« コーヒーがプリウスの上に | トップページ | 妻が子宮筋腫の手術をしました(後編・入院~手術~退院まで) »

2010年1月 3日 (日)

妻が子宮筋腫の手術をしました(前編・入院まで)

聴診器

遅くなりましたがあけましておめでとうございます。
今年もゆるく長く書き続けていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

さて昨年末、妻が子宮筋腫の手術をし、卵巣のみを残して子宮全摘になりました。
新春早々こんな記事で恐縮ですが、自分自身の記録と同じ症状で悩んでいる方への情報として公開してみます。ガジェットWatch、特別企画ということで。


貧血から始まりました
最初の症状はひどい貧血でした。
貧血はもう持病のようなものだったのですが、ここ数年は特にひどく、生理中などは暇があればソファでごろごろしているような感じ。仕事はなんとかできるものの、起きあがるのもつらいという状況が続いていました。
2人の子育てもあり、今思えばかなりつらい状況だったと思います。


検査・診断
あまりに貧血がひどかったため、2009年前半ごろに検査を受け、そこで「子宮筋腫」と診断されました。最初の時点では経過観察となったわけですが、その後の継続検査でも良くなる兆候がなく、貧血もひどくなってきたため、切除しましょうという判断となりました。


入院まで
入院・手術の日取りが決まったのは大体4か月くらい前でした。
病院で年を越すのはあまり気分がよくないので、子供たちを少し早めに休みに入らせた上で、12月後半に手術して年内に退院しよう、という計画を立てました。

手術が決まってから、それ以上筋腫を大きくしないために、生理を止めるための注射を打ち始めました。月1回の注射ですが、どうも保険が効かないらしく、1回1万円ほどかかったようです。あわせて、貧血を改善するための鉄剤なども飲んでいたようです。

後で調べてみたところ、小さい筋腫であれば特に生理を止めない場合も多いようです。が、今回の場合は結構貧血がきつかったこと、レントゲンなどの結果により「全摘」を選択したことなどから、大事を見て止めるという判断になったようですね。


入院準備
準備として、パジャマやガウン、腹帯などを購入しました。
(まぁ僕が買ったわけではなく、妻がそろえていたのですが)
もちろん突発的な病気ではないので、妻は前日まで普通の生活をしていました。
入院当日も自分でタクシーで病院まで。
なので事前に手術日程なども決められるわけですね。

さて次回は入院~手術~退院編。
おそらく次回のほうがかなり長文になると思います。
乞うご期待…と言ってもいいのかな(^-^;)。


関連サイト
子宮筋腫 (Wikipedia)
僕も入院前にはここを参考にしました。
やっぱりよくまとまってます。

妻が子宮筋腫の手術をしました(後編・入院~手術~退院まで)
後編、ちょっと生々しいですが、入院から退院までの記事です。
あわせてご覧ください。

|

« コーヒーがプリウスの上に | トップページ | 妻が子宮筋腫の手術をしました(後編・入院~手術~退院まで) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153129/47195651

この記事へのトラックバック一覧です: 妻が子宮筋腫の手術をしました(前編・入院まで):

» 妻が子宮筋腫の手術をしました(後編・入院~手術~退院まで) [ガジェットWatch]
妻が子宮筋腫の手術をした件、後編です。 今回は入院~手術~退院編。 入院までの経緯などを書いた前回の記事は下記をご参照ください。 妻が子宮筋腫の手術をしました(前編・入院まで) 全体スケジュール 入院... [続きを読む]

受信: 2010年1月 4日 (月) 23:23

« コーヒーがプリウスの上に | トップページ | 妻が子宮筋腫の手術をしました(後編・入院~手術~退院まで) »