« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月21日 (日)

伸びすぎたアイビーをセラミスで挿し芽にしてみました

アイビー ハイドロカルチャー

ベランダに結構大きな鉢植えのアイビーがあります。
弱いはずの冬も難なく乗り切って、最近だいぶ伸びてきたので、つるを少しもらって挿し芽にしてみました。
うまく根づくといいな。


切ったつるとメネデール
アイビー つる

切ったつるの皆様です。
根っこがない状態になるので、あまり葉っぱがあると一気に水分が失われちゃいますよね。なので、つるの下のほうの葉っぱは取り去って、上のほうだけを残しています。

そのあと、発芽・発根促進剤の「メネデール」を入れた水につけて水上げ。
20分くらいこの状態で置いておきました。


植え込み用のポット
ミルクポット 水差し IKEA

今回は以前IKEAで買った水差しに植えてみます。
ハイドロの場合、水加減がわかりやすいように本当はガラスのほうがいいんですが、ガラスだとどうしても汚く見えちゃうんですよね。
アイビーは丈夫ですし、うまく根付けば多少水切れしても大丈夫かな、ということで、今回はこの器にしてみました。


水質改善剤:ミリオンA
水質改善剤 ミリオンA

ここで登場、「ミリオンA」という水質改善剤です。
これ、珪酸塩白土という種類の土で、多くのミネラルを含んでいます。

どっちかというと土というより柔らかな石といった見栄えのもので、特に水栽培やハイドロカルチャーのときに水質をきれいに保つ働きがあります。
毎度僕もお世話になっており、今回も上記のポットの底に軽く敷く程度に入れておきました。


用土:セラミス
セラミス

これがいつも使っている土代わりのセラミス。
柔らかいレンガのような素材で、空気をたくさん含むことができるため、底に穴の開いていない容器でも植物を育てることができます。

よくある「ハイドロボール」も似たようなものなんですが、経験上セラミスのほうが圧倒的に植物の根付きがいいですね。
事前に洗ったりしなくていいのも楽です。
まぁその分ちょっとだけお高いのですが…。

植え方は簡単。
まず先ほどのミリオンAが隠れるくらいポットの底に敷き、その上に切ったつるを入れた後、周りにざざーっと入れていきます。あとは形を見ながら首元まで入れて完成。
最後に、最初に入れたメネデール入りの水を注いで完了です。

本来ハイドロカルチャーは容器の底に1~2cmくらいだけ水を入れて育てるんですが、挿し芽なのでかなり多めに入れておきました。これに茎が反応して根が伸びてくれれば、あとは乾燥気味で育てても大丈夫かな。


完成!
アイビー ハイドロカルチャー

というわけで、冒頭の写真のとおり完成しました。
うまく根付いて、このまま育ってくれればいいなと思ってます。
うまくいったらまたご報告しますね。


関連サイト
Plant and Orchid Care Products | Seramis
セラミスのオフィシャルサイトです。
日本語のページはなぜか今つながらなくなっているので、英語版サイトです。

ミリオン・ミリオンA・ハイフレッシュ:家庭園芸用土壌改良資材
ミリオンAのオフィシャルページです。

【3,150円以上で送料無料】セラミス・グラニュー2.5L (ガーデニングどっとコム)
腐るものではないので、このくらいのサイズのものを買っておくと便利です。鉢が1つ2つなら小さいのでもよいのですが、ハイドロって案外すぐ増えるので。

ミリオン A 500g(ブロックシリコ) (ガーデニングどっとコム)
ミリオンAはここまでのサイズは不要かな?1回に使うのは結構少なくても大丈夫です。
入れないとすぐカビになったりするので、ぜひ入れてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月13日 (土)

これがこうなるのか!ハナヤマキャストパズル「キャストドーナツ(CAST DONUT)」解けました!

キャスト ドーナツ cast donut ハナヤマ パッケージ

先日のキャストハーモニー購入の記事キャストデルタの記事に引き続いて今日は第三段。結構難しくて僕に合わないかな?と思いつつやっていたら、なんとか解けたのでご紹介です。

これもなかなか素晴らしい造形ですよね。
あえてこのブログでは解法は書きませんので、造形の妙にふれていただければと思います。


商品について
キャスト ドーナツ cast donut ハナヤマ 開封

今回ご紹介するのは「キャストドーナツ (CAST DONUT)」。
ご覧の通り2つのリングがつながった構造になっているパズルです。
キャストパズルの中では新しいシリーズ(といっても2011年発売ですが)で、非常に滑らかな手触りの金属で作られているのが特徴ですね。

これ、分割線はあるものの一見するとどこからも外れそうにありません。
リングとリングがチェーンのようにつながっている感じですから、外しようがないように見えますね。

ただ組めているとうことは外せるということ。
そんなわけでがんばって外してみましょう。


解けたところ
キャスト ドーナツ cast donut ハナヤマ 解けたところ

これが外れたところです。
タネがある裏側は掲載できませんので、表だけ見てみてください。

黒っぽいパーツは切れ目のあるわっか(C環)で、合体すると1つの輪になります。
シルバーのパーツは完全な輪ですが、横半分にベーグルのようにスライスされており、この分割線を境目として動きます。
それらをうまーく動かしていくと、外れる瞬間がやってきますよ。

僕も最初やったときは全くとっかかりがつかめませんでしたが、ある程度動きが分かるとあとは想像力でカバー可能なパズルだと思います。
総合難易度は「4」ですので、それなりに歯ごたえはありますし、造形も非常にきれいですので、ぜひチャレンジしてみてください。


関連サイト
キャストドーナツ(ハナヤマ)
オフィシャルの商品情報です。

キャストパズル キャストドーナツ (遊びDS)
ここが楽天では最安値ですかね~。まとめて買うならここですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月10日 (水)

コンパスには見えない!まさにペンのようなコンパス「ペンパス」買いました

ペンパス PENPASS パッケージ

しばらくほったらかしにしていてすみません。
先日3つ買ったキャストパズル、最後の1つがまだ解けてないので、ちょっと今回は別のものをご紹介。
まさにペン型のコンパスです。
いやー、文房具ってまだまだ進化してるんですね。


購入した商品
購入したのはその名も「ペンパス」。
まさにペンのような外観を持つコンパスです。

ちょうど新学期で子供の文房具を買いに行ったんですが、そのときにこれを見つけて一目ぼれ。会社ではコンパス使うシーンなんてないんですが、そのデザインにひかれて買ってきてみました。

商品体系としては昔ながらの鉛筆の芯を挟んで書く「芯タイプ」と、シャープ芯が使える「シャープタイプ」の2種類。僕は汎用性が高いかなということで「シャープタイプ」を購入しました。

それでは写真と一緒にレビューしますね。


外観
ペンパス PENPASS

パッケージから取り出すとこんな外観になっています。
キャップを上にするとまさにペンの形。
パッと見ただけではこれがコンパスだと気づく人は少ないと思います。


キャップを取ったところ
ペンパス PENPASS 先端

キャップを外すとこのようになります。
キャップはコンパスの針と芯の部分(このタイプだとシャープ芯の部分)をカバーするようになっていて、安全性は高そう。そこそこ引っかかりがあるので、ペンケースなどに入れておいても不用意に針が露出することはなさそうです。


利用時
ペンパス PENPASS 円

利用時のイメージはこんな感じ。
コンパスなんて使ったの何年ぶりでしょう(^_^;)。懐かしいですね。

コンパスとしての実用度もちゃんとしていて、開くとつまみがちゃんとセンターに来るようになっています。また、シャープ芯は削らなくても細い線が書きやすいので、鉛筆芯のものより使い勝手はよさそう。0.5mm芯なので、普通のシャープ芯も使えますしね。(ただ、長さは30mmなので、一般の芯は折って使う感じになると思います)

字を書くわけじゃないので、少し濃いめの芯のほうがきれいに描けるみたい。
今は手元にあった2Bの芯を入れてみてます。


まとめ
とにかく造形とギミックがすばらしいですよね。
文具ファンじゃなくても「おおっ」と思うんじゃないでしょうか。

まぁ僕みたいな普通のサラリーマンにとっては毎日使う道具じゃないですが、手元に置いてあると結構話題にできたりしていいんじゃないかな~と思います。価格もそんなに高くないので、ぜひお店とかで手に取ってみてください。


購入場所・価格など
近くの文具店で840円でした。定価ですね。


関連サイト
ペンパス:スタディメイト: (株式会社レイメイ藤井)
オフィシャルの商品情報ページです。
「レイメイ藤井」ってあまり聞かない名前ですが、文房具売り場に行くと案外ここの商品が置いてあるみたいです。

PENPASS 【ペンパス シャープタイプ★替芯付 】

ネットだと安いですね~。
ここのお店はメール便でも発送可能みたいなので、メール便使えば普通の文房具屋さんで買うより安上がりになったりするかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »