« ビジネスリュック「STYLO VETTURE」が特価999円 | トップページ | 2010年2月の人気記事ベストテン »

2010年2月28日 (日)

コルグ(KORG)のデジタルピアノ「LP-350(ホワイト)」買いました!

KORG コルグ LP-350 ホワイト 開けたところ

上の子がピアノを習い出して2年半くらいになります。
これまでは僕の古いシンセサイザー(KORG N264)で練習していましたが、そろそろ重たい鍵盤のものを弾かせてあげたほうがいいかな~ということで、今回デジタルピアノを購入しました。

僕がコルグびいきなこと、デザインがいいことという2点から、コルグの「LP-350(白)」を選択。うん、なかなかいい選択だったと思います。


外観・デザイン
KORG コルグ LP-350 ホワイト 閉じたところ

まずは気に入っているのがこのデザイン。
蓋を閉めると完全にフラットになる構造で、奥行きは300mmを切る大きさです。
しかもダンパーが入っていて、蓋がそっと閉まるところもお気に入り。
同じクラスの商品は蓋がなかったりするものも多いので、ここは選択の大きなポイントになりました。

あとはカラー。ここまで真っ白なものは少ないですよね。
ウチは壁紙が白く、床も白木に近いような色なので、重たく見える黒は置きたくなかったのです。


鍵盤・タッチ・音色
KORG コルグ LP-350 ホワイト 鍵盤

鍵盤はKORG自慢のRH3(リアルウェイテッド・ハンマー・アクション3)鍵盤というもので、かなり「重め」のタッチだと思います。
しかも低音のほうがより重く、戻りがゆっくりになってる感じ。
このあたりはグランドピアノと同じ構造になっているためだそうで、素人の僕から見ても、かなりよくできてるんじゃないかな~と思います。

なお、鍵盤が重いため、弾くとごとごと音がします。
これもピアノらしいといえばそうなんですが、夜中などは気になることがあるかもしれません。

音色は30種類。
ピアノ・エレピ・オルガン系がメインで、あとはストリングスとか。
まぁ30種類もあれば十分でしょう。
メインのピアノ音はグランドピアノをサンプリングしたとのことですが、鍵盤が重いためかすこしやわらかめの音に聞こえます。
タッチレスポンスは調整できるので、軽い力用にセッティングすると若干硬い音が出るようになりました。まだまだ子供のタッチが弱いのかな。


その他いろいろ
■組み立て・設置
重りがついた鍵盤の構造のためか、箱は40kgほどあります。
組み立て自体は難しくないのですが、一人では難しいですね。

■譜面立て
蓋をあけると譜面立てになります。

■ペダル
ちゃんと3本ついてます。
普通のピアノに比べるとすこし「ばね」が強い感じかも。

■メトロノーム
簡単なメトロノームがついてます。
基本はスライダー式ですが、ボタンと鍵盤を組み合わせた操作をするとぴったりのテンポに合わせることもできるみたいです。

■電源
ACアダプタです。
本体とスピーカー部分の間にすきまがあるので、僕はそこに置いてます。

■ヘッドフォン
ヘッドフォンが添付されてますが、見た目はちとチープかな。
僕は以前から持ってたもので聞いてます。

■椅子
椅子は添付されてないので、好きなものを選ぶことになります。
うちは簡単な3段調整の椅子を買いました。


購入場所・価格など
やはり実物を弾いてみて決めたかったので、横浜ワールドポーターズ内のミュージックランドKEY 横浜店にて購入しました。
LP-350の特設サイトにもあるように、価格は59,800円。
送料は無料でしたが、あわせて椅子も買ったので全部で6万円半ばでした。


まとめ
コストパフォーマンスはものすごくいいのではないかと思います。
価格的にデジタルピアノとしてはローエンドのクラスだとは思いますが、趣味や練習用としては十分すぎるんじゃないかな。
とはいえタッチや音については好みの部分が大きいですし、購入前にはぜひ試し弾きを。


関連サイト
LP-350 Digital Piano|KORG INC.
コルグのオフィシャルサイトです。
最近になって「赤」が出ました。これもびっくりの色ですね~。

価格.com - KORG LP-350 WH のクチコミ掲示板
価格.comでの口コミです。
みなさんの評価もかなり高いですね。

KORG LP-380 (送料無料)
実はLP-350についてはすでに生産終了で在庫限りになっているみたい。今は後継機のLP-380がありますので、こちらがおすすめですね。
もちろん楽天でも買えますが、アフターサービスが気になるので、できれば実店舗を持っている楽器屋さんのサイトで買うほうがいいと思います。
ここは老舗のIKEBEが運営しているので安心かな。送料も無料ですし。

|

« ビジネスリュック「STYLO VETTURE」が特価999円 | トップページ | 2010年2月の人気記事ベストテン »

もの>デジタルガジェット」カテゴリの記事

コメント

私もLP-305-WHを買おうか考えてたとこなんです。

この記事はすごく参考になりました

ありがとうございます

投稿: uma | 2010年4月28日 (水) 05:18

uma さん

コメントありがとうございます!
僕は本格的にピアノを習ったこともないですが、ずっしりくる鍵盤の重さは結構本格的だな~と思います。
子供もだんだん指の力がついてきたみたいですね。

あ、ヤマハやカシオと違い、電気屋さんやホームセンター的なお店にはあまり置いていないです。(もちろん注文すれば買えるようですが)
なので、まずは楽器屋さんに行って試してみてくださいね。

投稿: ガジェットWatch | 2010年4月28日 (水) 12:31

はじめまして。

LP-350を愛用しています。
見た目のすっきり感も気に入っています。

といっても、ピアノ初心者なので
他のものと弾き比べられなかったので
お店の人の実演アピールと
省スペース、フラットなフタに惹かれて選びました。

今は少し弾けるようになって、
ペダルは確かに本物より重く、
また、位置もちょっと高いので
裸足(靴なし)でかかとをつけて踏むのが辛い感じです。
ちょっと厚底のスリッパがあるといいかも。

弾いた音は低い音の方が良く響く気がします。
鍵盤の重さに関しては
習っているピアノ教室のアップライトの鍵盤の方が
めちゃくちゃ重いので
この鍵盤が重いかはわからないのですが(笑)

打鍵音がうるさめなのは納得です。
夜中に隣人から苦情がきました(集合住宅なので)。
ヘッドホン着用でも注意が必要です。

投稿: tama_mi | 2010年7月 9日 (金) 23:44

tama さん

遅れましてすみません。コメントありがとうございます!
確かに打鍵音はヘッドフォンをしてても響きますね。
いい鍵盤だからこそだとは思いますが。

子供の教室のところではアップライトのほうが軽いみたいなんですが、tamaさんの行かれる教室のピアノはこれより重いんですね~。
そりゃかなり鍛えられますね(^-^;)。

子供も発表会が近づいてきたので、ようやく本腰入れてピアノに向かうようになりました。
ちょっとずつでもうまくなると嬉しいみたいですね。

また遊びに来てくださいね。それでは~。

投稿: ガジェットWatch | 2010年7月14日 (水) 00:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153129/47688548

この記事へのトラックバック一覧です: コルグ(KORG)のデジタルピアノ「LP-350(ホワイト)」買いました!:

« ビジネスリュック「STYLO VETTURE」が特価999円 | トップページ | 2010年2月の人気記事ベストテン »