と思ってたのですが、やはり1680ドットは広いです。このBlogは割合横幅が狭いテンプレートを使ってるので、横に2つ並べても横スクロールなく見られるくらい。
いやー、いい時代になりましたね。

そうそう、当たり前なのですが、ディスプレイの枠ぎりぎりまで情報が表示されることが新鮮でした。CRTだとどうしても外側に「黒い枠」ができちゃうんですよね。
(設定で表示を広げるとはみ出しちゃったりして。)
こういった部分もより「広い」と感じる部分なのかもしれません。


青い!
会社などのディスプレイとできるだけ色を合わせたかったので、sRGBモードに設定してみたのですが、それでも明らかに表示が青いです。
会社マシンと家のマシンで同じ壁紙を使ってるのですが、会社では「生成り」っぽい色になってるのに、このディスプレイで見ると「青っぽいグレー」に見える感じ。(そもそもsRGBに絶対はないので、ウチのマシンのほうが正しい色味なのかもしれませんが…)

結局sRGBはあきらめて、今までの見た目に近くなるよう手動で調整しました。
まだフォトレタッチとか印刷とかをしてないので、色についてはこれからもう少し調整の余地がありそうです。


まとめ
色身の部分はまだ調整が必要ですが、相当お買い得な商品だったと思います。
「液晶やメモリは今年が底値」という話も聞きますし、僕のように物持ちがいい人もそろそろ液晶を考えたほうがいいかもしれませんよ(^-^;)。


関連サイト

iiyama 20インチワイド液晶ディスプレイ  アスペクト比固定拡大機能搭載 ブラック PLE2002WS-B1
マウスコンピューター (2008-09-03)
売り上げランキング: 187
おすすめ度の平均: 5.0
5 便利です。この安さ、驚きです。

iiyama ProLite PLE2002WS
商品のオフィシャルサイトです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月15日 (日)

激安液晶ディスプレイを注文しました(iiyama 20インチワイド液晶「ProLite PLE2002WS-B1」)

iiyama 20インチワイド液晶ディスプレイ  アスペクト比固定拡大機能搭載 ブラック PLE2002WS-B1

先日今後の液晶対応のためグラフィックボードを入手した件について書きましたが、そのカードが無事に接続でき動くことがわかったので、いろいろ迷った末にamazonで20インチの液晶ディスプレイを注文しました。
明日あたり届く予定。楽しみです。


購入した商品
注文したのは、iiyamaの20インチワイドディスプレイ「PLE2002WS-B1」。何といってもその価格が決め手になりましたが、その他に背中を押してくれたのはこんなところ。

■解像度
20インチワイドで、WSXGA+(1680×1050)の解像度が出るので。
今使っているのはもう10年になろうとする17インチCRTなのですが、1280×1024ドットで不自由なく使えています。なので、それより狭くなってしまうのは嫌だったんですよ。
1440×900ドットのディスプレイはもっと安いものもあったのですが、今更縦1000ドットを切るようなディスプレイには戻れないだろうな~と思い、一回り大きなものにしました。

■20インチを超えるとでかすぎる
パソコンデスクがこれまた古く、横幅が狭いやつなので、最近はやりの22インチ~24インチはとてもおける気がしないのです。部屋も大きくないですしね。
とはいえ今回注文したものも、現在のPCと横に並べては置けない模様。
レイアウトを考えないといけないなぁ。

■スピーカ付き
まぁおまけ程度の音しか出ないかもしれませんが、それでもあったほうがいいですよね。

■価格
このスペックで14,800円という破格といってもいい価格。
しかもamazonギフト券を2,000円分程度持っていたので、実質13,000円程度でした。
いやー、安くなりましたね。びっくりです。


実はビデオカード再検討中
先日譲ってもらったFeForce FX 5900 Ultra搭載のカード、全く問題なく動作してるのですが、妻からも子供からも評判が悪いです。

理由は単純、「うるさいから」。
確かにこれまではオンボードビデオだったので、ファンなんてものはついてなかったんですよね。でもこのボードは当時のハイエンドのものなので、当然かなり大きなファンが回ってます。この騒音が結構気になるみたいなんですよね。

というわけで多少チップのスペックは落ちてもファンレスのものをオークションなどで物色中です。うまく目的のものが入手できたらあのボードは返さなきゃ…。うむむ。


こうご期待
というわけでディスプレイが届いたらまたレビューします。
いやー、広くなるぞ~。楽しみ。


関連サイト

iiyama 20インチワイド液晶ディスプレイ  アスペクト比固定拡大機能搭載 ブラック PLE2002WS-B1
マウスコンピューター (2008-09-03)
売り上げランキング: 187
おすすめ度の平均: 5.0
5 便利です。この安さ、驚きです。

この記事を書いている時点で税込14,800円。
1680×1050ドット表示で、アナログ+デジタル両対応なのにこの価格ですよ。
ほんとに安くなりましたね。

iiyama ProLite PLE2002WS
商品のオフィシャルサイトです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

この香りはいいかも!サントリー「モルツ グリーンアロマ」飲みました

サントリー モルツ グリーンアロマ

昨日の麦芽100% 一番搾りに続き、2日連続でビールの記事を。
今日飲んだのはサントリーの「モルツ グリーンアロマ」。
これはなかなか良かったです。


限定商品です
サントリー「モルツ グリーンアロマ」は、つい先日の3月10日にコンビニ限定で発売されたビールです。もちろん「モルツ」の名のとおり、麦芽100%。
公式サイトによれば、「アロマホップによる爽やかな香りと穏やかな苦味」が特長とのこと。期待大ですね~。


香りが!
早速飲んでみると、後味と一緒に確かに独特のいい香りがします。
味も普通のモルツより若干苦味があり、僕好み。
うん、これはうまいかも。

その独特な香りについて文面で説明するのはなかなか厳しいのですが、若草というか少し青臭いというか、そんな感じの香りです。あえて例えるなら「新鮮な野菜」。
ビールには似つかわしくない例えですが、やっぱりそんな感じなんだよね~。


旬のものが合いそうです
タラの芽やふきのとうなどの「春の味覚」と合わせるとすごくよさそう。
残念ながら今日はポテチでしたが、次回は何か買ってこようかな。


関連サイト
モルツ<グリーンアロマ> (サントリー)
オフィシャルの商品情報ページです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木)

まるで別物!キリンビール「麦芽100% 一番搾り」飲みました

麦芽100% 一番搾り

帰り道、ふらっとコンビニに寄ったら、一番搾りの新しいやつがもう置いてありました。自他共に認めるビール好きが買わない理由がない!ということで、さっそく買ってきて飲んでみました。
…おお、なんかもう「別物」って感じです。


薄いかも
ざざっと写真をとって早速一口。


…味、薄くない?これ。


飲み口は非常にスムーズなんだけど、全体的になんか物足りない感じ。
苦味が少なく、炭酸が弱めという感じです。

もうすこし感覚的に言うと、普通のビールが「ごくっ」⇒「ん~くーっ!」って感じの「タメ」が入るのに対し、これは「ごくごく」⇒「ふー」という感じで飲めちゃう、というところ。なんとなく全体的に薄くなってるんじゃないかと思います。


中身は別物っぽい
麦芽100%になったので、当然原材料の変化はあるのですが、アルコール度数も変わってますね。旧一番搾りはアルコール度数 5.5%、今回の麦芽100%一番搾りは5.0%です。
違いはたかが0.5%なのですが、ずっしり感は明らかに以前のもののほうが高いと思いました。


まとめ
最近は「ビール離れ」なんて言葉も聞きますよね。
一番絞りもそういった層を食い止めるためにライトな感じになっちゃったのかな~と思います。

ちなみに基本的に僕はキリン派なのですが、今回の一番搾りについては昔のもののほうが好きですね。とはいえクラシックラガーとザ・ゴールドがあるので、やっぱりキリン派ってのは変わらないのですが(^-^;)。


関連サイト
KIRIN_新・一番搾り
キリンビールのオフィシャル商品情報サイトです。

麦芽100%で何が変わった? キリン一番搾りがリニューアル (日経トレンディネット)
キリンビールのマーケティング担当の方のインタビュー記事です。
「ごくごく飲める」みたいなことが書いてあるので、やっぱり軽くする方向になったみたいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

元町のスタージュエリーに行ってきました(素敵な名刺をいただきました)

スタージュエリー 名刺

先週末、横浜は元町の「スタージュエリー」に行ってきました。
モノはまだ出来上がってないのですが、頂いた名刺が素敵だったのでご紹介です。


スターだ~
スキャナで画像にしちゃったので分かりにくくなってしまっていますが、名刺のところどころに星型の穴があいていて、向こう側が見えるようになっています。
逆光で見ると光が星型に漏れてきて素敵な感じ。

こういった名刺は特注で高いのかなぁ。
ウチの会社でも記憶に残るようなデザインの名刺が選べるといいんだけど。
(当然お堅い名刺が好きな人もいるので、全部は切り替えられないけどね。)

そうそう、名刺頂いて初めて気づいたんですが、元町店の店長さんだったんですね。
いやー、本店の店長さんにご対応いただけるとは恐縮です。


次回予告
そもそも普段全く縁のないところになぜ行ったの?って話はまた今度。
モノを頂いてきたら理由も含めてご紹介しますね。


関連サイト
STAR JEWELRY ONLINE
スタージュエリーのオフィシャルサイトです。
…うーん、見れば見るほど僕には縁のないようなお店です(^-^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

2009年2月の人気記事ベストテン

グラフ

今年ももう2か月終わっちゃいましたね~。
というわけで2月の人気記事ランキング。
上位はだいぶ固定化してきている感じですが、下位はちょっと面白いかも。


第1位
ウィルス対策ソフトAVG Freeのアップデート失敗(解決しました:追記あり)

第2位
エッソの「スピードパス(Speedpass)」作ってみました

第3位
IKEAのウォールシェルフ「KLANG」購入

第4位
ロットリング「トリオペン インプット」買いました

第5位
本革ネックストラップつきIDカードホルダーを使い始めました

第6位
JavaScriptでHTMLを出力するときの小技(ヘッダメニューの続き)

第7位
PerlのNKFモジュール(NKF.pm)のつたない解説

第8位
Wii「スイングゴルフ パンヤ」攻略サイト集まとめ

第9位
エスメロディキーボード用スキンを作ってみた

第10位
USBカップウォーマー「USB Cafe PAD」稼動(PC周辺機器)


ランキングについて
PerlのNKFモジュールの記事は初めてのランクインかも?
僕は本職のプログラマーではないですが、技術屋としてはこういった記事が参照されるのはうれしいですね。苦労して書いた甲斐があります。

あと、トリオペン インプットの記事は割合人気なのですが、残念ながらもう買いづらくなっているみたいです。僕も大事に使わなきゃ。

というわけでもう3月。
僕も花粉症がひどいのですが、同じ境遇の方、もう少しの辛抱ですね。


関連サイト
☆セール特価!(S)☆トリオペン(シルバー)(502 715) ■スタイラス替芯付き■ (ビザビ)
「トリオペン インプット」はもう楽天でも見つからなくなってしまいました。幸いボールペンと入れ替えられるスタイラス(タッチペン)は販売しているので、お持ちのペンを差し替えて使うのはできそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

自宅サーバにも最適?富士通の超コンパクトサーバが特価販売中

iconicon

メールが届いたので富士通直販のWEB MART(法人向けページ)を見ていたら、超コンパクトなPCサーバが特価販売中でした。

このBlogを読んでいただいている方にどれだけサーバを必要としている方がいるかはわかりませんが、自宅サーバなどにもよさそうですし、興味があれば見てみてください。


商品について
モノはPCサーバPRIMERGYシリーズの中の最もコンパクトなモデル、「TX120」のアウトレットです。
スペック・構成は決め打ちのようで、こんな感じ。

OSWindows Server2003 R2 (Standard・5CALつき)
CPUデュアルコア Xeon 3040
メモリ512MB
HDD146GB×2 (RAID1)
SAS (Serial Atattched SCSI)
ドライブCD-ROM
サイズ99mm x 399mm × 340mm


他社の激安サーバと違ってOSやHDDもちゃんと乗っているので、用途が合えばこのまま使えそう。しかもHDDはRAID1(ミラーリング)なので、普通のパソコンや安価なNASよりはずっと信頼性は高いと思います。
本体もかなり小さく普通にパソコンデスクなどに乗ってしまう大きさなので、小さなオフィスや自宅用のサーバとしてどうでしょうか。

メモリがちょっと少ないかなと思いますが、ファイルサーバ等の用途なら全く問題なく動いちゃうんじゃないかな。重たいアプリを動かすわけじゃないですし、OSもXP世代の2003Serverですしね。
ちょっと詳しい人なら、自分でメモリを増設して「高信頼なデスクトップPC」として使うのもありかと思いますよ。


関連サイト
PRIMERGY TX120[アウトレット]icon (WEB MART [法人])
PRIMERGY TX120[アウトレット]商品の販売ページです。
3月19日までらしいので、気になる方はお早めに。

PCサーバ PRIMERGY(プライマジー) コンパクトサーバ TX120 特長 : 富士通
オフィシャルの商品情報ページです。
うわ、僕の使ってるパソコンより小さいんですね~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

GeForce FX 5900 Ultraなグラフィックボード入手しました

ASUS V9550Ultra 256M

最近大画面の液晶ディスプレイがものすごく安くなってきたので、10年近く使ってきたCRTを引退させて液晶に乗り換えようかと検討中です。

が、僕のPCは数年前にかなり安く買ったもので、グラフィックはオンボード。
アナログのみでDVIポートすらないですし、おそらくドライバを更新したとしても最近の高解像度なディスプレイにはまともに表示できなさそうですし…ということで、最近PCを買い換えた後輩から(半ば職権乱用で)グラフィックボードを入手しました。
まだ接続してないのですが、とりあえず写真だけ撮ったのでご紹介です。


ゲットしたもの
モノはASUSの「V9950 Ultra 256MB」なるグラフィックボード。
Google先生によると2003年頃の商品で、GeForce FX 5900 Ultra が乗っているボードだそうです。主なスペックとしてはこんな感じ。

チップGeForce FX 5900 Ultra
GPUクロック450MHz
メモリ256MB DDR2
接続AGP 8x
出力DVI+VGA(D-SUB15ピン)+S端子

もちろん古いといえば古いですが、今回の目的は3Dゲームじゃなくて「広いディスプレイを使いたい!」ってだけなので、スペック的には余るほど。
ちょうど僕のPCと同じくらいの世代ですし、逆に相性とかがいいかも?と期待しています。


液晶はどうする?
ディスプレイは今物色している最中。
あまり部屋が広くないので、大きくても22インチ程度。
20型ワイドで1,680×1,050ドット出たら十分すぎるかな、と思ってます。


おまけ
ASUS V9550Ultra 256M

端子部分のアップ。
当時はかなりハイスペックだったんじゃないかな~。

というわけで週末にでも接続してみようかと思います。
結果についてはまた後ほど。


関連サイト
Asus V9950 Ultra GeForce FX 5900 Ultra - HotHardware
スペックなどはこのサイトを参考にしました。
すでにオフィシャルサイト上の情報はないみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »