« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月29日 (土)

158円の「第1」のビール。「バーリアル ラガービール」飲みました!

バーリアル ラガービール AEON

最近話題になっている「バーリアル ラガービール」。
イオンと提携しているスーパーで売ってたので、試しに2本ほど買ってきてみました。
安いのに本格的…を目指しているビールですが、さて味やいかに。


バーリアル ラガービールとは
イオンがトップバリュブランド(プライベートブランド)で提供するビールです。
350ml1缶で158円というびっくりするような安さですが、第二第三のビールではなく、れっきとした「第1の」ビール。

以前から同じブランドで第三のビールは販売されていたんですが、今回は本物のビール。麦芽100%とのことですし、高級な原料を使っているとのことなので、ちょっと期待しながら飲んでみました。


うまいっちゃうまいけど
せっかくなのでグラスについで飲んでみました。
色は結構濃い目で、本格的。第三のビールなんかとは全然違います。

一口飲んだ感じは「あれ?ちょっと薄い?」という感じ。
色が濃いだけにもうすこし濃い味を想像していたのですが、意外にさっぱり目で薄く感じます。
全体的に炭酸の刺激が弱いので、すこしもの足りなく感じるのかも。

味はまぁまぁかな。
ちょっと後味に癖がありますが、それも味わいとして許容できる範囲。
味よりも刺激が少し弱いのが気になりました。


まとめ
正直、他メーカーの発泡酒なり第三のビール買うくらいだったらこっち買いますね。
とはいえ飲みなれているラガーとか黒ラベルとかのほうがやっぱりおいしいと思うので、バーリアルを買い続けるかどうかは微妙。ま、選択肢が1つ増えたね、という程度かもしれません。

ただ158円というかなりの安さなので、既存のビールメーカはうかうかしてられないな~という感想を持ちました。キリンには頑張ってほしいんだけどな(^-^;)。


関連サイト
ラガービール (AEON トップバリュ)
オフィシャルの商品情報ページです。

バーリアル (AEON トップバリュ)
こっちは以前から販売されているシリーズ。
第三のビールとノンアルコールビールですね。
こっちはそんなにおいしくなかった気が…。まぁ普段から第三のビールは飲まないんですけどね(^-^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月28日 (金)

シンプル&ミニマム!無印良品「ヌメ革定期入れ(生成)」買いました

無印良品 ヌメ革定期入れ 生成 外観

先日、10年ぶりくらいに定期入れをリニューアルしました。

前のモノもいい感じに年季が入ってきていたのですが、実はうっかり洗濯してしまったのです。さすがに洗濯して油が抜けてしまうとガサガサになってしまいまして、せっかくなので気になっていた商品を買ったというわけ。

そんなわけで、使い勝手などをざざっとレビューです。


デザイン
デザインは無印らしく非常にシンプル。
表裏ともに窓もロゴもないデザインになっていて、色もきれいな生成です。
これからだんだんとあめ色になっていくのが楽しみです。

サイズ感もミニマムで、これまで使っていたものよりも若干ですが小さいです。
プラスチックカードを何枚も入れるとちょっときついかもしれません。

ちなみに僕はSuica+IDカード2枚を入れて持ち歩いていますが、これでちょうどくらいですね。


内部
無印良品 ヌメ革定期入れ 生成 内部

中身はこんな感じです。
ポケットは全部で5つありますが、マチなどはないのでそれぞれ1枚が適当かな。

窓付きのポケットは1つ。
ちゃんと革の裏にすべりのいい布が貼ってあるので、取り出すのは楽です。

あとはごくごく一般的な定期入れですね。
小さくて薄いためシャツの胸ポケットにも問題なく収まりますし、ロゴなどがないので場面も選びません。無印らしさがよく出てるな~と思った次第です。


購入場所・価格など
近くの無印良品で2,580円。定価でした。


関連サイト
ヌメ革定期入れ 生成 | 無印良品ネットストア
ネットストア内の商品ページです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月23日 (日)

ちょっと反則?ベイブレード「バサルトホロギウム145WD」買いました

ベイブレード バサルトホロギウム 145 WD

先日、いまさらながらベイブレードを始めたことについて書きましたが、子供がだいぶ練習してきて僕もそれなりに負けるようになってきました。
こうなったら大人げなく強いところを見せてやろうということで、いろいろと調べた上で1つ新しいベイを買ってきました。

うーん、こりゃ強いのはいいけどちょっと反則だったかも。
僕が使うのはやめようかな(^-^;)。


購入した商品
購入したベイは、「バサルトホロギウム145WD」です。
スターターパック(ベイを回す「ランチャー」がセットになったもの)なので、ランチャーが合計3つになり、3人で遊べるようになりました。

さて特長はベイブレード界最重量のウィール(金属部分)。直径はちょっと小さめなものの、見た目通り厚みがあってかなりの重さがあります。
重さが強さにもろに影響するベイブレードの世界ではかなりの強豪のはず。WEBでも「強い」との声が多かったので、お店で見つけて即決してきました。


強い…けど、反則気味か?
早速開封・組み立てて子供と遊んでみましたが、やはり小さな子供相手に僕が使うと強すぎて反則くさい感じですね。

大人のほうがシュート力が大きいので、重たいこのベイは相当回ります。
で、重さを活かして攻撃を受け止めているうちに他のベイのスタミナが切れていく…という感じの戦いに。
自分からガンガン行って相手を吹っ飛ばすわけじゃないのですが、中央で陣取っているところに敵ベイが来たときはカウンターで相手を吹っ飛ばしてくれたりもします。

なので、とりあえず「負けた人が使う」ってローカルルールになりました。
子供もじゃんけんしながら使ってます(^-^;)。


関連サイト


レアな商品ではないので普通のおもちゃ屋さんなら置いてあると思います。
もし近くになければamazonが安いですね。送料も無料なので、この商品だけを注文するのはちょっと申し訳ない気がしますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月15日 (土)

ベイブレード、始めました(究極改造セット ペルセウスVer購入)

ベイブレード 究極改造セット ペルセウス グラビティ

先月下の子が誕生日だったので、プレゼントにベイブレードを買いました。
いやー、ほんと今さらなのですが、よくできてますねこれ。
大人がはまってしまうのもわかります。


購入の経緯
さすがにWiiのゲームばかりでもよくないよな~と思っていたので、「次は何か男の子らしいおもちゃにしようか」と考えていました。ベイブレードなら価格もそれなりに手頃(だと思っていた)だし、お友達も結構やっているようなので。
実際は「あ~思ったより高いんだな」と思いましたが(^-^;)。


購入したもの
ベイブレードはこれまで全く持ってなかったので、何らかのセットにしたほうがいいかなと考え、「ベイブレード究極改造セット ペルセウスVer」というセットを買いました。
冒頭の写真のとおり、ベイブレードが2つ作れるセットです。

「究極改造セット」の名前のとおり、写真のベイブレード以外にも各種パーツがいろいろ入っており、それぞれ組み替えて遊ぶことができるようになっています。僕も子供も全く前提知識なしで買ってしまったのですが、さすがに子供は覚えるのが早いですね。すでに「このボトムはディフェンス用で…」なんて話してます。
その記憶力をもう少し算数に振り分けてくれると嬉しいのですが(^-^;)…。

あ、ベイが2つあるので上の子と一緒に遊べるかな~と思って買ったのですが、肝心のランチャー(ベイを回す道具)は1つしかついてきませんでした。なので、結局そのあともう1つベイブレードを買いに行く必要がありました。ま、僕も一緒に遊びたかったですし(これが本音)。


ビッグバンペガシスも買いました
ベイブレード ビッグバンペガシス

というわけでもう1つ買ったのがこれ。
アニメの主人公が使っているらしい「ビッグバンペガシス」です。

こいつはランチャーとベイのセットで、これで晴れて2人で遊べるようになりました。しかも前述の改造セットのパーツもちゃんと使えるんですね。それぞればらして組み換えができるので、超攻撃型にできたり、それなりに守りが強い形にできたりするようです。よくできてますね~。


奥深いのね
これ、普通に遊んでいると結構子供にも負けるんですね。
連戦連敗ではカッコ悪いので、今は大人のメンツにかけてインターネットを駆使していろいろ知識を得ているところです(笑)。

ただハマればハマるほどお金はかかりそう。
まだパーツ単位で「あれがほしいこれがほしい」の要求はありませんが、そういったものを買い出したら一気に際限なくなりそうだな~と思っているところです。
ま、大会に出るわけでもないですし、楽しく遊べる今が花かな?


関連サイト

ベイブレード BB-97 ベイブレード究極改造セットペルセウスVer.
タカラトミー (2010-11-20)
売り上げランキング: 7919
楽天でも探したのですが、すでにだいぶ品切れのところが多く、結局amazonで買いました。定価に近い買い物になってしまいましたが、まずはあってよかったです。

ベイブレード BB-105 スターター ビッグバンペガシスF:D
タカラトミー (2011-03-26)
売り上げランキング: 369
そのあと買ったビッグバンペガシスです。 これは普通にどこでも買えると思いますよ。 僕はダイエーの子供用品売り場で買いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月12日 (水)

【特別企画・写真あり】震災7か月後の南相馬・相馬を見に行きました

携帯電話 ケース 津波
(クリックで拡大)

以前の記事でも書いた通り、僕は福島県南相馬市(旧原町市)の出身です。
震災以来ずっと帰省できていなかったので、この週末に1泊2日で帰省してきました。

地元南相馬は福島県の海沿い、北のほうになります。
ここらあたりはご存じのとおり「地震・津波・放射能」の三重苦となってしまっているのですが、その中での「普通の人の普通の暮らし」を生で見て・撮影してきたので、記録として書いておこうと思います。

というわけで本日は特別企画。
僕の目を通した主観もかなり入っていますが、ぜひご参考になれば。

なお、本日掲載している写真はすべてFlickrの 2011.10.08-09 Minami-Soma & Soma, Fukushima というセットに上げています。ぜひあわせてご覧ください。


ルートと言葉の定義
東京方面から地元まで行くときには、通常は常磐自動車道かJR常磐線を通ります。が、現在は両方とも寸断されているため、東北新幹線を使い福島駅から父の車で地元に入りました。しかしながらもともと常磐線は遅く、自動車道も途中までしか開通していないため、時間的には福島経由でもあまり変わらなかったです。

福島から地元までは、「計画的避難区域」となっている飯舘村を通ります。
そこは全村避難対象なので、家はあるものの人気がない状態。
確かにこれなら僕も「死の街」と呼んでしまいそうです。

おっと、その前に言葉の説明・定義をしておかないといけないですね。
僕も地元に入るまで結構あいまいでした。

■警戒区域
福島第一原発の半径20km範囲内のエリア。
立ち入りが禁止され、住民は避難(退去)しなければならないエリアです。
「一時帰宅」でいろいろ話題になっているのはこの範囲内。
2011年4月22日 AM0時から設定。

■計画的避難区域
半径20kmの警戒区域よりは外側だが、年間20シーベルト以上の被ばくの恐れがあり、国が避難を求めている地域。2011年10月11日現在では「飯館村」「川内村」「南相馬市の一部」などが該当しています。
川内村は上記の20km圏内のエリアもあるのですが、結局は全村避難になってます。

■緊急時避難準備区域
福島第一原発から半径20km以上30km以内のエリアで年間の累積放射線量が20ミリシーベルトに達する恐れがない地域。健康には影響がないと思われるが、「いざという時は避難できるように準備しておけ」というエリアで、特養などの介助が必要なお年寄りが入居する施設は事実上運営できない地域でした。僕の実家もここのエリアでした。
なお、2011年9月30日にこの区域自体の設定が解除になっています。
なので、今後は(制度上は)学校や施設の運営も可能になりました。

■特定避難勧奨地点
避難の強制はしないが、「ここやばいから避難したほうがいいよ」と言われている地点。上記3つと違って、家単位で設定されます。南相馬市でもこの記事時点で59世帯が設定されているみたいです。

ちなみに南相馬市は上記のすべてを内包しています。
20キロ圏内で強制退去になっているところから、一応「問題なし」と言われている地域まで。これら指定地域の種類が多いことも、地元の行政を難しくしている理由の一つだと思います。


被害状況全般
まずは総論から入りますね。
到着した地元は「本当にここが被災地?」と思うほど、普段と同じ秋でした。
実家は海からも遠く、震度の割に地震被害も非常に軽微だったので、目に見える損害はなし。家族はいつものように出迎えてくれました。半年以上たっていることもありますし、小さな子供がいないこともあって、生活は大分戻ってきているみたいです。

ただ、やはりそこは被災地。
三重苦で言うと「放射能」の影響を一番もろにかぶっていましたね。

以下、それぞれの影響について写真を交えつつご紹介します。


放射能
福島第一原発 20km 検問
(クリックで拡大)

やはりもっとも影響があるのはこれでしょう。

写真は南相馬市の南部、20km圏内の境目になります。
ここから先は一般の人間は立ち入り禁止。震災後7カ月たった今でも、封鎖時と同様に警察車両が検問しています。

実家はここからは外側の旧「緊急時避難準備区域」に当たるのですが、2011年は農作物の作付が事実上禁止になりました。なので、「農家なのに野菜やコメを買って食べる生活」になってしまっています。
父などは特に農業への意欲が強いので、やはり作物が作れないというのは苦しかったようですね。


津波被害
家 津波 1階
(クリックで拡大)

沿岸部に行った時の写真です。
海沿いはがれきが散乱し、まだまだ「復興」どころか「復旧」にも程遠い感じ。震災直後に自衛隊などが来てくれていたときには、おそらく道路の復旧を最優先としてがれきの撤去が行われたのだと思いますが、頼みの綱がいなくなった今はそれ以外のがれきがまだそのまま残っています。

写真は住宅地で津波の被害を受け、1階の一部が完全になくなってしまっている家。当然もう住むことはできませんが、こういった家の撤去や再開発は全く進んでいません。住んでいた方が亡くなってしまった家も多くあると思われるので、今後どう復旧していくのか段取りさえ付けられないのではないでしょうか。


地震被害
瓦が落ちたり、壁にひびが入ったりした家は多数ありますが、地震だけならそこまでの被害拡大はなかったのではないかと思います。とはいえ、まだ瓦が上げられずブルーシートがところどころにかかった家というのも結構見かけました。
現場はまだまだ材料も職人も足りていないようです。


家族から聞いた生の状況
冒頭でも書いたとおり、僕の家族は幸いにして全員無事でしたし、小さな子供もいないため、今はこれまでとあまり変わらない生活に戻ってきています。

ただ、震災後は「命はいつなくなるか本当にわからない。なので、これまでは将来のために我慢してきたようなことも少し積極的にやってみる」という心境の変化が生まれてきているようですね。決してぜいたくするというわけではないのですが、あまりに我慢して生活するのも良くないという風潮になってきているようです。

しかしこの流れで行きすぎてしまった人もいるようで、現地では今パチンコ屋や風俗店などの業種がかなり流行っているそうです。特に農家は仕事ができないところにそれなりに多額の補償金が入ってきていたりするので、そういった類のところに出かけてしまう人もいるとか。ひどい人になると、生活保護を受けていながら補償金を全額使ってしまい、さらにお金を借りに来るような人もいたそうです。

もちろんこういった人は一部なのですが、こういう話があると被災地の印象をぐっと悪いものにしてしまいますよね。母などは「やっぱり降ってわいたような金は人間をダメにするな」と話していました。その時までに作られてきた人間が表に出てしまうとのことで、こういったところも間接的には今回の被害なんだろうな…と感じた次第です。


以上、大変長くなりましたが震災7カ月たった「生」の感想です。
文章だけではどうしても伝えきれない部分が多くて、ちょっともどかしい部分が多いです。でも、皆様に何か感じてもらえればOKかなと思っています。

復興までは相当長い時間がかかりますが、それでも一歩ずつ目の前のことをこなしながら進んでいくしかないな~、と思った帰省になりました。


関連サイト
2011.10.08-09 Minami-Soma & Soma, Fukushima (Flickr)
いろいろ撮ってきた写真の一部を掲載しています。
この記事に載せきれてない写真も多くありますので、ご覧ください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金)

2つ目もできた!LEGO「レゴ クリエイター ワニ」で恐竜完成

LEGO レゴ クリエイター 恐竜

7月にLEGO「レゴ クリエイター ワニ」の記事を書きましたが、その後ようやく第2番目の「恐竜」が組み上がったので、再度記事にしてみました。
うん、やっぱり良くできてますね~。


レゴ クリエイターシリーズについて
前回も書いたとおり、レゴの「クリエイター」シリーズは1つのキットで3種類のモノが作れるというセットです。1種類作っては壊してまた次のやつを…という、レゴらしい楽しみが味わえますね。
対象年齢も7歳くらいからとそこそこ高めなので、小学校以上の子供でも十分手ごたえが感じられると思います。

クルマや飛行機など、どちらかというと男の子向けの商品が多いみたいですが、中には「ログハウス」なんてのもあるので女の子でも楽しめますね。
ちょっと気が早いですが、今年のクリスマスなんかにいかがでしょう。
ゲームソフトなんかよりはずっと教育にいいと思いますよ。


関連サイト
レゴ5868 クリエイター ワニ (西友LIVIN オンラインショップ)

僕はレゴショップ(アウトレットストア)で買いましたが、もしかするとこっちの方が安かったかも。

レゴ5766 クリエイターログハウス (西友LIVIN オンラインショップ)

これはワニよりは女の子向きですね。
1つあれば結構いろいろ組めるので、おススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »