« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月21日 (水)

ずっしりめの7%ビール!アサヒ「宵音」飲みました

アサヒ ビール 宵音

スーパーに寄ったとき、いつものようにビールコーナーをのぞいたら、こんなビールが販売されていました。
アルコール度7%の麦芽100%生ビール。アサヒの「宵音(よいね)」です。
しかも限定とくれば買わない理由がないですよね。
さっそく買ってきて飲んでみました。


しっかりしてます
あわてて写真を撮って、さっそく一口。


おお、ずっしりだ!


まず最初の感触は「ずっしり」。
アルコール度数が高いこともあり、ドイツの濃い色のビールのようにしっかりした飲みごたえのビールです。とはいえドライ系ビールのように妙に強さを強調しているわけでもなく、ぐぐっと飲み干せる感じ。

7%ということで、飲む前はちょっとアルコールくさいところもあるかな~と想像していましたが、そんなこともないです。これは酒飲みには危険なビールかもしれません(^-^;)。


イオンで売ってます
オフィシャルサイトによれば、本商品は「イオングループ各チェーン限定発売商品」とのこと。僕はイオン関連のスーパーで見ましたが、近くにジャスコとかがある方はラッキーですよ。濃いビール好きな方はぜひお試しを。


関連サイト
アサヒ 宵音 (アサヒビール)
このビールのオフィシャルサイトです。
つい先日、2010年7月13日から限定販売されているようですね。
僕も次に見かけたらもう数本買ってこようかと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月14日 (水)

「東京タワーはマッチ棒何本で作れる?」…フェルミ推定って面白い!

マッチ棒

RSS経由で読んでいる「MarkeZine」に、原寸大の東京タワー模型は、マッチ棒何本で作れる? マーケターのためのフェルミ推定問題集という記事が載りました。

「○○推定」とか聞くと確率論などの理系的な学問を想像しますが、実際はもっと柔らかい感じの記事でした。
皆さんもぜひ試してみてください。


フェルミ推定とは
記事によると「実際に調査するのが難しいようなとらえどころのない量を、いくつかの手掛かりを元に論理的に推論し、短時間で概算すること。オーダーエスティメーションともいわれる。」だそうです。
つまり、手がかりがないような課題を、既に知っている値や想定される手近な値で推定・概算していくという手法のようですね。
仕事はこういった「想定」「推定」の積み重ねですし、社会人の方ほど必要とされる力かもしれません。


じゃ、早速チャレンジ!
以下、僕の考え方を書きます。
ここから先はすぐに見ないで、ぜひ皆様もチャレンジを。

■考え方(ガジェットWatch版)

(1)東京タワーを大きな四角錐と想定。
高さは333m。底辺の長さはよくわからないけど30mとしました。

(2)タワー全体が「小さな四角錐の集まり」でできていると想定。
最小単位となる四角錐は1辺が1m、10cm角の鉄骨でできているものとした。
鉄骨で作った小さなピラミッドのようなものが重なってるイメージです。

(3)タワー全体に最小単位の四角錐がいくつ入るかを計算。
底面では30(m)×30(m)で90個。
これが縦に333個積みあがるわけだけど、上部はだんだん少なくなっていくから、四角錐の体積の考え方(底面積×高さ÷3)を使って、90(個)×333(段)÷3 = 9990(個) 。
つまり単位四角錐が約1万個で成り立っている、ということに。

(4)最小単位の四角錐をマッチ棒で作ることを考える。
マッチ棒を長さ5cm、太さ2cm角とすると、さっきの鉄骨1本は長さ20倍、太さ50倍。
つまり、鉄骨1本はマッチ棒換算で 50 × 50 × 20(本) = 50,000(本)。

最小単位の四角錐は鉄骨8本でできているから、1単位はマッチ棒で言うと
50,000(本)×8 = 40,000(本)。

そして東京タワー全部ではこの単位が10,000個あるから、全部で
40,000(本)×10,000(個) = 40(億本)!

というわけで、「原寸大の東京タワーを再現するにはマッチ棒40億本が必要」という結論となりました。


思考実験、面白いです
ここまでの思考はすべて紙とペンでできました。
Google先生のお世話になることもなく、既存知識と推測だけの結果。

もちろん実際にやってみたら全く違う数値になるでしょう。でも、すでにある知識と知識を紐付けて「海のものとも山のものともわからない」数字をひねり出すのは非常にいい訓練になるんじゃないでしょうか。
たとえそれが推定だらけだとしても、ロジックがしっかりしていれば納得性は高まりますし、明らかになった時点で数字をはめ込んでいけばさらに精度が上がりますし。
本連載は6回予定とのことなので、またチャレンジしてみたいと思います。

あ、ちなみに筆者の方の数とは「桁」までは一致しました。
考え方はかなり近くてちょっとうれしくなったり。


関連サイト
原寸大の東京タワー模型は、マッチ棒何本で作れる? マーケターのためのフェルミ推定問題集(1) MarkeZine(マーケジン)
今回楽しませてもらった記事です。
次回も楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

すごく新鮮!横浜CATS見てきました(クルマで行きました)

CATS

先日家族で横浜のCATSを見に行きました。
五反田の頃には何度か見てますが、横浜に来てからは初めて。
いろいろ新鮮で楽しかったです。


クルマで行きました
今回初めて下の子(5歳)も連れて行ったので、行き帰りが電車だとそれだけでハードだな~という予想のもと、クルマで行くことにしました。公共交通機関のほうが望ましいのは確かですが、会場(キヤノン・キャッツ・シアター)近辺にはいくつか駐車場があるので、予想通り楽に行くことができました。

今回停めたのはタイムズ 新高島臨時駐車場。「臨時」とはいうものの、ちゃんと舗装してある普通の駐車場でした。
おそらくこれからビルなどの建設計画があるので「臨時」になっているのだと思いますが、シアターの目の前ですし、しばらくはここが使えそうです。

料金は最初の60分が500円、その後は30分ごとに260円。
ただし上限が決まっていて、平日は1200円で土日祝日は2400円です。
今回は日曜日でしたが、平日なら結構安心して止められるのでは。


いろいろ違ってた!
さて中身について。
五反田から久々だったので忘れていたことも多かったのですが、それでも「あ、違ってる!」って気付いたポイントがたくさんありました。

まずは2階席がなくなったこと。
ちょっと小ぢんまりした感じもしますが、その分猫たちが近くなったので、これはこれで良かったんじゃないかな。噂の「ジェリクルギャラリー」がなくなった(僕は未体験でした)のはちょっと残念ですが。

あとはネタばれになっちゃうので詳しくは言えませんが、マキャビティが「こんなところから!?」とか、「あ、靴が横浜にちなんでる!」とか、結構変更点がいろいろ。
何度か見た僕にとっても、すごく新鮮な感じ。これはまた見なきゃ。


下の子にはまだ早かったかな…
パパ・ママと上の子(8歳)はすごく楽しんでみてましたが、下の子はどうも飽きてしまったようです。ぐらぐら動くのをなんとか押さえてるので必死。もう少しおとなしくしてくれてればもっと楽しめたのですが、まぁ男の子なんてそんなもんなのかもしれないですね。

とはいえそれも子育ての思い出の1つ。
ちょっと無理しても本物を見せるのは大事だな~と思った帰り道でした。


関連サイト
劇団四季 作品紹介(ステージガイド) キャッツ
劇団四季のオフィシャルサイトです。
Blogには横浜球場に猫たちが出かけて行った記事などもあり、なかなか地元密着感があって楽しめます。

タイムズ駐車場検索 - 新高島臨時駐車場
停めた駐車場です。
CATSを見ただけだったので、結局上限までは行かずに1,800円でした。
利便性を考えれば高くはないかな。

劇団四季/劇団四季ミュージカル 「CATS」オリジナル・キャスト
公演初期のころの、オリジナルメンバーによるCDです。
いまだに販売しているところがほんとすごいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

買っちゃいました!ダイソン掃除機「DC26 タービンヘッド コンプリート」

ダイソン DC26 タービンヘッド コンプリート 箱

結婚した時に買った10年モノの掃除機をついに買い換えました。
妻が2年くらい欲しい欲しいと言ってたので、思い切ってダイソンに。
掃除機の中ではハイエンドの価格帯になりますが、音やゴミ捨て部分など、皆様が気になるところをレビューします。


購入した商品
購入したのはダイソンの「DC26 タービンヘッド コンプリート」。
簡単にダイソンのラインナップ(2010年現在)を紹介すると、こんな感じになってます。

■DC22シリーズ
大型のキャニスターシリーズの掃除機。
おそらく日本に入ってきたときに大々的に宣伝していた「DC12」の後継ですね。

■DC26シリーズ
サイクロン部分を一部簡略化し、大幅に小型化したシリーズ。
日本ではこれがメインストリームだと思います。

DC26には3モデルあり、本体上部の色で区別できます。
- 黄:タービンヘッド エントリー(コンパクトモデルのエントリー機)
- 青:タービンヘッド コンプリート(黄に加え、付属ブラシ3本が追加)
- 紫:モーターヘッド コンプリート(青に加え、ヘッドが電動回転する)
今回買ったのは青の「タービンヘッド コンプリート」です。

■DC24シリーズ
いわゆる縦型掃除機。
とはいえ日本のスティック型掃除機を想像しているとびっくりするほど大きく、部屋の片隅に立てておくにはかなり場所をとります。

■DC31シリーズ
充電式のハンディ掃除機。
これも独特な形をしています。


組み立てたところ
ダイソン DC26 タービンヘッド コンプリート 外観

掃除機らしからぬこのメカ感、思ったよりいいです。
以前にくらべコンパクトな本体なので、凝縮感がありますね。


サイクロン部
ダイソン DC26 タービンヘッド コンプリート サイクロン部

サイクロン部分のアップ。
この漏斗のような部分を高速回転する空気が通ることで、ゴミと空気をより分けているとのこと。
何度見ても頭で理解しにくい仕組みです(^-^;)。


これまでの掃除機との比較
ダイソン DC26 タービンヘッド コンプリート これまでの掃除機と比較

これまでの10年選手の掃除機と並べてみました。
ダイソンのほうが一回り小型に見えますが、同じ場所にしまってみると同じくらい場所をとります。
クリアパーツなどが多くて下が透けて見えるため、より小さく感じるのかもしれません。


使用感
それでは数日使ってみた感想です。

■ゴミ、ものすごく取れます
評判どおり、ごみ・埃はものすごくとれます。
うちは畳やカーペットがなくほぼ床なのですが、それでも「どこにこんなに土ぼこりが?」というほどクリアビンが埃だらけになりますね。
これはほんとに気持ちいいです。

■やはりすごい音
購入前にもいろんなレビューで見ていましたが、やはりそのとおりうるさいです。10年の掃除機と比べてもかなりうるさいので、最近のサイレント系掃除機とはかなり差があるんじゃないでしょうか。
ただ、パワーを弱いほうにするとだいぶ騒音は緩和されました。あと、タービンブラシを回らなくするとそれだけでだいぶ騒音は緩和されますね。
こればっかりはなかなか伝えづらいので、ぜひお店で試用を。

■ゴミ捨てにはビニール袋必須
CMではゴミ箱の上でクリアビン(ごみのたまる部分)をぱかっと開けて捨ててましたが、あれではかなり埃が舞います。やはりビニール袋などをかぶせ、上部を軽くふさいだうえで蓋をあけるようにしないといけないかも。

■排気が臭わない
これも評判どおりですが、ほんとに排気が臭いません。
サイクロンやフィルターの性能もありますが、最も貢献しているのは「頻繁にゴミをすてるから」じゃないかな。
紙パック式だとどうしてもぱんぱんになるまで詰め込んじゃったりするじゃないですか。で、そのまま使うとほこりくさい臭いがフィルターについちゃって、今度はパックを替えた後でも臭いが残ったりして。
その点ダイソンだとゴミが見えていますし、そう大容量なわけでもないため、頻繁にゴミを捨てることになります。ここが臭わないポイントなのかなと。

■ホースは柔らかい
以前のシリーズでは「ホースが堅くて取り回しづらい」という意見もあったようですが、このモデルはそんなことないです。日本のメーカーと同様に柔らかいホースになってますね。

■タービンブラシがちゃんと回る
当たり前なんですが、ブラシがちゃんと回転します。
これまでのものもエア式タービンブラシだったのですが、髪の毛とかがからみついちゃってすぐ回らなくなってしまってたんですよね。
ダイソンのは吸引力のほうが強いせいか、髪の毛が絡むことも少ないような気がします。


おまけ:カタログがカッコいい
ダイソン カタログ

ダイソンのカタログ、すごくカッコいいつくりです。
分解写真なんかは科学雑誌の「Newton」にそっくり。
お店で見たらぜひ手にとってみてください。理系男子はぐっと来ますよ。


購入場所・価格など
ヤマダ電機で64,800円。
楽天などを見ても60,000円を切るところは少ないようなので、そこそこいい買い物だったかも。


関連サイト
Dyson | ダイソン - オンラインストア、掃除機、ファン(扇風機)、お客様サポート
ダイソンのオフィシャルサイトです。
ほんと、家電のサイトじゃないようなデザインですよね。

送料無料【ダイソン】DC26タービンヘッドコンプリート
楽天で一番安いのはここかな。送料無料で5万円台です。
付属品の少ない「タービンヘッド エントリー」ならさらに5,000円ほど安いようですが、フレキシブルノズルなどは結構便利だったので、コンプリートのほうをオススメします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

2010年6月の人気記事ベストテン

グラフ

早いもので、今年ももう半分終わってしまいました。
梅雨でぱっとしない天気が続きますが、その分夏が待ち遠しいですよね。

さて、そんな6月に人気だった記事はこんな感じ。
毎年恒例のあの記事がランクインしてきました。


第1位
au by KDDIのスマートフォン「IS02」の内覧会に参加してきました

第2位
玄関用網戸を取り付けました(セイキ 収納ジョーズ)

第3位
PCデポでCRTを100円買取してもらいました(リサイクルがちょっと心配)

第4位
JavaScriptでHTMLを出力するときの小技(ヘッダメニューの続き)

第5位
エッソの「スピードパス(Speedpass)」作ってみました

第6位
PowerPointでお手軽に大判印刷(ポスター)用データを作成する(Tips)

第7位
au by KDDI の新スマートフォン「IS02」の内覧会に参加してきます!

第8位
ポトスの切り戻しと植え替え

第9位
コルグ(KORG)のデジタルピアノ「LP-350(ホワイト)」買いました!

第10位
車載可能なポータブルDVDプレーヤ「PDV-768」買いました


ランキングについて
ついに6月24日に発売開始されたauのスマートフォン「IS02」の記事がダントツでトップ。ISシリーズのオフィシャルサイトや、Windows Phone Fan様からリンクいただいたこともあり、他の記事の数倍のアクセスがありました。ハードウェア仕様は内覧会のときから変わっていないはずですので、皆様参考にしてください。

他には夏らしく玄関用網戸の記事やポトスの植え替えの記事などが人気でした。毎年同じようなことを書いてますが、マンションは開口部が少ないため、玄関を網戸にすると相当風とおしがよくなります。取り付けもそう難しくないですし、特殊工具もほぼいらない(金ノコは必要ですが)ので、興味のある方はぜひチャレンジを。

というわけで7月突入ですね。
まだ梅雨らしい天気が続きそうですが、いろいろと書いていきますのでよろしくお願いします!


関連サイト
User's Voice|IS series
ISシリーズに関するTwitterのつぶやきやBlogの記事をまとめている、auのオフィシャルサイトです。
ここからリンクいただいたおかげでものすごいアクセスがありました!

IS02/内覧会のご案内/内覧会掲載ブログ - IS02 au KDDI 東芝 (Windows Phone)
内覧会に行った時の記事をリンクいただいています。
他の機器も含め、Windows Phone / Windows Mobile関連の記事が相当充実してるサイトです。

KORG コルグ LP-350 WH ヘッドフォン付♪ 【送料無料】
アフターサービスを考えると、ネット購入する場合でもできれば実店舗を持つ楽器屋さんのサイトで買うほうがいいと思います。ここは老舗なので安心かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »