« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月30日 (月)

やっぱり宿泊者特典がすごい!ディズニーランド・ディズニーシーを宿泊で楽しんできました(東京ディズニーランドホテル泊で)

東京ディズニーランドホテル

先日お休みをいただいて、東京ディズニーリゾートで楽しんでまいりました。
今回は初めてディズニーホテルへ宿泊し、2日間のパッケージ。

僕は熱狂的ディズニーファンというわけでもないですが、やはり宿泊だと楽しいですね~。
宿泊者特典を存分に生かして贅沢させていただきました。

写真交えて相当な長文になりそうですが、宿泊ってどうなのよ、という方はぜひご参考にしていただければと思います。


申し込み手順
申し込みは専用サイト「東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サイト」から行います。

季節によってパッケージ(バケーションパッケージ、といいます)や価格は当然異なりますが、今回は「2つのパークで春のスペシャルイベントを気軽に楽しむ2DAYS」というパッケージを選択。上の子が絶叫系アトラクションが苦手なので、イースターのショーやパレードを満喫しよう、という目的です。
というわけで、まずは宿泊者メリットからおさらいしますね。


宿泊者特典・メリット
ディズニーランドのオフィシャルホテル3つ(ディズニーアンバサダーホテル、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ、東京ディズニーランドホテル)に宿泊すると、下記のような特典が得られます。
宿泊は確かにかなりお高いのですが、それだけのメリットはありますね。

■宿泊翌日は15分前に入れる
「東京ディズニーランド・ハッピー15エントリー」という特典。
宿泊者は専用のゲートから東京ディズニーランドの開園15分前に入場することができます。

15分前に入ったからといってすべてのアトラクションに乗れるわけではなく、逆に動いているアトラクションは1つ程度。しかも園内すべての場所まで行けるわけでもなく、入れるのはある程度まで…と聞くとあまりメリットがないように思えますが、この15分は絶大。
アトラクションに1つ乗った後でファストパスをとりつつ人気アトラクションに走る…なんてことができちゃいます。
あ、チェックイン当日(宿泊日)は使えず、宿泊後の朝が対象なのでご注意。

■いつでも使えるファストパスがもらえる
ファストパス、通常はアトラクションの近くまで行って発券する必要があり、かついったん取ったらしばらくの時間は別のパスを取れませんよね。しかしバケーションパッケージでは1人あたり何枚か「いつでもどこでも使えるオールマイティなファストパス」をもらえます。
今回のパッケージでは1人あたり2枚もらえました。

■パレードやショーが専用スペースで
これもパッケージによりますが、パレードやショーが専用スペースで見られます。開始直前に行ってもゆったりと眺めのいい席で見られるのは快適。
今回はショーメインのパッケージだったので、初日・2日目ともに専用スペースで見ることができました。

■スナック&スイーツ券
園内のワゴンなどでポップコーンなどに交換できるチケットがもらえます。

■東京ディズニーリゾートラインフリーパス
東京ディズニーリゾートの周りを走っている「ディズニーリゾートライン」のフリーパスがついてます。

■ホテルの駐車場が2日間まるまる使える
東京ディズニーランドホテルだけかもしれませんが、チェックイン当日の朝からホテルの駐車場に入れることができ、しかもチェックアウト後もその日の夜中まで停めておくことができます。
しかもディズニーランドホテルならディズニーランドのまん前。
駐車場まで歩く距離も相当短くて快適でした。


というわけでお待たせしました。
以下写真を交えながらレポートです。


初日
朝からクルマをホテルに止めて、リゾートラインでディズニーシーへ。
そもそもシーはオフィシャルでは15分前エントリー対象ではないですし、みんなと一緒に並んで入りました。
ただ平日だったこともあり、全体的には空いてましたね。

■フリーパス
リゾートライン フリーパス

これがフリーパス。(後から撮りました)
図柄はバケーションパッケージ専用ですね。


■リゾートライン
リゾートライン つり革

有名ですが、リゾートラインはつり革までミッキー。
ほんと、園内に入る前から圧倒的な世界観です。

このあとはミッキーたちと写真を撮ったり、インディジョーンズのアトラクションに乗ったり。やはり朝イチで入れると違いますね。


■スペシャルイベント「ミッキーとダッフィーのスプリングヴォヤッジ」
ミッキー スプリングヴォヤッジ

シェリーメイ

ドナルド

ミッキー&ダッフィー

宿泊者特典で専用のベンチを用意いただいたおかげで、15分前についたにもかかわらずこんなにいい場所で見ることができました。ミュージカルっぽいショーで、キャストのみなさんもほんとに楽しそうでしたよ。
うん、素直に楽しかったです。

ミッキーとダッフィーのスプリングヴォヤッジ | 東京ディズニーシー


■チェックイン
アルコーブ ルーム

プチバー

朝から遊んでだいぶ疲れたので、夕方に一度ホテルへ戻ってチェックイン。
部屋もアメニティもみんな立派で、ほぼビジネスホテルにしか止まったことない僕にとってはすごく新鮮でした。

紅茶やポットが置いてあるところにあるミニバーも本格的ですよね。
(ちょっとお高かったので写真だけにしましたが(^-^;))。


で、このあとはまたシーに戻り、食事&夜のショーを鑑賞。
21時すぎごろにホテルに戻ってお休みとなりました。


2日目
2日目はちょっと写真が少なくて恐縮ですが、ともかく朝がキモでした。
ディズニーランドに入ります!

■朝
ミッキー 銅像

ホテル内のミッキーの銅像。
これ以外にもエレベーターに乗ると「下に行くよ!」なんてミッキーが喋ったり、とにかくすべてが夢の世界のコンセプト。すごいですね。
ちなみにちょっと見づらいですが、写真右奥に見える階段を下りていくともうそこがディズニーランドです。すごいすごい。


■専用ゲート
ディズニーランド 宿泊者専用ゲート

これが宿泊者専用ゲート。
15分前オープンのさらに30~40分くらい前に行ったのですが、平日ということもありまだまだ空いている状態でした。このゲートの両脇は一般の方の入場ゲートになってるんですが、そっちはかなり混雑してましたね~。


■ハッピー15エントリー
というわけで、開園15分前(08:45)に入ってダッシュ。
僕らの作戦はこんな感じで、全体的には見事に成功しました。

・まずは唯一乗れるアトラクション(モンスターズ・インク)に乗ってしまう
・その後、進めるところまで進んで開園を待つ
・開園後、僕がバズ・ライトイヤーのFPへ。その間に家族はプーさんへ走る。
・プーさんを普通に並んで乗って(2~3番目でした(^-^;))、
 近くのホーンテッドマンションへ
・ホーンテッドマンションを並んで乗った後、バズにFPを使ってライド。

ここまで回ってまだ10時前。
1時間でFP対象のアトラクション4つを回ったということになりますね。
もちろん込み具合によってはこの作戦ではムリなこともあるかもしれませんが、15分のメリットというのは想像以上に大きかったです。

で、このあとはFPを取りつついろんなアトラクションに。
時間ぎりぎりのところでパレードに行きました。


■スペシャルパレード「ディズニー・イースターワンダーランド」
パレード プラザガーデン

ディズニー・イースターワンダーランド

ディズニー・イースターワンダーランド

宿泊者特典で、シンデレラ城を望む中央のパレードルートの目の前(プラザガーデン)で見ることができました。望遠レンズを持っていかなかったので少し小さく見えますが、実際はかなりの迫力でしたよ。
どのフロート(山車)もイースターの時期だけの特別仕様で、楽しかったです。


■その後
ディズニー エレクトリカルパレード ドリームライツ

その後は予約していたランチショーを見たり、オールマイティFPを使って3Dのアトラクションを見たり。そもそも平日で待ち時間は少なかったのですが、さらにFPを持っていたので本当に快適に回ることができました。

写真は最後のエレクトリカルパレード。最後の最後でちょっと雨が降ってきてしまったのですが、満足して帰宅しました。


まとめ
2日まるまる楽しんできてしまったので、本当に長文になってしまいました。
2~3記事に分ければ良かったかもしれませんね(^-^;)。

さて、今回購入したバケーションパッケージですが、やはりお値段はかなりかかります。
ただ、いちいちパレードやアトラクションで長時間並ぶというストレスからは相当解放されますし、あの世界観の中で宿泊できるという経験はなかなか得難いものがあるんじゃないかなと思います。

年に1回…というのは贅沢すぎかもしれませんが、また機会があればぜひ思い出作りに行ってみようと思います。
次は上の子を鍛えて絶叫系制覇で行こうかな。


関連サイト
東京ディズニーランドホテル
宿泊したホテルです。
本当にランドの目の前なんですよね。パーク側の入り口からすぐシンデレラ城が目の前に見えるのは一種感動ですよ。

東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サイト
チケット予約はここから。
ちょっと使いづらいところもあるんですが、宿泊者特典もあわせてこのサイトから予約できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月21日 (土)

うまい、けどもっと辛くてもいいかな。エースコック「CoCo壱番屋監修 カレー焼そば」食べました


(クリックで楽天の販売ページへ)

会社帰りにコンビニに行ったらこんな商品があったので思わず購入。
ちょうど昼休みにカレーの話題になってたので、カレーの気分だったんです(^_^;)。


商品について
購入したのは、「スーパーカップ」や「JANJAN」などで有名なエースコックの「CoCo壱番屋監修 カレー焼そば」です。
オフィシャルサイトによると「CoCo壱番屋とのコラボカップめん第二弾!ココイチ店舗と同様に辛さを好みで調整できる“とび辛スパイス”付き!」とのことで、辛いもの好きな僕にはかなりストライク。
そんなわけで、帰ってきて早速作ってみました。


調理中
エースコック CoCo壱番屋監修 カレー焼そば 調理中

いきなり調理中の画像ですいません。
あまりにおなかすいてて、パッケージの写真を撮り忘れてしまいました。

で、パッケージの中はご覧の通り普通のカップやきそばと同じ。
写真には写ってませんが、かやくを入れてお湯が入った状態です。
戻し時間も普通に3分。


とび辛スパイス
エースコック CoCo壱番屋監修 カレー焼そば とび辛スパイス

これがあの「とび辛スパイス」。
ココイチにある本物と同じものが入っているのか、気になりますね。


出来上がり
エースコック CoCo壱番屋監修 カレー焼そば とび辛スパイス

3分後にお湯を切って、カレーソースとスパイスをかけてできあがり。
出来上がりは割合きれいなカレー色で、スープがない割にはかなりカレーのいい香りがします。

うん、これは期待できそう。
早速いただいてみました。


あれ?粉っぽい?
というわけで写真を撮るのもそこそこに食べてみましたが、香りはいいけどそこまではスパイシーではなく、おとなしめの味。とび辛スパイスも全部かけたんですが、そこまで辛くはなりませんでした。
まぁカレー味としてはなかなか良くできてるんじゃないかなというところ。

気になっていたとび辛スパイスは確かにココイチのものっぽいです。
辛いといえば辛いけど、先ほど書いたとおり全体的に辛さは控えめ。
そういえばココイチで食べるときもそこまで辛くはないんですよね、あれ。

で、ちょっと気になったのは「粉っぽい」ってこと。
カレーソースは液体でとろっとしているんですが、スープがあるわけではないので、食べてみると全体的にざらっとしたものが残ってしまっています。で、とび辛スパイスを入れるとさらに粉っぽさが増してしまいますね。
あ、とび辛スパイスですが、ココイチでカレーに入れる時も粉っぽくなりますよね。なのでやっぱり本物なんだと思います(^_^;)。

総じて僕は好きですが、もう少しだけ工夫の余地があるかな~というところ。
次回はカレーラーメンも食べてみたいと思います。


購入場所・価格など
近くのセブンイレブンで195円。
コラボ商品だからか、ちょっとだけ他のモノより高いですね。
結構たくさんあったので、話題にはなりそうでした。


関連サイト
CoCo壱番屋監修 カレー焼そば|商品情報 (エースコック株式会社)
オフィシャルの商品情報です。

エースコック CoCo壱番屋監修[ココイチ] カレー焼そば×12個
楽天内のショップのページです。
限定品だと思いますので、お好きな方はお早めにどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月14日 (土)

防水でこんなに薄いんだ!富士通「ARROWS ES (au IS12F)」買いました(妻が)

富士通 ARROWS ES au IS12F

妻がついにスマートフォンに移行しました。
薄くて軽くて防水。いやー進歩してますね~。


購入した商品
購入したのは富士通東芝モバイルコミュニケーションズ(現 富士通モバイルコミュニケーションズ)のスマートフォン、Arrows ES(IS12F)です。ずっとauだったので、機種変更で購入。
ちなみにこれまではカシオのEXILIMケータイでした。

購入のポイントは薄さと防水。
回線がauなので当然iPhoneも選択肢には入っていたのですが、防水のほうが安全だろうということと、妻の周りでもAndroidのほうが多かったという理由からこちらを選択しました。

それでは写真などを交えながらいくつかレビューを。


正面
富士通 ARROWS ES au IS12F

冒頭にも載せましたが、前面はこんな感じ。
物理キーは3つで、右側に「戻る」がある配置。
この配置だけはまだあまり慣れてないみたいですね。

カラー展開は2色。ワインレッドとブラックです。
当然ワインレッドかなと思っていたら、妻はブラックを選択。
「ケースが合わせやすそうだから」というコメントは男性にはなかなか出ないかなと思いました。
写真のとおり、手前の部分はシルバーのアクセントが入ってます。

あとのデザインはご覧の通りシンプル。
まぁスマートフォンで前面のデザインがごてごてしていると相当うるさい感じになっちゃいますし、これくらいがいいかなと思います。


左サイド
富士通 ARROWS ES au IS12F 左側面

左側面はこんな感じ。
上(写真左側)から、電源ボタンと音量のUP/DOWNボタンです。

薄さ約6.7mmとのことなんですが、横から見ると本当に薄いですね。
これで防水のための機構を備えているのは驚きです。

なお、縦に持った時は上側のほうが若干厚いのですが、特にバランスが悪いと感じることはありません。105グラムというかなり軽量なモデルなので、頭の方の重さでバランスが悪くなるようなことはないですね。

また、写真にはありませんが右側面は充電/Sync用のMicroUSB端子だけです。
防水のためパッキンつきのキャップが閉まるようになってます。


ケース
富士通 ARROWS ES au IS12F ケース

こんな感じのケースを買いました。
なかなかショップにはバリエーションがなく、ケータイ自慢2というWEBショップの 特殊印刷カバー ハートのシャンデリアという商品を注文。
薄くかっちりとはまるるハードケースで、なかなかいい感じです。

女性の場合はやはり見た目が大事なようで、購入してまっ先に設定したのは壁紙、そして次にケースを物色し始めました。iPhoneはケースの選択肢が非常に広いので、ここについてはAndroidよりiPhoneのほうが圧倒的にいいそうです。
周りのメンバーもアプリの話より見栄えの話をすることが多いそうです。


アプリ
入れたアプリは脳トレ系やCookpad、あとは壁紙チェンジャー系アプリとタスクマネージャ程度ですね。有料のものについては未だにゼロ。有料のものもなんとなく便利そうと思っているみたいですが、やはり少し抵抗があるとのこと。
あ、タスクマネージャについては「アプリを終わらせられないのは気持ち悪い」ということでまっ先に入れてました。やはり少しパソコンがわかってる人間からすると、プロセスが立ち上がりっぱなしというのはあまり気持ちいい状態じゃないんですね。

なお買って数日はいろんなアプリを試していましたが、結局使うアプリは収束していきますね。パソコンと同じで、結局は「メールとWEB」に特化してくるのかもしれません。
コミュニケーション系アプリはLINE程度で、TwitterやFacebookは僕がヘビーに使っているにも関わらずあまり興味がないとのこと。
まぁ他にやってる人がいなければそんなもんでしょうね。

なおメールはそれなりにガラケーに近いので、デフォルトアプリのまま。
ブラウザも標準アプリで十分なのでそのまま利用しています。


感想とまとめ
デビュー機種としてはなかなか良かったんじゃないかと思います。
ハイエンド機種のARROS Z (ドコモ版の ARROWS X) は電源周りなどで少し不具合の噂も聞きますが、ESについてはそこそこ安定している感じですし、絵文字やデコメールなどの要素にもしっかり対応しているので、乗り換え後に大きな違和感は感じていない様子。
ガラケーからスマートフォンへの乗り換えは最初のハードルがあると思うので、そこがだいぶ低く抑えられているのは好感ですね。
タッチパネルの反応もなかりいいですし、なかなかいいマシンだなと思います。

ちなみに女性はケータイをポケットではなくバッグに入れることが多いので、少しでも薄くて軽い機種は快適だとか。
防水についてはまだ役立ったことはないですし、積極的にお風呂に持って入るなんてこともないので、保険としての意味合いが強いとのことです。

Android端末についてはWindows PCと同様に「OSのバージョンさえ一緒なら基本は同じ」という面がありますので、細かいところが選択の分かれ目になったりするんですよね。今回の機種は薄くて防水でそこそこ速い、というところが他のマシンとの違いになってるかな~と思います。


関連サイト
ARROWS ES IS12F | スマートフォン | au
商品のオフィシャル情報ページです。
動画で横を向いたときの薄さはすごいですよね。

けーたい自慢2
今回のケースを購入したショップです。
もちろん今回のもの以外にも、ありとあらゆる携帯電話に対するありとあらゆるケースを販売しています。

もし量販店や携帯ショップなどにあるケースにあまり気に入るものがなかったら、一度このお店を覗いてみてもいいと思います。
デザインはなかなかインパクトありますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 3日 (火)

キッチンのCookpadマシンにぴったり。acerのAndroidタブレット「ICONIA TAB A500」レビュー (その2:ソフト・アプリ編)

acer ICONIA TAB A500 ケース

先日ICONIA TAB A500のハードウェア編について書きましたが、今日はソフトウェア編。
どちらかというと僕の家での利用シーンをご紹介する感じかな。
あたりまえなんですが、場所を選ばないってのは快適ですね。


利用シーン1 Cookpadでのレシピ検索 (評価:★★★★☆)
cookpadほんと、これをやりたくて買ったようなものなんですよ。
メニューに困るとCookpadを開いて作るものを選んだりしているんですが、うちはデスクトップマシンなので、結局メモをとるかいちいち印刷するなどして参照していました。

が、今はキッチンにこれをおいてその場で検索可能。
もちろんブックマークもできますし、複数のメニューを見ながら間をとった味付けなんかもできているみたいです。
作りたいものを検索するときもいちいちPCを起動しなくて済むので、気軽にアクセスすることが増えましたね。

なおCookpadはAndroid用アプリもあるんですが、ブラウザ経由のほうが情報が多いのと、ブラウザ上での表示に慣れていたこともあり、今はアプリは使っていません。
標準ブラウザですが十分使えますよ。
ただ、やはり防水でないところと、電源を差していても頻繁にスリープに落ちてしまうところで星1つのマイナス。それ以外は非常に快適ですね。


利用シーン2 Twitter (評価:★★★★☆)
twiccaこれまでもスマートフォンでできていたのですが、やはり大きな画面は情報量が多くて快適です。帰ってきてビールを飲みながらぼんやりTLを眺めるってのが日課になってきてしまいました。

PCの場合はある程度気合を入れて立ち上げる感じですが、タブレットは気づけばそこにあるデバイスなので、やはり手軽なのがいいところですね。

マイナス点は日本語入力がちょっと弱いところと、まだタブレット用のいいアプリに出会っていないため。

日本語入力はGoogle日本語入力ベータを使っています。
変換効率は非常にいいのですが、やはり物理キーボードがないので入力スピードは落ちます。僕はまだまだIS02のキーボードの方が高速入力できますね。ただ、標準で入っていたShimejiに比べると圧倒的に打ちやすいとは思っています。

また、利用中のアプリはTwiccaなのですが、もともとスマートフォン用のアプリのため画面に少し無駄がある感じなんですよね。
冒頭の写真のとおり横画面で使うことが多いのも、スペースをうまく使えない理由かもしれません。
タブレットでさらに使いやすいアプリがあれば★0.5を上積みかな。


利用シーン3 facebook (評価:★★★☆☆)
facebookアプリが良く分かっていないので、標準ブラウザでアクセスしています。(リンク先はAndroid用アプリですが…)

ICONIA TAB A500はAndroid3.2(購入時すぐに3.1から3.2にアップデートしました)なので、ブラウザはそれなりのモダンブラウザ。なので、facebookもそれなりには動きます。

ただ、どうもウォールを長くスクロールしてコメントを書いたりするとマシンスペックを超えてブラウザごと落ちてしまうようですね。
タブレットで快適に見えるアプリを物色しているところです。


利用シーン4 Youtube (評価:★★☆☆☆)
youtube★2つなのは、子供たちにマシンを占領されてしまうから(笑)。
下の子はまだキーボードは打てないものの、精度の高い音声検索を駆使してWiiのゲーム動画などを見たりしています。上の子はもうお手のモノで、好きなゲームの裏技やら何やらを見つけては試しているようですね。PC版よりずっと子供でも使いやすいんだと思います。

与えておけば電池切れるまで見ているので、目下の課題はいかに制限をかけるかです。PCと違って基本的に1アカウントで使うデバイスなので、ペアレンタルコントロールが効かないのが難点だな~と思います。


利用シーン5 各種ゲーム (評価:★★★☆☆)
いくつかゲームをいれてたまに遊んでます。
無料アプリばかりなので、だいたいはそれなりのクオリティなんですが、たまに無料とは思えないアプリもありますね。
遊んでいるのはこんなアプリです。

■将棋アプリ 将皇
将棋アプリ 将皇僕は初心者レベルなので、CPUを飛車角落ちにしてやっと勝てるレベル。
もちろんちゃんと将棋をやっている人にとっては弱いのでしょうが、僕レベルだとフリーなのに相当強いんだな~と思います。
あ、スマホ向けアプリのためか、起動時は画面が縦固定になっちゃうのが残念。

■Touch the Numbers for Android
Touch the Numbersまぁ定番ですね。
ランダムに配置された1~25のパネルを順番にタッチするゲームです。
これも縦固定になっちゃうんですよね~。

■xPiano (free)
xPianoCMで聞いた音をなんとなく取ってみたりとか。
若干反応が悪いところはマイナスですが、和音も弾けるのがいい感じ。
あ、これはゲームじゃないですね(^-^;)。


まとめ
利用シーンと利用中のアプリについてざーっと書いてきましたが、いかがだったでしょうか。
買う前は「スマホ持ってるのにさらにタブレットって余計なんじゃないの?」って思っていましたが、やはり手元に大画面のネット端末があるってのは快適ですね~。
悔しいですがPCを立ち上げる頻度も減ってしまったかなと思います。

ただこのブログを書いたりとか、長文を書くのはまだまだ苦手ですね。
物理キーボードをつけるのであればPCを使ってしまうと思いますし、今後もうまいこと住み分けていくんだろうな~と思っています。


関連サイト
Google Play の Android アプリ
Androidマーケット改めGoogle Playです。
なんかインターネットが爆発的に伸びていたころのVectorとか窓の杜を見ているわくわく感がありますよね。勢いがあるんでしょうね~。

スマフォにレザー!Acer ICONIA TAB(A500-10S16)専用 フラップジャケット
僕はELECOMのものを買いましたが、ここは専門店だけあって種類も豊富です。
レザーケース、なかなかいい感じですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

キッチンのCookpadマシンにぴったり。acerのAndroidタブレット「ICONIA TAB A500」レビュー (その1:ハード編)

acer ロゴ ICONIA TAB A500 アンドロイド

先日acerのICONIA TAB A500を買ったことをご報告しましたが、その後アプリなどを入れて使い方がだんだん固まってきたので、改めてレビューしてみます。
今回はその1回目、主にハード側のご紹介です。

最新モデルではないものの、僕と家族の用途には非常にマッチ。
これが来てから生活がだいぶ変わりましたね~。


購入の経緯
買ったのは単純。「パソコンのある部屋が寒かった」という理由です(^-^;)。
僕のPCはデスクトップマシンなので、あたりまえですが使う時にはその部屋に行かないといけないんですよ。しかし僕の部屋はまともな暖房がなく、冬場はやはり寒い。
そんなわけで、ぬくぬくとTV見ながらWEBがみたいな~ということでタブレットを検討し始めたというわけです。

で、いろいろ検討した結果、そもそも持ち歩きを考えていないこと、あまり最新機能が必要なさそうだったことなどから、10.1インチで3万円ちょっとだったこのマシンに決めた、という感じです。

なお購入はコジマ楽天市場店にて。価格は約33,000円でした。
というわけで以下ざざっと写真を載せてみますね。


外観
acer ICONIA TAB A500 外観 アンドロイド

外観はこんな感じです。
横方向に置いたときの上下はシルバーになっていて、真っ黒なデザインが多い中ではちょっとカッコいいかなと思います。とはいえタブレットなんてほぼ画面そのものみたいなものなので、あまりデザインへのこだわりはありませんが(^-^;)。


左側面
acer ICONIA TAB A500 左側面 アンドロイド

側面はこんな感じ。
電源ボタン、ヘッドフォン端子、マイクロHDMI端子がついてます。

あ、マイクロHDMI<->通常サイズのHDMIのケーブルもちゃんと付属してました。
とはいえ使うことはほとんどないのですが(^-^;)。


裏側
acer ICONIA TAB A500 裏側 アンドロイド

裏面はこんな感じで、シルバーのヘアラインが入ってます。
画面右上に見えるのがカメラで、下側の真ん中にあるのが別売のドック用の端子。両脇の穴はステレオスピーカーですね。

スピーカーは期待値よりはいい音がします。
ちゃんと音楽を聴く用途には向かないですが、ゲームなどの効果音はちゃんとステレオで聞こえますよ。
タブレットはヘッドフォンをつけないで音を鳴らすことが多いと思うので、このスピーカーはそこそこいいですね。


ケース・カバー
acer ICONIA TAB A500 ケース

キッチンで立てて使うことを想定していたので、こんな感じのカバーを買いました。ELECOMのソフトレザーカバー TB-ACA500PLFBKってやつです。

これ、いわゆるiPadの「風呂ふた」のような感じで、カバー側を開けてくぼみに本体をひっかけることで、フォトフレームのように本体を立てることができるようになってます。わりあいきっちりはまるので、使わないときにはカバーをかけておくことで傷防止などに役立ちそうです。


まとめ
まずはハード側の写真を載せてみましたが、いかがでしょうか。
次回は実際の使い勝手とインストールしたソフトウェアなどについて書いてみたいと思います。期待せずお待ちくださいませ(^-^;)。


関連サイト
ICONIA TAB A500 (acer)
オフィシャルの商品情報ページです。
Flash多用でちょっとわかりづらいですが、ハイテク感は出てますよね。

ACER ICONIA TAB A500 [Android OS] 送料無料
本モデルはすでに在庫限りとなっているようで、現状ではだんだん売っている店舗が少なくなってきましたね。最も安い時では3万円を切るようなところもあったんですが、今ではだいぶ高くなっちゃってます。

Acer ICONIA TAB A500-10S16 価格比較 (価格.com)
価格およびレビューを参考にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »