« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月28日 (日)

コルグ(KORG)のデジタルピアノ「LP-350(ホワイト)」買いました!

KORG コルグ LP-350 ホワイト 開けたところ

上の子がピアノを習い出して2年半くらいになります。
これまでは僕の古いシンセサイザー(KORG N264)で練習していましたが、そろそろ重たい鍵盤のものを弾かせてあげたほうがいいかな~ということで、今回デジタルピアノを購入しました。

僕がコルグびいきなこと、デザインがいいことという2点から、コルグの「LP-350(白)」を選択。うん、なかなかいい選択だったと思います。


外観・デザイン
KORG コルグ LP-350 ホワイト 閉じたところ

まずは気に入っているのがこのデザイン。
蓋を閉めると完全にフラットになる構造で、奥行きは300mmを切る大きさです。
しかもダンパーが入っていて、蓋がそっと閉まるところもお気に入り。
同じクラスの商品は蓋がなかったりするものも多いので、ここは選択の大きなポイントになりました。

あとはカラー。ここまで真っ白なものは少ないですよね。
ウチは壁紙が白く、床も白木に近いような色なので、重たく見える黒は置きたくなかったのです。


鍵盤・タッチ・音色
KORG コルグ LP-350 ホワイト 鍵盤

鍵盤はKORG自慢のRH3(リアルウェイテッド・ハンマー・アクション3)鍵盤というもので、かなり「重め」のタッチだと思います。
しかも低音のほうがより重く、戻りがゆっくりになってる感じ。
このあたりはグランドピアノと同じ構造になっているためだそうで、素人の僕から見ても、かなりよくできてるんじゃないかな~と思います。

なお、鍵盤が重いため、弾くとごとごと音がします。
これもピアノらしいといえばそうなんですが、夜中などは気になることがあるかもしれません。

音色は30種類。
ピアノ・エレピ・オルガン系がメインで、あとはストリングスとか。
まぁ30種類もあれば十分でしょう。
メインのピアノ音はグランドピアノをサンプリングしたとのことですが、鍵盤が重いためかすこしやわらかめの音に聞こえます。
タッチレスポンスは調整できるので、軽い力用にセッティングすると若干硬い音が出るようになりました。まだまだ子供のタッチが弱いのかな。


その他いろいろ
■組み立て・設置
重りがついた鍵盤の構造のためか、箱は40kgほどあります。
組み立て自体は難しくないのですが、一人では難しいですね。

■譜面立て
蓋をあけると譜面立てになります。

■ペダル
ちゃんと3本ついてます。
普通のピアノに比べるとすこし「ばね」が強い感じかも。

■メトロノーム
簡単なメトロノームがついてます。
基本はスライダー式ですが、ボタンと鍵盤を組み合わせた操作をするとぴったりのテンポに合わせることもできるみたいです。

■電源
ACアダプタです。
本体とスピーカー部分の間にすきまがあるので、僕はそこに置いてます。

■ヘッドフォン
ヘッドフォンが添付されてますが、見た目はちとチープかな。
僕は以前から持ってたもので聞いてます。

■椅子
椅子は添付されてないので、好きなものを選ぶことになります。
うちは簡単な3段調整の椅子を買いました。


購入場所・価格など
やはり実物を弾いてみて決めたかったので、横浜ワールドポーターズ内のミュージックランドKEY 横浜店にて購入しました。
LP-350の特設サイトにもあるように、価格は59,800円。
送料は無料でしたが、あわせて椅子も買ったので全部で6万円半ばでした。


まとめ
コストパフォーマンスはものすごくいいのではないかと思います。
価格的にデジタルピアノとしてはローエンドのクラスだとは思いますが、趣味や練習用としては十分すぎるんじゃないかな。
とはいえタッチや音については好みの部分が大きいですし、購入前にはぜひ試し弾きを。


関連サイト
LP-350 Digital Piano|KORG INC.
コルグのオフィシャルサイトです。
最近になって「赤」が出ました。これもびっくりの色ですね~。

価格.com - KORG LP-350 WH のクチコミ掲示板
価格.comでの口コミです。
みなさんの評価もかなり高いですね。

KORG LP-380 (送料無料)
実はLP-350についてはすでに生産終了で在庫限りになっているみたい。今は後継機のLP-380がありますので、こちらがおすすめですね。
もちろん楽天でも買えますが、アフターサービスが気になるので、できれば実店舗を持っている楽器屋さんのサイトで買うほうがいいと思います。
ここは老舗のIKEBEが運営しているので安心かな。送料も無料ですし。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月27日 (土)

ビジネスリュック「STYLO VETTURE」が特価999円

STYLO VETTURE 15.4 クリックで販売ページへ

以前の記事でご紹介しましたビジネスリュック「STYLO VETTURE」ですが、なんとドスパラのWEBショップで「999円」になってます。

モノはいいですし、気になっていた方はぜひ狙ってみては。
今時点であと20個ほどのようです。

販売ページはこちら。
ドスパラ - パーツ&周辺機器 WEB限定特価品


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

無印良品「ネーム印 メールオーダー方式」買いました

無印良品 ネーム印 メールオーダー

これ、なんだと思います?
口紅やリップクリームのようにも見えますが、無印良品のネーム印なんです。
デザインに魅かれて買ってしまいましたが、なかなか良いですよ、これ。


購入の背景
突然ですが、僕はかなり珍しい名字のため、はんこ屋さんの店先によくあるネーム印では僕の名字を見つけたことがありません。
もちろん普通の朱肉で押すはんこは持ってるものの、宅配などは面倒ですべてサインで済ませてきました。

が、子供のプリントなども増えてきて、最近は毎日普通のはんこを押すことに。
これではかなり面倒なので、以前から気になっていたこの印を買ってみたという次第です。


商品について
無印の店頭で販売されていますが、購入時点ではアルミの筒部分のみ。
文字や書体などは、同梱されたハガキに希望を書いて送付する方式です。
2~3週間程度で希望に沿った印面部分が郵送されてきます。

文字・書体・インク色のバリエーションは結構豊富。
青や紫なども選べるので、ポップなものも作れますよ。
僕は普通に古印体+赤にしました。


ふたを開けたところ
無印良品 ネーム印 メールオーダー

ふたを開けたところです。印面部分(黒いリングから先の部分)はあとで送られてきた部分で、自分でアルミ軸に差し込みます。キャップ部分は「ぱちっ」とはまるので、印面が乾くことはないんじゃないかな。
なお、届いたときにはすでにインクがしみこませてありました。
交換用のインクは無印で取り寄せられるそうですが、1日1回押印する程度ならインクは相当持つようです。


使い勝手など
印影は鮮やかで非常にシャープ。
毎日使ってますが、にじみやかすれなどもなくポンポンおしても平気です。
もっと早めに買っておけばよかった、という感じですね。

ただ、筒が丸くてよく転がってしまうところ、上下の面の丸みのためその場で立てられないところが難点。
これで机の上に立てられるとパーフェクトなんだけどなぁ。惜しい。


購入場所・価格など
近くの無印良品で1050円。
シヤチハタなどのネーム印をはんこ屋さんで作ってもらうより安価でした。
サイズはこれ1つしかないですが、おススメですよ。


関連サイト
無印良品ネットストア[ネーム印メールオーダー方式]
商品のオフィシャルページです。

送料無料 メールオーダー式卓上ネーム印 スタンディングネーム
あっ、これでも良かったかな~。
宅配受け取りのたびにはんこを取り出すのは面倒なので、玄関に立てておけると便利そう。今のが傷んでしまったらこっちを買おうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土)

さすがのボリューム!マクドナルドの「ハワイアンバーガー」食べました

ハワイアンバーガー マクドナルド

昼、子供とマクドナルドにいったので、Big Americaシリーズ第3弾「ハワイアンバーガー」を食べてみました。
うん、ともかくおなかいっぱいです(^-^;)。


ハワイアンバーガーとは
マクドナルドの1/4ポンドバーガー、Big Americaシリーズの第3弾。
「クオーターパウンダー」シリーズと同様、パティの大きさは通常の2.5倍。
ボリュームたっぷりなところがポイントです。

テキサス、ニューヨークときて、第3段のハワイアンは「ロコモコ」をイメージしたメニュー。目玉焼き・ベーコン等がはさんであるところが特長です。


食べてみた
早速包み紙を開けて食べてみましたが、やはりそのボリュームに圧倒。
あきらかにパティがパンからはみ出してて、食べごたえがあります。

ロコモコをイメージした目玉焼きと、専用の甘辛いソース(テリヤキに似てるけどモノは違う)の相性も良く、おなかいっぱいになりながらも余裕で完食という感じでした。

ただ、少し残念なのはウリにしてるパティが少しぱさぱさだったこと。Webサイトやチラシには「ジューシーでボリュームたっぷり」と書いてあるんですが、牛100%でつなぎも入っていないパティはぱさつく感じがしました。
あれで肉汁が出てくるようなハンバーグだったらいいのになぁ。


まとめ
食べごたえもありおなかいっぱいにはなりましたが、値段とのバランスを考えると普通のハンバーガーでいいかな~と思いました。
セットで740円だと普通にラーメンや定食が食べられちゃう感じですしね。

でもともかく腹いっぱい食べたいなら全然アリだと思います。
僕もまた気が向いたら食べてみようかな~。


関連サイト
Big America おいしさのヒミツ | メニュー情報 (McDonald's Japan)
商品のオフィシャルページです。
おなかすいたときに見に行くのは危険です(^-^;)。

「マクドナルドを生んだアメリカ」をイメージしたマクドナルド「ビッグアメリカ」4種類試食レビュー ハワイ編 (GIGAZINE)
GIGAZINEによるハワイアンバーガーのレビュー記事です。


| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010年2月19日 (金)

大人も楽しい!「どうぶつしょうぎ」買いました

どうぶつしょうぎ (日本女子プロ将棋協会公認) クリックでamazonへ

昨年からずっと気になっていた「どうぶつしょうぎ」を買ってみました。
子供のおもちゃかな~と思っていたら、さにあらず。
各サイトでの評価は本当でした。


「どうぶつしょうぎ」について
簡単に言ってしまうと簡易版の将棋。
3x4マスの狭い盤面で4種類の駒を使い、1対1で将棋のように対戦します。
女流棋士である北尾まどかさんが考案し、いろんなバリエーションを経たのちに今の形になったそうです。

ルールなど、詳しくは公式サイトやWikipediaをどうぞ。
どうぶつしょうぎ official website (LPSA)
どうぶつしょうぎ (Wikipedia)


面白さ
どうぶつしょうぎ、とっつきやすいのに結構奥深いです。
僕は将棋については「駒の動かし方を知っている程度」の実力ですが、そんな僕が感じた良さはこんなところ。

■ルールが簡単
使う駒は4種類で、かつ動かし方は駒に書いてあるのですぐ覚えられます。
また、将棋で言う「二歩」や「打ち歩詰め」などの禁止ルールがほとんどありません。
現に小学校2年生の上の子も1回やってルール理解したみたいです。

■自由度が低い
盤面が非常に狭いので、ある局面で打てる手はかなり限られます。
たとえば初手で先手が打つ手は4種類しかありません。
将棋だと、初心者の方は「最初どの駒を動かしたらいいかわからない」という状態になってしまいますが、どうぶつしょうぎの場合はそもそも自由度が低いので、逆に手を決定しやすいというメリットがありますね。

■将棋の要素は入っている
取った駒を自分のものにして再度打てたり、「ひよこ(歩相当)」が相手陣地に入ると裏返しになって「にわとり(金相当)」になるところなど、将棋のエッセンスはほぼ入っています。そのため将棋が分かれば簡単に入っていけますし、逆にどうぶつしょうぎから本当の将棋にステップアップするのも容易だと思います。


まとめ:まずはやってみよう!
子供のころ将棋をやっていた方も全くやったことない方も、ぜひ一度やってみてください。頭が固くなってたりすると、ふとした拍子に子供に負けることもあり、大人でも結構楽しめますよ。
最近はテレビゲームばかりの子供さんも多いと思いますが、ぜひ大人の方とこういうゲームで対戦したらいいんじゃないかな~と思いました。


関連サイト
どうぶつしょうぎ official website (LPSA)
LPSA(日本女子プロ将棋協会)の、どうぶつしょうぎのオフィシャルサイトです。

どうぶつしょうぎ (Wikipedia)
Wikipediaのどうぶつしょうぎについての記事です。
駒のデザイン・ルール・歴史など、よくまとまってます。

どうぶつしょうぎ (日本女子プロ将棋協会公認)
幻冬舎エデュケーション (2009-09-05)
売り上げランキング: 20
僕はamazonで買いました。 発送、早かったですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月17日 (水)

いろいろネタはあるのですが…

どうぶつしょうぎ

最近更新が滞っていてすみません。
いろいろとレビューネタはあるのですが、まとまって文章を書く時間がなかなかとれなくて。

写真は最近買った「どうぶつしょうぎ」と「スティッキー」。
どちらも結構おもしろくて、大人もハマります。
近日中に詳しくレビューしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月11日 (木)

プレミアムモルツのおまけ、ぺんてる「ENERGEL(エナージェル)」もらいました

ぺんてる ENERGEL プレミアムモルツ

普段おまけ目当てにビールを買うことなんてないんですが、よさげなボールペンがくっついているのを見てつい6本パックを買ってしまいました。
ジェル系のボールペンって個人的にはあまり得意じゃなかったのですが、これはいいですね。しばらくハマりそうです。


ぺんてる ENERGELについて
公式サイトによると、新開発ゲルインキを採用したボールペンで、2006年の「ステーショナリーオブザイヤー」にてグランプリを取った商品とのこと。
いろいろバリエーションがあったみたいですが、ページ自体が「過去の掲載商品」の中に入ってしまってるので、もしかすると廃番になった商品なのかもしれません。

今回サントリーのザ・プレミアム・モルツにくっついていたおまけは1.0mmの太字タイプで、170円の商品のようです。


出したところ
ぺんてる ENERGEL プレミアムモルツ

袋から出したところ。
プラスチックのペンですが、コバルトブルーのカラーで高級感はあるかな。
プレミアムモルツのロゴが邪魔ですが、まぁそこはしょうがないよね(^-^;)。


書き味
早速適当な紙に書いてみましたが、これがびっくり。
ものすごく濃く滑らかにインクが出てきます。
夜中に「おおっ」と声が出てしまったほど。

実はジェル系のボールペンって、「さらさらかけるけど突然インクが出なくなることも多い」ってイメージがありました。筆圧が強いせいもあるかもしれませんが、しばしばボールが回らなくなっちゃう感じだったんですよね。
でもこれはボールの引っかかり感、ごろごろ感がほとんどなく、サインペンや万年筆のような書き味です。普段は油性ボールペンですが、これなら常用したいと思わせるものでした。

あと、1.0mmでかなり太く濃く書けるのにもかかわらず、速乾性が高いのもいい感じ。うーん、もっと前に知っておけばよかった(^-^;)。


まとめ
食わず嫌いだったジェル系のボールペンも今後は使ってみようかなと思います。
1.0mmの太字が合うみたいなので、他のメーカのものも買ってみようかな。
そういやそろそろ今使ってるロットリングの後任もほしいなぁ。


関連サイト
ENERGEL|商品検索| (ぺんてる株式会社)
ENERGELのオフィシャルサイトです。
うーん、今は廃番なのかな…。

ザ・プレミアム・モルツ ビール サントリー
このボールペンのキャンペーン情報などは掲載されてないので、地域限定などのキャンペーンだったのかもしれません。

 三菱鉛筆「ピュアモルト トリプルペン(MSE-3005)」
トリオペンの後任としていいかな~と思ってるのがコレ。
ウィスキー樽を再利用したPURE MALTシリーズのプレミアムバージョンです。
値段も手ごろですし、振り子式ってところも僕の中ではポイント。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

トンボ鉛筆の携帯用ボールペン「Pfit」買いました

トンボ Pfit TOMBOW

休みの日も筆記具を持ち歩きたくて、携帯用ボールペン「Pfit」を買ってみました。
見た目はそう派手ではないものの、かなり考えられてます。
これはいいかも。


Pfitシリーズについて
トンボ鉛筆の携帯ボールペンです。
冒頭の写真のとおり大きなクリップが特長で、ポケットやノート等に挟んで持ち歩けるようになっています。
ボディカラーは全部で12色。今回は「アメジストパープル」を買ってみました。
なお、ボディカラーによらず、文字の色はすべてブラックみたいですね。


購入の背景
僕、会社に行く日は必ず胸ポケットに筆記具が入ってます。
3年ほど前の記事でご紹介しましたロットリングのトリオペンを今も使っていて、メモをとるときなどは無意識に手がポケットに行くようになってます。
「モノがいつも決まったところにある」というのは基本的なLifehackの1つですね。

ですが、休みの日はあまり筆記具を持ち歩く習慣がなかったんですよね。メモが必要なときはアドエスのメモアプリなどで代用してましたが、やはりアナログで書くものを常に携帯したいな~と思っていました。
幸いカバンは持っていくことが多いので、その中に放り込んでおけるようなサイズのものを探し、これに行きついたというわけです。


サイズ
トンボ Pfit TOMBOW

サイズ感はこんな感じ。
全長は90mmで、愛用のロットリングと比べると2/3弱程度くらいかな。
バッグの内ポケットに余裕で収まるサイズです。


クリップ部分
トンボ Pfit TOMBOW

クリップ部分のアップです。
手近にあまりいい素材がなかったので、マイレージカードに挟んでみました。
クリップはばねで大きく開くので、そこそこ厚みのあるものでも全く問題なく挟めます。
しかもクリップが当たる部分はラバー素材になっていて、挟んだ時にズレを防止するような仕組みになっています。これはなかなか考えられてるなと思いました。


使用感
確かに普通のボールペンよりは短いですが、書きづらいということはありません。
クリップがフラットになっているのも持ちやすさの1つなのかも。
ボールペンを出すときはノック式なんですが、戻すときはクリップを開けばOK。
ロットリングと同じ構造です。

書き味はごく普通の油性ボールペン。
ちょっと質の悪い紙に書いても、インクがかすれるなんてことはないです。
公式サイトには情報がありませんが、ボールサイズは0.7mmです。

そうそう、替え芯は「BR-VS33」というもの。
使い捨てじゃないところもも嬉しいですね。


購入場所・価格など
近くの文具店にて315円。定価でした。
もちろんネットなどを探せば安いところがあるんじゃないかと思ってます。


関連サイト
Pfit(ピーフィット)|トンボ鉛筆
オフィシャル情報ページです。
プレスリリースなどを見ると、発売は去年の7月くらいだったみたいですね。

ニューカラー登場!10本までメール便対応します!【ピーフィット PFit】

そもそも単価が低いので通販には向かない商品だと思いますが、まとめ買いならありかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 3日 (水)

2010年1月の人気記事ベストテン

グラフ

早くも2月。今年ももう1ヶ月終わってしまいました。
新年を迎えて一気に寒くなった1月、人気だった記事はこんな感じです。


第1位
PCデポでCRTを100円買取してもらいました(リサイクルがちょっと心配)

第2位
IKEAの壁直付けウォールシェルフ「LJUSDAL」購入しました

第3位
JavaScriptでHTMLを出力するときの小技(ヘッダメニューの続き)

第4位
IKEAのダイニングテーブルBJURSTA(ビュースタ)組み立てました

第5位
Panasonic 電球型蛍光灯「パルックボールスパイラル(E17口金)」購入

第6位
車載可能なポータブルDVDプレーヤ「PDV-768」買いました

第7位
エッソの「スピードパス(Speedpass)」作ってみました

第8位
ウィルス対策ソフトAVG Freeのアップデート失敗(解決しました:追記あり)

第9位
PowerPointでお手軽に大判印刷(ポスター)用データを作成する(Tips)

第10位
Wii「スイングゴルフ パンヤ」攻略サイト集まとめ


ランキングについて
IKEA関連の記事が人気でした。特にウォールシェルフ(壁棚)は壁への穴あけが必要だったりしますので、取り付けや組み立ての部分を確認したい方が多いのかな~と思います。
あとはPowerPointでポスター作成の記事が珍しくランクイン。学会や卒論などの発表が多い時期だったのかもしれませんね。

というわけで2月突入。
いくつか文房具系の記事を書きたいな~と思っていますので、乞うご期待です。


関連サイト
【業販特価!】ゾックス ZOX DS-PP109 車載可能7インチ液晶付DVDプレーヤー
おお、これはかなりよさそうですね。
バッテリは付属していないみたいですが、ACアダプタ・DC12Vケーブルは両方ついてますし、車載用バッグもちゃんとついてます。
どうせバッテリは補助的なものなので、クルマでの利用ならこれでいいんじゃないでしょうか。価格も安いですしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »