« 足首を痛めました(ロキソニンパップが出ました) | トップページ | スマートフォン・iPad用USB充電ケーブル目当てにDIME購入しました »

2011年4月13日 (水)

「早打ち対応」はダテじゃない!キヤノン電卓「LS-121TS」買いました

CANON 電卓 LS-121TS

社内で異動してからずいぶん電卓を叩く機会が増えました。
これまでの電卓でちょっと不満があったので、先日新しいのを買ってみました。
うん、これいいっすよ。オススメです。


購入した経緯と商品
これまでは、ELECOMのテンキー電卓を使ってました。
USBでパソコンに接続するとテンキーにもなりますよ、という商品。

このテンキー電卓、ちょっと使うだけならまったく不満はなかったのですが、たくさん叩くようになると「取りこぼし」が気になるようになりました。押してるはずなのに数字が入力されないことが多々。
そんなわけで、「早打ち対応」ができるものを物色していました。

そんな中今回買ったのはキヤノンの「LS-121TS」という電卓。
商売計算シリーズと呼ばれる、商売用の計算に便利なシリーズの1つです。
このモデルは「粗利率」「原価」なんかが計算できるような専用のキーがついているものですが、正直そこよりも電卓としての基本機能を期待しての購入です。


あ、ほんとに取りこぼしがない!
早速数日使ってみましたが、快適度はかなり違いますね。
前の電卓の微妙な不満が一気に解消されました。

気になる「早打ち対応」についですが、これは「1つ目のキーを離す前に次のキーをおしてもちゃんと認識されますよ」という機能です。つまり、「1を押す」→「1を離さずに2を押す」→「1を離す」という操作をしても、ちゃんと「12」と入力されるというもの。
言葉で説明するとたいした機能じゃないように見えますが、対応しているかどうかでその差は歴然。これまでのものはいったんキーを離してから次のキーを押さないと認識されなかったのですが、この電卓は連続的に入力してもちゃんと数字を認識してくれます。
打ち間違いすることが相当減った感じですね。

実売は1,000円前後程度なので非常に安いのですが、普段ポケット電卓などを使って仕事しているのであればかなり違いを感じられると思いますよ。商売人以外でもオススメです。


余談:お店でも使ってました
これ、近くの文房具屋さんで買ったのですが、その文房具屋さんでも実際にレジでサブとして使ってました。自分が買ったものをプロが使ってるのはちょっとうれしいですよね(^-^;)。


関連サイト
キヤノン:商売計算シリーズ 概要
商品のオフィシャルページです。

12桁2メモリ、ミニ卓上タイプ電卓 LS-121TS
楽天ではこの記事時点で821円です。
かなり安いのですが、ちゃんとしてますので安心してくださいね~。

|

« 足首を痛めました(ロキソニンパップが出ました) | トップページ | スマートフォン・iPad用USB充電ケーブル目当てにDIME購入しました »

もの>デジタルガジェット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153129/51380932

この記事へのトラックバック一覧です: 「早打ち対応」はダテじゃない!キヤノン電卓「LS-121TS」買いました:

« 足首を痛めました(ロキソニンパップが出ました) | トップページ | スマートフォン・iPad用USB充電ケーブル目当てにDIME購入しました »