« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月22日 (日)

軽い、シンプル、軽快!楽天kobo、買ってみました

kobo touch 楽天

ここしばらくすっかり活字から離れてしまっているので、なんとなく読書経験を戻したいな~と思い、話題のkoboを買ってみました。

高級な機械ではないですが、それだけに気兼ねなく使い倒せそう。
ため込んだ楽天Pointが一気になくなっていきそうです。


購入の経緯
ゲームなどがそうそう与えられなかった家庭だったので、子供のころは暇があれば本を読んでいました。いわゆる本の虫で、どんなジャンルも適当に読んでいた気がします。

ですが、仕事疲れで電車ではほぼ寝てしまうようになったり、30代後半から遠視(いわゆる老眼)が進んだりしたことで、最近は活字から結構離れてしまっていました。

そんなわけで、驚くほど離れてしまった読書習慣を気軽に取り戻すべく、今回発売された楽天のkobo touchを買ってみたというわけです。
購入のポイントは下記のようなものです。

■安い
やっぱりこれですよね。
機能が厳選されているとはいえ、7,980円は相当なインパクトです。
「1万円を切ったら考えよう…」などと考えている方も多いと思いますが、その中で7,980円は購入ボタンを押させるのに十分なものでした。あ、プラチナ会員なので3,000ポイントのプレゼントがあったこともポイント。

■軽い
次は軽さ。本と同じように読むなら片手で長時間持てないとね。
koboは185gとのことなので、こりゃ相当軽いのではと期待しました。

■シンプル
余計なものがついてなくて、道具としてシンプルなところがいいかなと。
スマートフォンもタブレットも持ってますので、読書に特化した端末でないと結局ほかのもの使っちゃうよね、と考えました。

さて当初の期待通りだったかどうか、写真見ながらレビューです。


届いた箱
kobo touch 楽天 外箱

届いた箱はこんな感じ。A4くらいのサイズの、よくある箱ですね。
プリントされている名前は楽天booksです。



kobo touch 楽天 箱

外箱はシンプル。
帯などがかかっていて、これも実際の本を意識したデザインです。


開けたところ
kobo touch 楽天 開封

開封したところです。
最近のデジタルガジェットによくあるシンプルなパッケージ。
ディスプレイ表面に保護シートは貼ってありますが、無粋なビニールにくるまれているとかいうことはなく、いきなり商品が見える作りになっています。


本体
kobo touch 楽天 本体

本体を取りだしたところです。
表面に書いてある「kobo」の文字は、すでにe-inkで表示されているもの。初めに見たときはあまりに紙っぽい感じだったので、保護シートがもう1枚くっついているものだとばかり思っていました。

ボタンは画面下のホームボタンと天面にあるスライド式の電源ボタンのみ。音声再生機能がないので、ボリュームボタンなどもありません。
端子も充電&Sync用のMicroUSB端子およびMicroSDカードスロットのみで、他には何かを差しこんだりする場所はなさそうです。
全体的に非常にシンプルな作りですね。


新書との比較
kobo touch 楽天 新書との比較

手元にあった新書と比較してみました。
縦は新書より若干短く、逆に横は若干幅広です。新書と比べるとちょっとだけずんぐりむっくり、というところでしょうか(^_^;)。

なお、手に持った感じはスペック(185g)以上に軽く感じます。
ちなみに右の新書を量ってみたら184gでしたので、ちょうど新書を持っているのと同じ重さですね。持ち歩いても、片手で持っても全く負担のない重さだと思います。

ちなみに今回取り忘れてしまいましたが、背面は若干梨地のラバーっぽい手触りの素材になっており、滑り落ちる感じはしませんね。あのチェックのデザインも、滑りにくさに一役買っていると思います。
(あのデザインはちょっと好き嫌いがありそうですが…。)


新書との比較2
kobo touch 楽天 厚みの比較

厚みの比較です。
もちろんページ数にもよるんですが、この新書と比べたときにはこれは圧倒的にkoboのほうが薄いですね。カバーやケースに入れても新書かそれ以下の薄さだと思います。これはいい。


表示品質
kobo touch 楽天 表示品質

さっそくセットアップして、何冊か本を入れてみました。
セットアップには専用のアプリケーションのダウンロードが必要です。
まぁそんなに時間のかかるものであはりませんでした。

アプリや本体からも本は買えますが、とりあえず慣れているので楽天のkobo専用サイトから本を購入してみました。
買うと専用アプリの「本棚」に買った本が入り、それがkobo本体にも同期されます。つなぎっぱなしの場合はいちいちソフトウェア上の「同期」ボタンを押す必要があるみたいですが、他の動きはそれなりに分かりやすいです。

ただ、本の検索は弱いですね。
普通に検索すると外国の書籍も普通に検索対象になってしまうので、最初ちょっと戸惑いました。まぁまだまだ取り扱い数も少ないようですし、コンテンツの充実はこれからの期待ですかね。


さて気になる表示品質ですが、この手のデバイスではかなりいいほうだと思いました。
以前に他社の電子ブックを見たときは、ページを1回1回リフレッシュ(いったん真っ黒になる)しており、しかもそのリフレッシュがかなり遅いので、ちかちかしてかなり疲れてしまったんですが、このkoboはデフォルトでは「6ページに1回リフレッシュ」になっており、さらにその書き替えもかなり高速化されているので、内容の理解を妨げません。

ここらあたりは読書の本質だと思うので、邪魔しないのはうれしいですね。
もちろんフォントサイズも自由に変えられますし、老眼の僕でも読みやすいです。


まとめ
まだ冊子数はこれからですが、圧倒的な低価格と表示品質、あとはちょっとたまった楽天スーパーポイントを気軽に使えるという要素から、実はかなり流行りそうな感じがしています。
なんとなく、カバーなどもかけずに使い倒す実用品だな~という印象。

プラットフォームとしては結構いいセンいってますので、あとはコンテンツの充実次第かな。権利関係などはまだまだ複雑なんだと思いますが、なんとかそこに風穴を開けて安くコンテンツが流通できるようにしてほしいですね。


関連サイト
電子ブック楽天<kobo>:読書に革命を。新しい楽しさを。
楽天koboのオフィシャルサイトです。
実際のブックストアはこちら

【送料無料】kobo Touch (ブラック) (楽天ブックス)
本体の購入はこちらから。
あ、僕は一番人気ないかなと思ってブルーを購入してみました。
それなりにきれいな色でしたよ。

今なら【送料無料】!kobo スタイリッシュブックカバー (ブラック)
専用のブックカバータイプのカバーです。
持ち歩くならやっぱりこういうカバーがあると安心かも。
僕はまだ買ってないですが、そのうち買おうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月16日 (月)

並のテーマパークもびっくり。カップヌードルミュージアムでマイカップヌードル作ってきました

カップヌードルミュージアム 4人分

今日は連休最終日。
せっかく横浜在住ですし、地の利を生かしてどっか行きたいな~ってことで、2011年9月にオープンしたカップヌードルミュージアムに行ってきました。
僕が行ったのはちょうどオープン10カ月の日でしたが、その人気はまだまだ衰えていませんでした。並のテーマパークもびっくりでしたよ。


カップヌードルミュージアムって?
横浜みなとみらいの水辺すぐ近くに建つ、なかなか本格的なミュージアム。
オフィシャルサイトによると『世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」を発明し、地球の食文化を革新した日清食品創業者・安藤桃福の「クリエイティブシンキング = 創造的思考」を数々の展示を通して体感することができます。』とのことですので、実は真面目な目的で作られたもののようです。

ただ、我々一般人にとっては「オリジナルのカップヌードルが作れる」ってところがやはり一番のポイント。子供向けのアトラクションなどもあるということで、オープンの10:00を目指して行ってみました。

ちなみに場所はこのあたり。
今日(2012年7月時点)は近くに臨時駐車場があるので、ここに車を停めました。


大きな地図で見る


混んでる!なんだこれ!
ちょうど10時到着だったのですが、その時点でかなりの人が並んでてびっくり。
結構流れは速いのですが、テーマパークの人気アトラクションみたいにくねくね曲がったルートを通らされて入館しました。

入場料金は大人500円、小学生以下はタダ。
タダでもそれなりに見られる部分はあるので、この手の施設にしてはおトクかも。

あと、チケットを持っていれば再入場は自由とのこと。マイカップヌードルを作れる「マイカップヌードルファクトリー」の整理券を取ったあとでいったん外にでて、ワールドポーターズやコスモワールドで過ごす…なんてのもありですね。
今日は12時ごろの整理券が取れたので、そのまま中で遊ぶことにしました。


推奨コース
おそらくみんな「マイカップヌードルファクトリー」は行くと思いますので、入場したらまず3階に上がってここの整理券をいただきましょう。ディズニーランドのファストパスなどと違い「朝イチで行って夕方の整理券を取る」なんてこともできますので、余裕がある方は午後を取ってしまうのも手です。

そのあと、お子さん連れだったらさらに4階に上がってアスレチックの「カップヌードルパーク」の整理券を。
こちらは割合取りやすいようです。
(確かに、1回行けばまぁ満足かな~という感じではありました)

今回はファクトリーが12時から取れ、その前の時間でパークの整理券も取れたのでラッキーでした。


ファクトリー来た来た!
カップヌードルミュージアム 4人分

メインアトラクションのカップヌードルファクトリーでは、自分オリジナルのカップヌードルを作ることができます。組み合わせは5千数百通りくらいとアナウンスされてましたね。

まずは自販機でカラのカップ(1つ300円)を買い、席にあるペンで思い思いの絵柄を書いた後、それに中身を入れてもらいます。子供向けかなーと思いましたが、思ったより大人も楽しめますね。

写真は麺・スープ・具材を入れて封をする直前の場面。
右上から時計回りに、妻→上の子(5年生女子)→下の子(2年生男子)→僕です。

妻と上の子はチリトマトにエビやチーズなどの組み合わせ、下の子はしょうゆにコーンを加えたベーシックな感じ、そして僕はカレーでエビと肉といった組み合わせになりました。
なんとなくそれぞれ個性が出てますね(^-^)。


梱包
カップヌードルミュージアム マイカップヌードル 梱包

出来上がったものはこんな感じのパッケージで梱包。
トンネル状の袋が渡されるので、その真ん中にカップヌードルを入れて、専用の器具で周りに空気を入れるとこのとおり。カップヌードルをエアバッグ状に包んで保護します。これなら多少の衝撃でも大丈夫そう。

昼ごろにはみなとみらいにこのパッケージを下げた人が続出します。
電車の中でも結構見るんじゃないかな~。


あ、写真は自宅で撮ったものですが、もちろんこのあとすぐ食べました。
行くと自動的に晩ごはんが決まってしまうという、なかなか珍しいミュージアムですね(^_^;)。あ、もちろんそれぞれおいしかったですよ。


おまけ:赤レンガ倉庫から見た横浜港
横浜港 赤レンガ倉庫
(クリックで拡大)

歩ける範囲に赤レンガ倉庫もあります。
これは実は昨日の写真なんですが、ついでですので合わせて掲載。
2階からみると、港がかなりきれいに見えますよ~。


まとめ
オープン1年近くになってもまだまだ人気は衰えていない感じがしましたよ。
休みの日などは駐車場事情がちょっと厳しいのが難点ですが、探せば上限付きの駐車場もあるようですし、他の施設などと一緒に回ってもいいかもしれませんね。
夏休みに気軽に思い出作りもできますし、うまくやれば自由研究のネタにもOKかも…と思った1日でした。


関連サイト
!!! CUPNOODLES MUSEUM
カップヌードルミュージアムのオフィシャルサイトです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 8日 (日)

ソムリエナイフより簡単!GHIDINIのコルク抜きを買いました

GHIDINI GITANO コルク抜き 外箱

こちらの記事などでもご紹介しているとおり、最近はワインも結構飲むようになってきました。
これまでは無印良品で買ったシンプルなソムリエナイフでコルクを抜いていたんですが、スクリュータイプのコルク抜きってコルクが割れたり中に落ちたりすることも多いんですよね。

もちろん僕のウデがないのは認めますが、それでもきれいに抜きたいな~ってことで今回新兵器を買ってみました。
これ、なかなかすごいですよ。おすすめです。


購入した商品
購入したのはイタリアGHIDINI(ジディニ)というブランドの「GITANO」という商品。冒頭の写真のとおり、スクリューの代わりに2本の細い板ばねのようなものがついているだけのコルク抜きです。

本場イタリア製ですが、だいたいどこも600~800円程度で買えます。
僕はポイントがあったので楽天で買いましたが、Amazonのほうが送料無料になるので安いですね。

それでは写真を見ながらご紹介です。


取りだしたところ
GHIDINI GITANO コルク抜き キャップ

商品を箱から取り出したところです。
ハンドル部分は金属で結構重く、安っぽさはないですね。
黒い部分はプラスチックで、「刃」をカバーしています。


刃のアップ
GHIDINI GITANO コルク抜き 刃

キャップを取ったところです。2本の長さの違う刃がついていますね。
これ、下記のようにして使います。

(1)刃を差しこむ
2本の刃をコルクとビンの隙間に差し込んでいきます。
長いほう⇒短いほう⇒長いほう…という感じで左右に倒しながら差しこんでいくと、結構奥まで差し込むことができます。ただし刃がまっすぐ刺さるように、この段階ではひねらないこと。

(2)ひねりながら持ち上げる
刃が奥まで入ったら(根元まで入れる必要はないみたいです)、ここで初めてハンドルをひねりながら持ち上げます。

「こんなんで抜けるのか?」と思いますが、コルクをしっかり挟みこんで噛んだ状態になるので、スクリュータイプのコルク抜きよりもスムーズにコルクが上がってきます。
ソムリエナイフだとてこのようにして持ち上げるところ、このコルク抜きだと普通に手の力で上に引き上げるだけで抜けますよ。


抜けたところ
GHIDINI GITANO コルク抜き 抜けたところ

こんな感じで、コルクを傷めずにすっと抜けました。

特に年代モノのワインではコルクが柔軟性を失ってかなり固くなっているものがあるらしく、スクリューを差しこむと割れてしまうものも多いそうです。
そんなときこのコルク抜きを使うとコルクにダメージを与えずに抜けるので、大事なワインにコルクかすが入っちゃった…なんてことが防げるそうですよ。(僕はそこまで年代モノのワインなんて手が出ませんが(^_^;)。)


刃が鋭利なので多少気をつける必要はあるものの、女性でもかなり扱いやすいと思います。
一般的なコルク抜きに苦手意識がある方はぜひこちらで挑戦してみてください。結構感動モノですよ。


関連サイト
イタリー製 GITANO コルク抜き (プリズム)
今回買った店舗です。
商品そのものと同じくらい送料かかっちゃったのですが(^_^;)、すぐ届いたのは良かったかな。

イタリー製GITANOコルク抜き 3804
さすがAmazon、なんでもありますね。本体は若干高いですが、送料無料対象なので非常におトクです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 7日 (土)

オッギュのオリーブオイルとクレイジーソルトで野菜のグリル作りました

野菜 グリル
(クリックで拡大)

先日ご紹介したカルディのオリーブオイルを使って野菜のグリルを作ってみました。
適当な割においしかったので載せてみますね。


材料
基本的に冷蔵庫にある野菜ならなんでも行けるんじゃないかと思います。
今回はちょっとずつ余ってしまった下記のもので作りました。
だいたい3~4人分程度です。

・じゃがいも 2個
・玉ねぎ 大1個
・ピーマン 2個
・ニンジン 1本
・なす 2本
・ズッキーニ 1本
・いんげん 5本くらい?
・ベーコン 数枚

・オリーブオイル (エクストラバージンだとおいしい)
・クレイジーソルト
・塩コショウ


作りかた
ほんと作り方ってほどじゃないのですが、手順はこんな感じです。

(1)野菜・ベーコンを切る
適当に切ります。切り方は写真をご参考で(^_^;)。
なす、ズッキーニ、じゃがいもは切った後水にさらしておきましょう。

あ、根菜は火の通りを同じくしたいので、だいたい同じサイズに。
ちょっと大きい方が、調理時間はかかりますがおいしいです。

(2)根菜の下ゆで
根菜を下ゆでします。
うちのオーブンレンジには「根菜」なる自動メニューがあるので、それを使いました。

(3)オリーブオイルと塩を混ぜる
下ゆでしてる間に、ボウルにクレイジーソルト適量(小さじ1くらい?)とオリーブオイル(大さじ2くらい?)を入れて混ぜておきます。

(3)野菜を入れて混ぜる
ゆで上がった根菜をさっきのボウルに入れ、オイル・塩と和えます。
そのあと、他の野菜も入れちゃって味付けしちゃいます。
あ、その間にオーブンを余熱しちゃいましょう。

(4)グリル皿に並べる
オーブンのグリル皿に野菜を並べ、上からベーコンを並べます。
味が足りなさそうだったら塩コショウを振っちゃいましょう。

(5)オーブンで焼く
グリルモードで15分くらい焼きます。
まぁこれも焼き目を見ながら適当に。


完成
鍋しきをテーブルに置いて、大胆にグリル皿ごと出しちゃいました。
炒めるのと違ってあまり水が出ないので、野菜が甘いですね。
ビールにもワインにも合いますよ。
味が足りなければオイルや塩を振っていただきましょう!


関連サイト
*野菜のグリル* by yusya (Cookpad)
参考にさせていただいたレシピです。
時間がなかったので、和えてからすぐ焼いちゃいましたが(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 1日 (日)

ホンモノはこんなに軽いんだ!ストリート系マウンテンバイク「GIANT SNAP」買いました

GIANT SNAP マウンテンバイク MTB
(クリックで拡大)

今年もささやかながらボーナスが出ましたので、以前から欲しかった自転車を買いました。
モノは老舗GIANTのストリート系MTB「SNAP」。

GIANTの中では入門車ですが、やはり本物は全然違いますね。
今まで乗ってきた自転車はなんだったんだろう、という感じです。


購入した商品
前述のとおり、購入したのはGIANTのSNAPという自転車。
「オンロード向けのマウンテンバイク」という位置づけになっており、マウンテンバイクそのもののフレームに極太のスリックタイヤを履いたバイクになっています。

購入までは他メーカーの自転車を含めていろいろ迷ったんですが、最終的にこれを買った理由は下記のとおりです。

■MTBベースで丈夫なこと
メインで乗るのは街中や住宅地ですが、舗装路とはいっても結構道路には段差がありますよね。歩道と車道の継ぎ目とか、アスファルトの工事の跡とか、道路上のマンホールとか。なので、極細タイヤのオンロードバイクはちょっと不安があり、ごっついバイクのほうがいいかな~と。

■カラフルでカジュアル
本格的なMTBではありますが、4色から選べるのもポイント。
ホワイト、パープル、オレンジ、ガンメタ(?)の4色がありましたが、オレンジとホワイトで最後まで迷ったうえでホワイトを買いました。なんかホワイトのほうが速そうだったので(^_^;)。

■お手ごろな価格
この手の自転車としては抜群に安く、定価で39,900円。
かといっていわゆる「ルック車」ではなくれっきとしたMTBなので、「悪路走行禁止」なんて無粋なステッカーはありません。ホンモノがこの値段なら安いものですよね。

さて、それではざっくりレビューです。
まだ2日程度しか乗っていないので速報っぽい感じですね。


軽い!すごい!
お店からクルマで持ってきて、わくわくしながらひと漕ぎしてびっくり。
おおおお、これものすごく軽い!

僕が買ったのはフレームサイズ430mmなのでそこそこ重い(カタログでは360mmで14.0kgの表記)はずなのですが、漕ぎだした瞬間一気に進んでいく感覚を味わいました。1.9インチ(約48mm)の極太タイヤも太さの割に抵抗が少なく、すっと走っていきますね。平坦な道では一番重たいギアにしてもそう重さを感じないです。

ギアも前3×後ろ7のごく普通のエントリーモデル(リアはシマノALTUS)ですが、カチカチと小気味よく入ります。そういえば学生時代に乗っていたマウンテンバイクはフロントが入りづらかったな~なんてことを思い出したりしました。

あと、デフォルトでスタンドと反射プレートがついているのもポイント高いです。高級バイクを家の中に飾っているならともかく、玄関わきなどに駐車したり買い物に行ったりするようなときは、やはりスタンドがないと困りますし、夕方などに乗るときは反射板があったほうが安心です。
エントリーモデルだからこその装備ですが、僕は気に入ってますよ。

実はこれまでも中国製のなんちゃってクロスバイク(グリップシフトの6段変速(^_^;))に乗っていたのですが、それとはまったく違う乗り心地。適切なギアを選べば、坂道なども腰を上げることなしにすいすい登っていくので、思った以上に遠出できちゃいます。いや~、やっぱり本物は違いますね。

さて長くなりましたが、以下いくつか写真を載せておきますね。
ご参考まで。


タイヤ
GIANT SNAP タイヤ マウンテンバイク MTB

これが太さ1.9inchの極太フロントタイヤ。
太いですがブロックパターンではなくスリックタイヤに近いので、ごつごつせずスムーズに走れます。


ギア
GIANT SNAP ギア マウンテンバイク MTB

本文中にも書いたシマノのALTUS。
エントリーモデルですがしっかり入りますよ。


購入場所・価格など
近くのサイクルベースあさひにて、37,800円。
安くていい自転車だと思いますよ。


関連サイト
2012 Giant Bicycle [SNAP] -outline- (GIANT)
購入したSNAPのオフィシャル情報ページです。
詳しいスペックなども掲載されていますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »