« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月28日 (土)

ファミマ限定「飲むこんにゃく 0カロリーピーチ」飲んでみた

ファミマ限定 飲むこんにゃく 0カロリーピーチ

ファミリーマートに寄ったらこんなドリンクがありました。
携帯からさらっとレビューです。

飲んだ感じはパウチに入っているゼリー飲料(ウィダーとか)そのものです。
葛湯とかにも近いかも。

味は見た目よりずっと甘さ控えめで、さっぱりした感じ。
パッケージの絵からネクターのような味を想像してたのですjが、意外に飲みやすかったです。

そんなにおなかにたまる感じではありませんでしたが、カロリーゼロですし、小腹がすいたときにはいいかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

今年もクリスマスツリーを飾りつけました

クリスマスツリー 電飾 LED クローズアップ

昨年もご紹介しましたが、今年も子供たちとクリスマスツリーを飾りました。
今年は妻の希望で、ピンクとシルバーをベースにさらにちょっと大人っぽく。
写真をクリックすると、それぞれFlickrの大きな写真にリンクします。


全体図
クリスマスツリー 電飾 LED

全体図です。電飾の明かりだけで撮ってますが、なかなかいい感じでしょ?
暗い中ばたばたと撮ったので、電源とかも映っちゃったのがちょっと恥ずかしいですが(^-^;)。

大きな写真はこちら。(上の写真クリックでもリンクします)
Flickr : My Christmas Tree


クローズアップ
クリスマスツリー 電飾 LED クローズアップ

オーナメントをアップで撮影。
ボール等もいくつか撮ったのですが、艶のあるボールなので僕や部屋の中が映りこんじゃうんですよね。(左下には僕の頭が映ってますね(^-^;)…。)
なので、銀色のクリスマスプレゼント部分を掲載してみました。

大きな写真はこちら。(上の写真クリックでもリンクします)
Flickr : My Christmas Tree


オーナメント購入場所:横浜ディスプレイミュージアム
ここで飾っているオーナメントですが、横浜ディスプレイミュージアムというお店で購入しています。
どちらかというとプロ向けのお店。ここ何年か通ってます。

お店はビルの2フロア分を使ってて、かなり広いです。
クリスマス用以外にも造花や花瓶、電飾などいろんなディスプレイ用品があって、見てるだけでも楽しい感じ。価格もそんなに高いわけじゃないですし、おすすめです。

ただ、プロ向けのお店なので日曜日がお休みのこともあるみたい。
ぜひ営業日を確認してからお出かけください。


撮影:D40
写真ですが、いずれも昨年と同様、ニコンのD40+付属のレンズ(AF-S DX ズームニッコール ED 18-55mm F3.5-5.6G II)で撮影しました。一眼だとISO感度を上げてもノイズが出にくいのがいいところです。
600万画素は今となっては少ないほうだと思いますが、さすがにコンパクトデジカメとは違いますね~。


関連サイト
クリスマスツリーを飾りつけました(撮影:ニコンD40)
昨年の記事です。
去年は若干赤のオーナメントが多かったですね。

横浜ディスプレイミュージアム
オーナメントを購入しているショップです。
広くて商品もたくさんあるので、女性は特に「わー♪」って言うんじゃないかな~。

Nikon デジタル一眼レフカメラ D3000 ダブルズームキット D3000WZ
ニコン (2009-08-28)
売り上げランキング: 2561
おすすめ度の平均: 4.5
5 これからデジイチを始めようとする人にオススメ。
4 初心者にはベスト
現在のデジタル一眼入門機といえばこれでしょう。 レンズ2本つきで6万円ちょっとというのはかなりお買い得では。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2009年11月23日 (月)

IKEAの壁直付けウォールシェルフ「LJUSDAL」購入しました

IKEA LJUSDAL ウォールシェルフ

以前IKEAのウォールシェルフ「KLANG」購入という記事でご紹介した壁棚の上にもう一つ棚が欲しくなり、IKEAに行ってガラス棚「LJUSDAL(ユースダール?)」を買ってきました。

今回のもIKEAらしくDIYばりばりな感じ。
アンカー等も撮影してみましたので、あわせてご紹介します。


石膏ボード用アンカーとビス
石膏ボード用アンカー ネジ ビス

まずは取り付けのためのネジの説明を少し。

うちのマンションはよくありがちな「石膏ボード」なので、ネジや釘はまったく効きません。ポスターなどを画鋲で止めると、白い粉がぽろぽろ落ちてきてしまようなタイプの壁です。(ありがちですよね。)

で、この手の壁にものを固定するときに使うのが、写真のプラスチック部品。
「石膏ボード用アンカー」というもので、あらかじめドリルで穴をあけて壁に打ち込み、ネジの土台として使います。

石膏ボードはもろいので、木ネジをいきなりねじ込むとぽろぽろと崩れてしまうのですが、先にアンカーを打ちこんでおくと、ネジによってアンカーが広がり、きっちりボードに食い込んでくれるというわけ。
ボード用アンカーには素材も形状もいろんなものがあるんですが、今回はIKEAで売っていたアンカーを利用しました。


アンカーと下穴
IKEA LJUSDAL ウォールシェルフ

壁に電動ドリルで穴をあけ、ハンマーでアンカーを打ちこみます。
今回の穴の直径は5mm。これ以上大きなドリルを持ってなかっただけですが、小さめのアンカーは問題なく打ち込むことができました。
向こう側に見えているのはアンカーを打ちこむ前の穴です。

ちなみに今回買ってきた棚はガラスで、重さがかなりあるため、ネジ穴は8個必要でした。実際はそのうち6つくらいを利用して止めています。


できあがり
IKEA LJUSDAL ウォールシェルフ

途中経過を飛ばしてしまいましたが、これが出来上がり。
まず、レール(ブラケット)部分を先ほどのアンカーにネジ止めし、そこにガラスの天板をはめ込んでいる構造です。

実はガラス部分は固定されてないので、斜め上に引っ張ってやると簡単に抜けます。掃除はしやすいと思いますが、やはりちょっと事故が怖いですね。ちなみにガラスはすりガラス(フロストガラス)です。


全体図
IKEA LJUSDAL ウォールシェルフ

全体図はこんな感じ。
前回の「KLANG」もかなり作りつけっぽい感じでしたが、今回のもいい感じですよね。
なかなかきれいに仕上がって、満足です。

とはいえ壁に穴をあけまくるので、少なくとも賃貸では無理ですね。
また、自分のマンションだとしてもかなり思い切りが必要かな~と思います。

そうそう、取り付ける部分の素材によってビスなどが違うため、商品には取り付けネジは添付されていません。商品とあわせてビスやアンカーを買ってくる必要があるので、そこだけはご注意を。


関連サイト
IKEA | LJUSDAL | ウォールシェルフ (IKEA)
オフィシャルの商品情報です。
今回買ったのは横幅79cmタイプですが、幅119cmの大きなタイプもありました。

【当日出荷可能】シンプルで美しい飾り棚。Glass Shelf(ガラスシェルフ・ウォールシェルフ) (a-plus)
楽天内のインテリアショップの商品です。
これもネジ留めが必要ですが、IKEAのものより構造が良くできてるみたい。
ガラス以外にもアルミやヒノキの棚板もあるようです。オススメ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

無印良品「壁棚」で観葉植物(ハイドロカルチャー)を

ポトス 壁棚 エコスギ ハイドロカルチャー

これまでも何度か記事にしているとおり、うちには数鉢の観葉植物(すべてハイドロカルチャー)があります。
今回はあまり紹介できてなかった鉢と、その「置き場所」についてご紹介。無印の壁棚、便利ですよ。


ポトス
ポトス 壁棚 エコスギ ハイドロカルチャー

3年前にポトスの切り戻しと植え替えの記事でご紹介したものです。
鉢は直径12cm程度。大きなリンゴくらいでしょうか。
何度か挿し芽にしたりしているので、もしかすると買った時の根は残っていないかもしれません。


オキシカルジウム
オキシカルジウム 壁棚 エコスギ ハイドロカルチャー

こっちはオキシカルジウム。
これは今年の5月に植え替えたもので、オキシカルジウムの植え替え(セラミスで植えてみました)という記事でご紹介しました。
以前伸びすぎたものを2つに分けたのですが、その根元側のほうですね。
サイコロ状のガラス容器は1辺8cmくらいです。


壁棚について
この2つ、いずれも無印良品の「壁棚」というものにおいてます。
地味な商品なのですが、棚のないところにこういった小物を置くのには非常に便利なので気に入ってます。

構造は、まず骨格となるステンレスのバーを専用のピンで止め、その上にプラスチックのカバーをはめ込んで棚にするような感じ、外からピンやネジが見えることはありませんので、場所をうまくつければ作りつけの棚のようにも見えます。
無印らしく白でシンプルな形なので、あわせやすいところもいいですね。

ちなみにピンは石膏ボード専用なので、木や砂壁、コンクリートは無理。
ただ、外した時にも跡が残りにくいような構造になっているそうです。
(うちはまだ外したことないので確認できないですが(^-^;)…。)

発売開始当初はどこの無印良品でも見かけましたが、最近はこっそりとバックヤードとかに置かれていることも多いみたいです。
もし買いに行って置いてなくても、店員さんに聞くと出てくるかもしれませんよ。


おまけ:全体図
壁棚 全体図

全体としてはこんな配置になってます。
実はこの夏でポトスもオキシもかなり伸びてしまって、壁棚から下のカウンターまで垂れ下がってしまってます。さすがに今年は植え替えするのは難しいので、来年暖かくなったら植え替えてやろうと思っています。(ポトスはもうこの鉢で3年ですしね。)

ともかく、部屋に緑があるってのはふと気付いたときに癒されます。しかもゆっくりですが、伸びる・芽が出る・弱る・枯れるなどの変化があるので、季節の変化などもなんとなく感じられたり。
ハイドロなら手間もそんなにかかりませんし、簡単なところから始めてみてはいかが?
あ、僕が持ってる中ではやはりポトスが一番楽ですね。うん。


関連サイト
壁棚 幅13.5×奥行11×高さ13.5cm (無印良品ネットストア)
噂の壁棚です。
写真のようなガラス鉢などを置いてもかなり安定していますし、おすすめです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

ミスタードーナツの新メニュー「ベイクドシュー」「ハンバーグパイ」ほか食べてきました

ミスタードーナツ ハンバーグパイ ベイクドシュー だいずドーナツ

11月3日に発売されたミスドの新メニューを試してきました。
普段は大体同じようなものばかり食べてるのですが、今日は新メニューオンリーで。
それでは軽く感想です。写真、左から順にどうぞ。


ハンバーグパイ
その名の通りハンバーグが入ってます。
ハンバーグのサイズは小ぶりで、大きさはお弁当用の冷凍食品くらいかな。
味は万人受けするオーソドックスな感じで、変にケチャップが効いてる…なんてことはありません。
ミスドの中では塩気のあるメニューは貴重ですし、おなかがすいてるときや甘いものが苦手な方にはかなりいいかも。
あ、お店で食べるときにはぜひ温めてもらいましょう。


ベイクドシュー
今日食べたのはチョコ&ホイップ。チョコ好きなんですよ(^-^;)。
これ、見た目はシュークリームですが、よくお店で売っている焼きシュークリームよりももっと皮がごつごつしています。食感は「ざっくり」ってところ。
一般的なシュークリームよりも生地が詰まってますし、食感が固めなので、クリームより皮のほうが存在感がある感じ。個人的にはもっとクリームが入っててくれてもいいな~。


だいずドーナツ
きなこ、黒ごま、チョコの3種類がありました。写真は「きなこ」。
これはベイクドシューとは逆で、見た目よりものすごく軽いです。
生地にすきまが多くて、脂(バターとか)も少なめなので、食べるとほろほろとなくなっていくような感じ。
甘さも抑えてあるので「食べた~」っていう満足感は少ないけど、この軽い感じはちょいといいかも。


おまけ:ふんわリング ストロベリー
子供が食べてたのを一口横取りしました。
見た目はポンデリングっぽいけど、それよりずっと軽い(もちもち感の少ない)ドーナツでした。子供もあっという間に食べてました(^-^;)。


今回の新メニュー、全体的にハズレや色モノが少ない感じ。
お気に入りが2つ3つくらいは見つかるんじゃないでしょうか。
まだの方はぜひお試しを。明日(8日)までは100円セールもやってます。


関連サイト
13種類の新フォニー 新ドーナツ、一斉デビュー!!|新商品 (ミスタードーナツ)
ミスドの新メニュー特集ページです。

ミスタードーナツ「だいずドーナツ」「ふんわリング」「ベイクドシュー」など合計13種類の”新フォニー”を味わってきた(前編)
ミスタードーナツ「だいずドーナツ」「ふんわリング」「ベイクドシュー」など合計13種類の”新フォニー”を味わってきた(後編) (GIGAZINE)
さすがGIGAZINE、全種類一気にレポートです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

ハイドロカルチャーのカポック、挿し木成功しました(新芽も!)

ハイドロカルチャー カポック 新芽

1か月ちょっと前に、ハイドロカルチャーのカポックを挿し木にした件 について書きましたが、その後無事に根付いて新芽も出てきました。
セラミスでもいけるんですね。植物の生命力ってすごいです。


全体図
ハイドロカルチャー カポック 挿し木

全体としてはこんな感じ。
前回の記事と同じような角度で撮っているので、比べてみてください。
軸となる中央の部分は枯れてしまいましたが、そのわきから新芽が出ています。
まだ芽は小さく、葉の数も少ないですが、ここまで成長できれば大丈夫かなという感じ。

ちなみに白く見えているやつは緩効性の肥料。
数年前に500gほど買ったものなのですが、数粒ずつしか使わないため、これで一生間に合いそうです。


新芽のアップ
ハイドロカルチャー カポック 新芽

冒頭にも載せました新芽のアップです。
他の葉っぱはちょっと傷んだ感じがありますが、新芽はきれいです。
これから冬になるため一気に成長することはないと思いますが、うまいこと冬を越せたら春には伸びてくるんじゃないかと思います。


まとめ
いきなりセラミスに挿し木しても、無事根付いてくれました。
逆にそれだけ丈夫で育てやすいからこそ観葉植物としてメジャーなんでしょうね。
今年はそろそろ植え替えには適さない季節になってきましたが、同じようなものをお持ちの方はぜひ試してみてください。

あ、あわせて植え替えたポトスも無事根付いて育っています。
ポトスもどんどん増えるので、今は4~5鉢。
今年だいぶ伸びたものもあるので、来年の植え替えでまた増えちゃうかも。


関連サイト
ハイドロカルチャーのカポックを挿し木に (ガジェットWatch)
前回植え替えた時の記事です。かなり傷んでたんですよね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

2009年10月の人気記事ベストテン

グラフ

ものすごく寒くなってしまった今日。もう今年もあと2カ月切りました。
夏から冬に一気に走り出した10月の人気記事はこんな感じでした。

第1位
スーツに似合うリュック、探してます

第2位
PCデポでCRTを100円買取してもらいました(リサイクルがちょっと心配)

第3位
JavaScriptでHTMLを出力するときの小技(ヘッダメニューの続き)

第4位
ウィルス対策ソフトAVG Freeのアップデート失敗(解決しました:追記あり)

第5位
車載可能なポータブルDVDプレーヤ「PDV-768」買いました

第6位
PowerPointでお手軽に大判印刷(ポスター)用データを作成する(Tips)

第7位
IKEAのダイニングテーブルBJURSTA(ビュースタ)組み立てました

第8位
IKEAのウォールシェルフ「KLANG」購入

第9位
Panasonic 電球型蛍光灯「パルックボールスパイラル(E17口金)」購入

第10位
ゼリア新薬「新ヘパリーゼプラス」は酒飲みの僕にぴったり


ランキングについて
突然、スーツに似合うリュックの記事がトップ。
この記事のあとで実際に狙っていたものを購入し、レビューも書いたのですが、その前に書いた記事のほうが検索などからヒットしやすいみたいです。気になる方は購入後のレビュー記事もあわせてご覧ください。
あとは「PowerPointで大判印刷(ポスター)用データを作成する」が珍しく人気。学会などが多い時期なのかな?

そんなわけで今年もあと2カ月。
そろそろ年賀状なんかも気になるころかな。
実は毎年凝った年賀状に仕立ててるので、今年はどんなものにしようかとしばらく悩む日が続きそうです。


関連サイト
高機能デザイン3wayモデルEVERGREEN VETTURE 15.4
トップになった記事でご紹介したバッグです。
まだ楽天でも扱いは多くないみたいですね。
逆に今なら「それいいねぇ、どこの?」って聞かれること請け合いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

Twitterオフ会「@beBit_Japanさんらを囲む会」企画・参加してきました

Twitter

10月30日に、Twitterオフ会@beBit_Japanさんらを囲む会に参加してきました。一応僕が「発起人」という立場だったのですが、仕事などが忙しくほぼ他の幹事の方におんぶにだっこという感じ。
申し訳ないな~と思いつつ、楽しくやらせていただきました。


経緯
9月ごろから、「ユーザビリティといえばここ」というほどの会社であるビービットさんが、Twitter上でユーザビリティに関する○×問題を出題していました。
(参考:ビービットさんの公式アカウント)

しかしその企画も先日いったん終了に。
僕は毎日この○×クイズを楽しみにしていたので、最終問題が終わってしまった日の夜に「ビービットOFFしたいなぁ」という話をぼそっと呟いたら、何人かに捕捉&後押しされてそのまま幹事になってしまったという感じです。

とはいえ僕がやったのは最初にビービットさんにご連絡をさせてもらった程度。ご協力いただいた他の幹事の方が諸々の作業をどんどん進めていただいて、僕は「こんなんで幹事と呼ばれていいのかな~」と思いながら当日を迎えたという次第です。


当日の様子
ビービット beBit Twitterオフ

さて当日の様子です。
ビービットさんにはあらかじめ○×問題をもってきていただけるようお願いしていたのですが、その場にいる方以外にも楽しんでもらえるよう、○×問題をあえてTwitterにつぶやいてもらいました。Twitterから生まれたOFFですしね。

そんなわけで、店内ではみんなが携帯もしくはPCでTwitterにアクセスしているという一種異様な状態に。写真は一瞬普通の飲み会に見えますが、みんなの手元を見るとそうではないことが分かるのではないかと。

とはいえ会話がないわけじゃなく、問題以外の時間はみなさん積極的に会話されてました。WEBのディレクターや会社を経営されている方などが多かったので、そもそもお話好きな方が多かったみたいです。よかった。

あとびっくりしたのはiPhone率のものすごさ。
5割は余裕で超えてたのではないかと。
僕のようにアドエスでちまちまなんて方はいらっしゃいませんでした。
なんか時代に取り残されちゃってるな~という感じでしたね。


中の人はすごい
今回「中の人」とも相当お話をさせていただいたのですが、ホントかなりの刺激を受けました。クライアントの求める数値を様々な角度から実現していく「技術者集団」という感じで、その数字にかける情熱・執念には頭が下がる思い。

Twitterでの企画を実行するにあたっての苦労などはIDEA*IDEA(田口さん)の@beBit_Japanの「なかの人」にいろいろ聞いて勉強になった件をご参照いただくとして、他のところでいろいろ勉強になったのは下記。


■入社は狭き門
会社自体は仮説検証を繰り返す理系なお仕事なのですが、最終的には「クライアントのことをどれだけ考えられるか」という方を採用されるそう。募集やインターンには相当の方が応募してくるが、実際採用されるのはほんの一握りとのこと。
しかも採用されてからも「ライオンが子供をがけから突き落とすような(中の人談)」教育になるので、残念ながらやめてしまう方もいるとか。(「もちろんフォロー体制はとりますが」とのお話もありましたが…)
狙う方、生半可な覚悟ではだめですよ。

■WEBに閉じているわけではない
最終的にはWEBを中心とした形になるが、クライアントとそのお客様をどうつないで関係を構築していくかというところはWEBに限らず幅広く見るとのこと。リアル店舗を持っている企業だと、そこからどうやってWEBにつなげていくか、など。
単純にWEBの各種知識だけでは成り立たないですね。

■研究体制がすごい
さすがにここは書けませんが、聞いているメンバも「ええぇ!」というような研究もされているようです。誰かが「大学院みたいなもんですね~」って言ってたのが言い得て妙という感じでした。

■数字がすべて
いったんプロジェクトが始まったら、クライアントの求める数字(CV10倍とか)を実現するためにすべての力を注ぎこむ、とのこと。実現のためにクライアントが最初に出してきた案と180度違うような施策になることも多いようです。そのためのデータも自分たちが持っているから説得力があると言われていました。


中の人の言葉の端々に数字を追う「プロ意識」が現れていて、自分に重ね合わせてみると反省することばかり。
僕も来週からもっといい仕事しよう、と思って帰ってきた次第です。


ストラップ、いただきました
ビービット beBit ストラップ

ビービットさんのご厚意で、ストラップいただいてきました。
ただ、中の人曰く「iPhoneにはつけられないですよね…」。
中の人ももちろんiPhoneなので、ストラップはついてませんでした(^-^;)。


余談
今回最も感じたのはTwitterのスピード感。ぼそっとTwitterでつぶやいたものがあっという間に40人近く参加する企画に化けるなんて、他のメディアではなかなかなかったんじゃないかな。
しかも自分たちで作り上げていこうという意識が高い人ばかりだったので、正直企画している側も気楽でした。
ある意味Twitterの「日の当たる部分」をかなり感じられた企画だったと思います。

次回は忘年会かななんて声もありましたので、ぜひ次回も企画してみたいと思います。興味のある方はぜひフォローミー。


関連サイト
株式会社ビービット (beBit_Japan) (Twitter)
ビービットさんの公式アカウントです。

GadgetWatch (gadget_watch) (Twitter)
やくそ (yak) (Twitter)
由他 (nayuta22t) (Twitter)
今回の幹事3人組です。
上から私、yakさん、由他さん。

「@beBit_Japan(ビービット)さんらを囲む会」(Twitterオフ会)にいってきた! - やくそにっき。
幹事のyakさんのレポート記事です。さすがです。

Twitter / @yak/bebitJapan-offlinemeeting (Twitter)
yakさんが作った今回のOFFの参加者リストです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »