« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月27日 (木)

GIGAZINE様の懸賞に当選しました

GIGAZINE 懸賞 封筒

ちょっと前に届いていたのですが、ご報告が遅くなりすみません。
GIGAZINE様が4月に実施していた企画GIGAZINEからの2010年春プレゼント企画「アンケートに答えて、まとめて全部持っていってください」に当選しちゃいまして、先日賞品が届きました。
早くも今年の運を使い果たしたのではないかと、ちょっと心配です(^-^;)。


中身
GIGAZINE 懸賞 中身

当たったのは、プレゼントNo27番の「トライデントコンピュータ専門学校オリジナルグッズ詰め合わせ」でした。
中身は学校紹介やプロモーション用のグッズが多々。
なぜかロゴ入りの軍手まで入っていました。何に使うんでしょうね。

中央のDVDは学生さんの作品集。
ごくごく基本的なFlashのアニメーションから、かなり「おおぅ」と思うようなクオリティのグラフィックまで、いろんなものが詰まってました。
今後ゲームなどのクリエイターを目指してるけど、何から手を付けていいかわからないといった人にとっては、こういう資料は参考になりますよね。この学校に入るとこのくらいの知識・技能が身につくんだな~という材料になるんじゃないかと思います。


ジャンボも当てたいな
というわけで、今年はついてる年かもしれません。
早速ジャンボも買ってみましたよ。今回の当選で使い果たして…ではなく、この運を維持して当てたいな~。


関連サイト
GIGAZINEからの2010年春プレゼント企画「アンケートに答えて、まとめて全部持っていってください」 (GIGAZINE)
今回当選したプレゼント企画のページです。
GIGAZINさまありがとう!

トライデントコンピュータ専門学校 名古屋(ゲーム・CG・キャラクターデザイン・Web・CAD・情報処理)
賞品を提供していただいたトライデントコンピュータ専門学校のページです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月22日 (土)

au by KDDIのスマートフォン「IS02」の内覧会に参加してきました

IS02 au KDDI

先日の予告のとおり、auの新スマートフォン「IS02」の内覧会に参加してきました。まだアプリなどは調整中ということでしたが、キーボード派の僕としてはかなり期待できる端末に仕上がっていましたよ。
というわけで、写真をメインに、いくつか気付いたところや使用感を掲載します。

なお、この記事の写真はすべてクリックで大きなサイズを表示します。
まだ開発中の機器のため、実際の商品では若干違いがある部分もあるかもしれませんのでご了承を。


画面・サイズ
IS02 au KDDI

プレインストールされていた画像をスライドショーさせて撮影しました。
画面は4.1インチの有機ELで、明るく高精細で非常に綺麗。
表面には段差がなく、そこそこ狭額なので、画面そのものを取りだしたような感じになっています。


アドエスとの比較1
IS02 au KDDI

WILLCOMのAdvanced/W-ZERO3[es]との比較。
IS02のほうが、縦は短く横幅は大きいです。持ちにくいという印象はありません。
しかし僕のアドエス、使いこんでる感じが出てますねぇ…。


アドエスとの比較2
IS02 au KDDI

IS02、とにかく薄いです。カタログスペック(暫定値)で、厚さは12.9mm。
アドエスのキーボード部分だけよりも薄いくらい。
なんとキーボードのないXperia(13.1mm)よりも薄いそうで、ここは東芝の方もかなりこだわったとお話していました。


手に取ったところその1
IS02 au KDDI

手に取ったところ。
暫定スペックで158gとのことですが、そんなに重さは感じません。
僕の手は普通か若干小さいくらいだと思いますので、参考にしてください。
iPhoneなどを見慣れていれば全く違和感ない大きさです。


手に取ったところその2
IS02 au KDDI

キーボード下から見るとこんな感じ。液晶側の薄さ、伝わりますかね~。
ちなみに本体にストラップ穴はありませんでした。
なので、こういう持ち方のときにストラップがないと心配だな~という人(僕もそうです)は、iPhoneと同様にジャケットをかぶせるなどして対応するしかないかも。
なお、向かって右上に見える小さな穴はマイク部分だそうです。


左側面
IS02 au KDDI

本体に向かって左側面です。
見えているボタンは電源ボタン。


右側面
IS02 au KDDI

本体に向かって右側の面です。
写真右側から、カメラのシャッターボタン・音量ボタン(シーソー式)。
親指がかかってるあたりにMicroUSB端子があります。


MicroUSB端子
IS02 au KDDI

MicroUSB端子です。IS02の唯一の端子がこれ。
他にコネクタなどは一切なく、充電・パソコンとのSync・ヘッドフォン接続などをすべてこの端子で行うことになります。個人的にはヘッドフォン用の3.5mmジャックは別途用意してほしかったですが、さすがにこのサイズに詰め込むのはムリだったのかな。

なお、MicroUSB端子の蓋はご覧のとおりの形状。
頻繁に使う端子なので、僕がもし買ったら蓋は取ってしまうかも。
アドエスも、MiniUSB端子の蓋は取っちゃいましたし。


背面・バッテリ
IS02 au KDDI

背面ですが、ご覧のようにパネル全体がはずれます。
ここからバッテリ・SIM・MicroSDカードにアクセスできます。
ちなみにパネル側の穴はカメラ用のものです。

MicroSDの交換時はバッテリを外す必要がありました。
バッテリの左上に見える黒いのがMicroSD、バッテリ左に見えるのがSIMカードですね。


気付いたところ
それでは、ハードやソフト周りなどで気付いたところをつらつら。

■動作、さくさく
アプリを複数立ち上げても、待たされ感はほとんどありません。
通信速度もそこそこ出ていたようで、マーケットプレイス用のアプリ(700KB程度)を入れてみたときもかなりスムーズにダウンロードできていました。
さすがSnapDragon。

■パネル側のボタンを間違って押しちゃう
IS02、液晶下部にタッチ式のボタン部分が3つあります。
電話をかけるボタン・Windowsボタン(アプリ一覧などを表示)・そして終話ボタンなのですが、キーボードをあけるときについ「電話をかけるボタン」を押してしまうことが何度もありました。
ブラウザを立ち上げて横画面にしたと思ったら電話履歴などが表示されるので、かなり戸惑います。まぁ、慣れで改善できる部分だとは思いますが。

■マルチタッチ
できなかった…と思います。
まぁ普段アドエスしか使ってないので、特に不便はありませんでしたが。

■キーボード
アドエスより軽いタッチです。
アイソレーションタイプなので、押し間違いは少ないかもしれませんがやっぱり慣れは必要かな。
あと、独立テンキーがないので、数字は「数字モード」もしくはfnキーと併用での入力になります。

■ブラウザ
IE Mobileが標準のようです。
Flash(YouTube含む)なども普通に見れてました。

が、僕はどうも慣れてなくて操作に戸惑うところも多々。
キーボードを出すと横画面になるんですが、そのとき自動的にズームされちゃったり…など。設定で変えられるとは思うんですが、そこまではチェックできませんでした。
まぁOperaという選択肢もありますし、そこまで気にするポイントではないのかも。

■アプリマーケット
MSのアプリとして提供されてます。
iTunesをそんなに触ったことがないので何とも言えませんが、「おすすめアプリ」なども表示されており、割合使い勝手は良さそう。
Twitterアプリやゲームなどが「おすすめ」として紹介されていました。
ざーっと見た感じではau独自のアプリマーケットなどは用意されていなかったみたいです。

■ほんのりあったかい
本体裏側があったかくなりますね。
開発担当の方(だと思う)は「他社のものも、SnapDragon搭載機はどれもこんな感じですね~」とお話しされてましたが。
うーん、そのうちケータイにもファンが入ったりするのかも(笑)。


質問・気になるところなど
当日は、Windows Phone Fanのご担当の方を先頭に、au・東芝・Microsoftの各ご担当からプレゼンがありました。
そのあとの質疑応答の時間でのやりとりなどを書いておきます。

■テザリングは?
「PCとのUSB接続およびBluetoothで可能」とのこと。
あえて「Wi-Fi」という言葉が出なかったので、以前どこかで書かれていたようにWi-Fiでのテザリングはできないみたいですね。なので、PocketWiFi代わりに使うのは難しそう。
それでもBluetoothでテザリングができるってのは素晴らしいです。

■本体価格は?
僕が質問してみました。
「まだ正式決定していないが、そう高くない『お手ごろ価格』で出したい」とのこと。
うん、期待してますよ!!

■発売日は?
正式な発売開始日は決定してないみたい。
「オフィシャルとしては、6月以降とさせてもらっている」との回答でした。

■アクセサリー等は?
交換用のバックパネルなどは発売するの?という質問でしたが、現状では東芝(もしくはau)として特にそういったものは計画してないとのこと。
ちょうどサードパーティのメーカーさんもいらしていたようだったので、その方に「がんばってください」とお願いしてました(^-^;)。

■Ustreamは?
質疑応答後に個別に担当の方に聞いてみたところ、「Ustreamの生中継もいけるはずです」との回答でした。
うん、これはかなりプラスですね。


まとめ
というわけでざーっとまとめてみましたがいかがだったでしょうか。
僕のなかではかなり欲しい端末になりました。
価格だけが心配ですが、auの方が行っていた「お手ごろ価格」だったら買ってしまうかな~。
正式発表が待たれるところです。


関連サイト
IS02|携帯電話|IS series
auのオフィシャル商品情報ページです。

IS02/内覧会のご案内/概要・募集案内 (Windows Phone)
今回出席させていただいた内覧会のお知らせページです。

Windows Phone FAN 2010.05.21 IS series IS02 Event
今回のイベントのUstream中継です。
各社のご担当のプレゼンなど、ぜひご覧ください。(1時間弱ほどです)
※実は僕もちょっとだけ(足だけ?)映ってます。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2010年5月20日 (木)

au by KDDI の新スマートフォン「IS02」の内覧会に参加してきます!

auが夏に発売開始を予定しているWindows Mobileのスマートフォン「IS02」の内覧会が明日(5/21)に行われることになり、先日応募してみました。なんとか募集人数に入ることができたようなので、明日一眼持って触ってきてみようと思います。

IS02、僕の中では今使っているAdvanced/W-ZERO3[es]の後継機として最右翼。
実機にさわれるのが楽しみです。


気になるところ
個人的には下記のような点を見てこようと思いますが、他にも気になるところがあればコメントなどでお知らせください。
後日当Blog内でご紹介しようと思います。(非常に時間が短くて恐縮ですが…。)

■ハードまわり
- マルチタッチ?
- キーボードの感触
- キーボードショートカットなどはあるか?
- 充電方法は?音楽を聞くには?
- 画面の視認性は?
- 電池の持ちは?
- カメラの使い勝手は?

■ソフト・アプリまわり
- アプリのマーケットは?
- 僕が常用しているいくつかのアプリはちゃんと動くか?
- 独自UI(NX! UI)の使い心地は?また、標準の「Today」にもできるのか?
- Twitterは快適か?
- もっさり感・さくさく感はどのくらいか?
- (ベンチマークとして)Google Mapsの使い心地は?

■契約まわり
- 本体価格は?

なお、いくつかの疑問点(料金体系やモデムとしての利用など)についてはすでに下記ページにまとめられていますので、気になる方はご覧ください。

IS02/よくある質問/通信 (Windows Phone)

ともかく今から楽しみです。
明日すぐにレビューが書けるかどうかは分かりませんが、こうご期待。


関連サイト
IS02/内覧会のご案内/概要・募集案内 (Windows Phone)
Windows Phone主催の内覧会募集の概要ページです。

IS02|携帯電話|IS series
auのオフィシャル商品情報ページです。

IS02(au/TOSHIBA):業界最速動画レビュー (YouTube)

週アスPLUSのレビュー動画です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

ちっちゃいけどおいしい!無印良品「自分でつくる 米粉のマフィン」作りました

無印良品 自分でつくる 米粉のマフィン パッケージ

子供と一緒に無印に行ったとき、こんなのを買ってきました。
無印良品のマフィンミックスです。
初めてでしたが、これかなりいいですよ。おススメです。


「自分でつくる 米粉のマフィン」とは
無印良品の手作り製菓材料の1つです。
最近無印はかなり手作り系商品に力を入れてますよね。
バレンタインやクリスマス用の商品も多いのですが、普段使いの食材も多く見かけるようになりました。

この「自分でつくる 米粉のマフィン」もその1つで、基本的には混ぜて焼くだけ。バターなど別途必要とするものもありますが、お菓子作りの経験がなくてもそう難しくはないと思います。
子供と一緒の日曜日だったので、遅い朝食代わりに作ってみました。


焼きあがり
無印良品 自分でつくる 米粉のマフィン 焼きあがり クリックで拡大
(クリックで拡大します)

焼きあがりはこんな感じ。
付属のカップに入れて焼くんですが、大きさはお弁当用のカップほど。
大人なら2~3口くらいで食べられるほどの小さなマフィンが10個できました。

気になる味はシンプルだけど本格的。
焼いてある外側の部分はさっくり感があり、中身の部分はしっとりしていて、小さいけれど有名店のマフィンを食べているような感じです。
小麦粉が入ってないのにこんな本格的な感じになるとは驚きですね。

甘さもやさしく、ジャムなどがなくてもぱくぱくいけるおいしさ。
子供たちは先を争って食べてしまい、僕は1個半しか食べられませんでした(^-^;)。
あ、僕と違って味覚がちゃんとしてる妻も認めてましたよ。


無印、侮れません
無印良品の手作り食材って、思った以上に本格的ですね~。
その分作るのが大変なものもあるようですが、これは簡単。
休みの日にパパの威厳を見せたいな~なんて思ってるかた、おススメですよ。


関連サイト
無印良品ネットストア[自分でつくる 米粉のマフィン10個分]
商品のオフィシャルサイトです。
ね、おいしそうでしょ?

無印良品「米粉のマフィン」で実験、卵・乳なしで作る場合
アレルギーの子供さんのために、この商品を卵・牛乳なしで作るレシピを公開されています。なるほど、こういうやりかたがあるんですね~。

米粉のマフィン、ゴマとかぼちゃで☆ (織女のHappyひとりごはん)
ゴマやかぼちゃを入れてアレンジされてます。うわ、おいしそう!

LOVE 無印の手作りキット 自分でつくる 米粉のマフィン
写真がきれいですよね~。
僕が作っても結構きれいにできたので、普段料理をしないパパでもOKですよ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

エビスとは違う?サッポロプレミアムビール「ファイブスター」飲みました!

サッポロ プレミアムビール ファイブスター

先日ふとコンビニに寄ったら新しいビールが出てるじゃないですか。
プレミアム、しかも限定ということで、ビール好きな僕が買わない理由がありません。
わくわくしながら買ってきましたので、以下レビューです。


サッポロ「Five Star(ファイブスター)」とは
本場札幌にある「サッポロビール園」でしか飲めないプレミアムビールです。
サッポロビール園ができた翌年の1967年に販売開始したのですが、エビスと競合するため販売をやめたとのこと。しかし、その後時を経て2006年に復活しているそうです。
オフィシャルサイトによれば、「ドイツ風の本格的な高濃度、高アルコールの淡色ビール。濃醇でたっぷりコクのある味わい」とのこと。うん、期待が高まります。


エビスとは違ったプレミアム感!
写真を撮るのもそこそこに、早速グラスについで飲んでみました。
そのキャッチから「重い」感じを想像していましたが、口当たりは意外とスムーズ。普段飲んでいるラガーなどと比べると炭酸がきつくなく、滑らかな感じがしますね。

味は確かにプレミアム。
エビスのようなぐぐっとした重さも、プレミアムモルツのような独特の香りも少ないですが、普通のビールと比べるとやはり味(うまみ?)が濃い感じがします。
うん、これはかなりおいしいです。

色は淡色系で、グラスについでしまうと他のビールと変わらないです。が、その分「単純な見た目で勝負してるわけじゃない」というこだわりが感じられるかな。


まとめ
非常に僕好みのビールで気に入りました。
できればエビスの超長期熟成のように「期間限定だけど年間何回かは販売する」といった、準定番商品としてラインアップされてほしいな~と思います。

ビール業界は最近なかなかつらいですが、こういった商品は嬉しいですよね。
発泡酒でも第3のビールでもない、本来のビールが大好きな僕にとってはぜひぜひがんばってほしいところです。


購入場所・価格など
近くのローソンで224円。
数量限定かつコンビニ限定販売らしいので、気になった方はお早めに!


関連サイト
サッポロビール | サッポロファイブスター
ファイブスターのオフィシャルサイトです。

サッポロビール園 - ファイブスター
サッポロビール園のサイト中のコンテンツです。
いやー、やはり現地で飲んでみたいなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

使い倒す道具?Victorinox「フォーリスターNL」買いました

Victorinox ビクトリノックス フォーリスターNL

Amazonのギフト券があったので、以前から欲しかったVictorinoxのフォーリスターNLを買ってみました。
ある意味Victorinoxらしからぬハード仕様なナイフ。
以下、写真と一緒にレビューです。


購入の背景
もともとツールナイフが好きで、Victorinoxはこれで3本目になります。
これまでの2本はどちらかと言うとライトユース向けで、ロック機構がなかったんですよね。なので、もう1本ヘビーデューティ向けのナイフを見てみたいなぁと思っていました。

で、どうせ買うなら一番ヘビーなものと思っていたところ、Amazonでかなり安く売られているのを見て即決してしまったという次第。このシリーズにはほかにも数種類あるのですが、価格が安かったのと「のこぎりがあったら便利かな」と思っていた2点で、このフォーリスターにしてみました。

ちなみに1本目は最も一般的な「スタンダードスパルタン」、2本目は数年キーホルダーとして使っていた「マネージャー(スケルトン)」でした。マネージャーについては以前Victorinox ナイフ「マネージャースケルトン」という記事でレビューしていますので、興味がある方はあわせてご覧ください。


機能
Victorinox ビクトリノックス フォーリスターNL ブレード

機能は「ナイフ」「のこぎり」「リーマー(穴あけ)」など全12種類。
大型のナイフと大マイナスドライバーの2つのブレードについては、ブレードを開いたと同時に「ライナーロック」というロックがかかり、不意に逆側から力がかかっても閉じることがありません。
アウトドアでヘビーに使うためには、やはりロック機構は必須ですよね。

全体の大きさが大きいので、各ブレードも当然大きくなってます。
大型になったマイナスドライバーも、ドライバー以外の利用方法が多そう。


大きさの比較
Victorinox ビクトリノックス フォーリスターNL スタンダードスパルタン マネージャー 比較

他のVicotinoxとの大きさの比較です。
今回買ったフォーリスターが一番上で、以下「スタンダードスパルタン」「マネージャー」。もっともよく見かけるのは真ん中のサイズだと思いますので、それから比べると1~2まわりは大きいですね。


ブレードの比較
Victorinox ビクトリノックス フォーリスターNL スタンダードスパルタン マネージャー ブレード比較

メインのナイフ部分のみ大きさ比較してみました。
これもボディサイズと同様にそれぞれひとまわり以上大きが違います。

ブレードの厚さもそれぞれで異なっていて、今回買ったフォーリスターのブレード厚は約2mm。普通のツールナイフでは躊躇しそうな作業(木の枝を払うとか)でも難なくこなせそうな感じです。


実用性・他
まだアウトドアで使ってないので何とも言えませんが、やはりヘビーデューティ仕様だけあってかなりラフに使えそうな印象を持ちました。特にロックがかかるメインブレードは料理から竹を割る程度の作業までマルチに使えそうな感じ。しかもナイフのブレードはボディのほぼ中心線上にあるので、使用時に違和感はないと思います。キャンプなどなら、これ1本あればかなり役に立つんじゃないかな。

難点としてはヘビーデューティな分デザイン性がちょっと劣ること。
この手のツールナイフって「小さなボディへの凝縮感」ってのが重要だと思うんですが、でかいだけにかなり道具っぽさが強調されている感じはします。ハンドル部分のロゴマークも、このモデルだけ印刷ですしね(他のモデルはシルバーのロゴが張り付けてある)。

とはいえ、そのロック機構はデザインなどの部分を補って余りある安心感があります。今度アウトドアのイベントがある機会があったら、ぜひ持って行ってみたいと思っています。


関連サイト
VICTORINOX JAPAN
今回買ったフォーリスターのオフィシャル情報サイトです。

VICTORINOX(ビクトリノックス) フォーリスターNL BK 保証書付 0.83633 【日本正規品】
購入したAmazonのページです。
今日現在ではAmazonが圧倒的に最安ですね。
Amazon、なぜかアウトドアやナイフ系は非常に強いです。

Victorinox ナイフ「マネージャースケルトン」
レザーマン squirt P4 (スクォートP4) 購入
スイステック Utili-key(ユーティリキー)レビュー
これまで当Blogでご紹介した各種ナイフの記事です。
これ以外にもいくつか持っているので、そのうちまとめてご紹介できればと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

ポトスの植え替え(セラミスでハイドロカルチャーに)

ポトス セラミス ハイドロカルチャー

4年ほど前にポトスの切り戻しと植え替えでご紹介したポトス。
さすがに4年も経つと見栄えが悪くなってきたので、芽の部分だけを再利用して植え替えました。


伸びました
ポトス

これが今回のターゲットのポトスです。
4年前の写真と比べるとだいぶ変わりましたね。
つるが元気よく伸びたのはいいのですが、逆に根元の部分の葉はかなり落ち、すかすかな状態になってしまっています。

エコスギもだいぶ傷んできましたし、根も張りすぎ。そんなわけで、4年も経った葉っぱについてはお役御免にすることにして、先端だけを使って挿し芽にすることにしました。


切り取りました
ポトス 芽 切り取り

つるを切り、元気な部分だけを植え替え用に選定します。
ポトスは非常に丈夫で、最低限葉っぱ1枚と気根1つがあればそこから再生するんですが、今回は葉っぱ2~3枚ずつでつるを切り、下の葉を取って挿し芽としました。
(葉が1~2枚、気根が2つずつになるようにしました)

植え替えまでの間、メネデールを入れた水に10分ほど挿しておきました。


根ぐされ防止材
鉢 根ぐされ防止材

さて植え替え開始です。
まずは根ぐされ防止材(商品名:スーパーミリオンA)を鉢底に敷きます。
水質を改善する効果があるそうで、僕は必ず入れるようにしています。


セラミス投入
鉢 セラミス

鉢底にセラミスを少しずつ入れていきます。
このくらいセラミスが入ったところで先ほど切った芽を中央に入れ、周りからざざ~っとセラミスを入れて固定します。
思ったよりちゃんと固定できるものですよ。


できあがり
ポトス セラミス ハイドロカルチャー

というわけで冒頭の写真のとおり出来上がりました。
先ほどのメネデール入りの水を少し多めに(鉢の半分くらいまで)入れ、あとは根っこが出てくるのを待つだけ。
ここのところ初夏の陽気なので、1週間もするとだいぶ根が出てくるんじゃないかな~。


もう1つやるつもりです
他にも数年前に植えてそのままになっているハイドロカルチャーの鉢があるので、近々植え替えてやりたいと思ってます。
いい出来になったらまた記事にしますね。


関連サイト
いつも用土代わりに使っている「セラミス」です。
ガラス鉢など穴のない鉢で植物を育てることができるので、室内の観葉植物用によく使われています。
いろいろ使ってみましたが、個人的にもセラミスが一番楽かな~と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

ミスタードーナツのポイントで「ポン・デ・ライオン D-CLIPS」入手しました!

ポン・デ・ライオン D-CLIPS 外観

ミスドクラブの景品で、こんなものをもらってきました。
人気文具「D-CLIPS」とミスタードーナツとのコラボレーションで生まれた、ポン・デ・ライオンのD-CLIPSです。
ミスドの通年商品になるそうなんですが、これはなかなかいいですよ。
ミスドファンにも文房具ファンにもおすすめです。


D-CLIPSとは
デザイン文具メーカーのミドリという会社が作っている、キャラクター型になったゼムクリップです。
クジラやペンギンなど、現在のバリエーションは16種類。

今回はコラボレーションということで、ポン・デ・ライオンとD-ピピコ(D-ポップのキャラクター)の2種類を作ったそう。結構ディテールが難しいという気がするのですが、さていかに。


開けたところ
ポン・デ・ライオン D-CLIPS 開けたところ

箱を開けたところです。
箱はスライド式で、フリスクより一回り大きい感じかな。
中にはクリップが10本入っているとのこと。
オリジナルのD-CLIPSは30本入りなので、やっぱり造形に凝っているだけに内容量は少ないのかもしれません。


中身
ポン・デ・ライオン D-CLIPS 中身

中身はこんな感じ。
ミスタードーナツオフィシャルサイトの壁紙と比べてみると、確かになんとなくそんな感じにも見えるかも(^-^;)…。

いやいやここは想像力が大事ですよ。
みなさんもまさにポン・デ・ライオンに見えますよね?


挟んでみたところ
ポン・デ・ライオン D-CLIPS 挟んだところ

クリップを挟んでみたところです。
当然輪郭部分しかなくなってしまうので、さすがにこの状態で「ポン・デ・ライオンだ!」ってわかる人はかなりのミスド通ですね。
もとネタが分からない人から見れば「木?」という感じでしょうか。


まとめ
再現性はさておき、箱もモノもかわいいので、ファンならぜひ手にいれましょう!
次回はD-ピピコバージョンも入手してこようと思います。


関連サイト
ポン・デ・ライオン D-CLIPS -ディークリップス-(10個入り) (ミスタードーナツ)
ミスドクラブのオフィシャルページです。
もしやピピコのほうがシルエットだけでも判断しやすいかも?

ミドリスタイル D-CLIPS(ディークリップス)
コラボレーション元になったD-CLIPSのオフィシャル商品ページです。
個人的にはネコ、リス、ワニあたりがかわいいですね~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

2010年4月の人気記事ベストテン

グラフ

世の中ゴールデンウィーク突入ですね。
4月は寒かったですが、やっと暖かくなってきて、初夏のような天気になってきました。
そんな寒かった4月、人気だった記事はこんな感じです。


第1位
エッソの「スピードパス(Speedpass)」作ってみました

第2位
JavaScriptでHTMLを出力するときの小技(ヘッダメニューの続き)

第3位
ウィルス対策ソフトAVG Freeのアップデート失敗(解決しました:追記あり)

第4位
PCデポでCRTを100円買取してもらいました(リサイクルがちょっと心配)

第5位
IKEAの壁直付けウォールシェルフ「LJUSDAL」購入しました

第6位
コルグ(KORG)のデジタルピアノ「LP-350(ホワイト)」買いました!

第7位
IKEAのウォールシェルフ「KLANG」購入

第8位
PowerPointでお手軽に大判印刷(ポスター)用データを作成する(Tips)

第9位
IKEAのダイニングテーブルBJURSTA(ビュースタ)組み立てました

第10位
ロットリング トリオペン用の替え芯購入 (PILOT BRF-8Fシリーズ)


ランキングについて
今月はわりあい古い記事が多く、「いつも通り」のランキングになりました。
そんな中で頑張ったのはコルグ「LP-350」の記事。安いものではないですし、場所もとるので、購入前に気になる方が多いのかなと思います。
今のところ子供もがんばって弾いてるようです。

さて5月、GW突入ですね。
今月もちゃんと更新できるよう、いろいろネタを探しますよ~。


関連サイト
KORG コルグ LP-350 WH ヘッドフォン付♪ 【送料無料】
アフターサービスを考えると、ネット購入する場合でもできれば実店舗を持つ楽器屋さんのサイトで買うほうがいいと思います。ここは老舗なので安心かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »