« Google AdSenseがデザイン変更。効果は今のところ微妙かな。 | トップページ | auのスマートフォン「HTC J (ISW13HT)」買いました(その2:カバーや保護シートなど) »

2013年1月 3日 (木)

軽い!速い!auのスマートフォン「HTC J (ISW13HT)」買いました(その1:ファーストインプレッション)

HTC J ISW13HT

以前auのスマートフォン「IS02」買いました!という記事でご紹介しましたとおり、2010年の10月にauのWindows Mobile端末「IS02」を購入し、以後相当便利に使ってきました。

しかし購入後2年がたち、さすがにバッテリーの持ちや空き容量などで不安を感じることも多くなってきました。次もできればハードウェアキーボード装備の端末がほしいと思って待っていたのですが、さすがに待ち切れず(というか半分あきらめで)新しい端末を購入してしまいました。

購入したのはWiMAX版のHTC J(ISW13HT)。
すでに後継機のButterflyが発売されている中なぜこの機器にしたのか、その理由と購入後のインプレッションをご紹介します。


購入の理由
これまで使っていたIS02はWindows Mobileマシンなので、当然のように次もWindows系スマートフォン(Windows Phone8)を考えていました。
会社では基本的にOutlookでスケジュールや連絡先を管理しているので、完璧にPCと同期できるWindows系スマートフォンはほんとに便利なんですよ。僕にとってのキラーアプリはActiveSyncなんじゃないかと本気で思っていました。

ただWindows Phone 8の発売は日本ではかなり先になりそうですし、さらにキーボードがついた端末が発売されるのは絶望的。そんなわけでようやくAndroidに鞍替えしてみようと考えたわけです。

機種変更することを前提としていたのでauの中で候補選びをしましたが、その中でもこの機種に決めた理由は下記のとおりです。

■「HTC Sync Manager」の存在
HTC製Android線用で、端末とPCのOutlook間で連絡先やカレンダーなどを同期できるアプリが提供されています。これならWindows Mobileからの乗り換えも違和感がないのではないかと考えました。
もちろんカレンダーや連絡先の同期はGoogleを経由すればなんとかなってしまうんですが、やはり会社のデータをすべてGoogleに預けてしまい、そこに依存してしまうのはセキュリティ上よくないと思いましたので、まずは端末同士で同期できることを考えました。

■WiMAX対応
この端末はWiMAXでの単体通信およびテザリング対応です。
僕の生活圏はほぼWiMAX対応になっており、かつ今後は電波も空いてくるのではないかという期待もあり、逆に今後混んでくるであろうLTEを避けてWiMAXにしてみました。
まだあまり使ってはいないんですが、明らかに高速通信が実現できています。

■バッテリー容量
1,810mAhのバッテリーを積んでおり、長時間の利用が可能とのことなので。
IS02は1000mAhしかなく、かなり苦労しましたしね。

■安い
Butterflyが出た後だったので、ちょっと安くなってました。
まぁ最後の決め手はここです。


さて、それでは写真を見ながらざっくりファーストインプレッションです。
ほんとに年末に機種変更したため、まずは外観程度で。


正面
HTC J ISW13HT

冒頭にも載せましたが、正面から見たところです。
ディスプレイは4.3インチ。有機ELで960x540ドットの解像度です。
IS02も有機ELでしたが、HTC Jは明るいためか数値以上に奇麗に見えますね。


背面
HTC J ISW13HT 背面

背面はまっ平らではなく、緩くカーブしています。
最近は平らな端末が多い中、ちょっと珍しいかも。

なお背面は色によって素材が違うようで、僕が選んだ白はご覧のように光沢のあるプラスチックの素材です。
汗をかくと結構滑りますかね~。


右側面
HTC J ISW13HT 右側面

ディスプレイに向かって右側面です。
上部にシーソー式のボリュームボタンがあります。


左側面
HTC J ISW13HT 左側面

同じく左側面です。
Androidだとデフォルトだと思いますが、充電・Sync用のMicroUSBコネクタがあります。

このコネクタですが、キャップが結構開けづらく、かつふたを止めているリードの部分が短いために充電用ケーブルを選びます。コネクタ周りが大きいケーブルだと、USB端子がきっちりはまらなくて充電が難しいことも。
以前充電・同期切り替えスイッチ付きのUSB変換コネクタの記事でご紹介したコネクタでは周りに干渉して入りませんでした…。

ちなみに通常のMicroUSBコネクタでUSB-ACアダプタから問題なく充電できます。一部の機種のように、充電だけ行う際は専用のケーブルが必要…ということはありません。


とりあえず快適です
全体的にきびきび動きますし、必要があれば大抵のアプリは用意されているので(このあたりがWindows Mobileとは違うところ)、今のところはかなり快適に使えています。
肝心のキーボードはまだまだなれませんが、そこはあきらめて慣れていくしかないでしょう。

次回はケースやソフトウェアなどについてもレビューできればと思います。
こうご期待。


関連サイト
スペック&サービス | HTC J ISW13HT | au
auのオフィシャル商品情報です。

HTC J ISW13HT au [ブラック] のクチコミ掲示板 (価格.com)
kakaku.comの口コミです。すでに10,000件以上の投稿がありますね。
レビューもおおむね好評なものが多いみたいです。

|

« Google AdSenseがデザイン変更。効果は今のところ微妙かな。 | トップページ | auのスマートフォン「HTC J (ISW13HT)」買いました(その2:カバーや保護シートなど) »

もの>携帯・スマートフォン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153129/56462012

この記事へのトラックバック一覧です: 軽い!速い!auのスマートフォン「HTC J (ISW13HT)」買いました(その1:ファーストインプレッション):

« Google AdSenseがデザイン変更。効果は今のところ微妙かな。 | トップページ | auのスマートフォン「HTC J (ISW13HT)」買いました(その2:カバーや保護シートなど) »