« マクロとボケ感が気持ちいい!ニコンの単焦点レンズレンズ「AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G」買いました | トップページ | 新サイトに引っ越します »

2015年6月 7日 (日)

きりっと苦いメーカー製クラフトビール。サントリー「クラフトセレクト ペールエール」飲みました

サントリー クラフトセレクト ペールエール

2013年ごろから「クラフトビール」という言葉が流行ってます。
明確には定義がないものの、基本的には「ビールを愛する醸造家が小規模ロットで生産するビール」ということのようですね。

小ロットのビールは以前から「地ビール」と呼ばれていたりしましたが、「地ビール」はどちらかというと地元の食材を使っており、ともすればちょっと色モノのビール(ワサビとか)という印象が強いですよね。
「クラフトビール」は作り手がビールそのものの味にこだわったビール、という印象があります。

そんな中、大手メーカーも自社の技術を生かしてさまざまな限定ビールを「クラフトビール」として売り出すようになりました。今回はサントリーのものを飲んでみましたので、感想です。


商品について
今回飲んだのはサントリーの「クラフトセレクト」シリーズ第一弾、「ペールエール」です。
サイトによれば「目が覚めるような爽やかな香りと心地よい苦み」とのこと。
もともと苦いビールが好きな僕にとっては買わない理由がない…ということで、近くのコンビニから仕入れてきました。
というわけで感想を少し。


香りが違う!
缶を開けてグラスに注ぐのも待ち切れず早速ひと口。

…おおお、日本のビールらしからぬいい香りがします。これはいいかも。
ビール好きが集まるビアパブで出されるビールのような、なんというかフレッシュな香りがしますね。

味わいも宣伝通り苦めで、僕の好み。
ずっしり来るような感じではないですが、味も強くきりりと苦いビールです。
とはいえホップをどかどか突っ込んだIPAのような「とっつきにくさ」もないので、割合万人に受けるように作ったんじゃないでしょうか。このあたり、大手メーカーらしいバランスですね。
(ちなみに僕はIPAも大好きです)


まとめ
大手メーカーもこういうところに入ってきてくれると、ビール業界全体が活性化していいですよね。
本当に小ロットで作っている既存のクラフトビールメーカーとは実はそんなに競合しないと思いますし、こういった商品がどんどん出てきてほしいです。

ここ数年は税金の関係で第二第三のビールばかりが開発されてきましたが、酒税法も改正の方向に動いていますし、本来のビールが盛り上がるといいなぁ、と感じた次第でした。


関連サイト
CRAFT SELECT <クラフトセレクト> サントリー
オフィシャルの商品情報ページです。
次回は「スペシャルビター」なる商品が出るとか!楽しみです。

【3ケースまで1送料】サントリー クラフトセレクト ペールエール 350ml×24本

楽天の販売ページです。
期間限定販売なので、気に入った方はぜひお早めに。

|

« マクロとボケ感が気持ちいい!ニコンの単焦点レンズレンズ「AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G」買いました | トップページ | 新サイトに引っ越します »

もの>たべもの・のみもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153129/61710662

この記事へのトラックバック一覧です: きりっと苦いメーカー製クラフトビール。サントリー「クラフトセレクト ペールエール」飲みました:

« マクロとボケ感が気持ちいい!ニコンの単焦点レンズレンズ「AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G」買いました | トップページ | 新サイトに引っ越します »