2015年5月10日 (日)

マクロとボケ感が気持ちいい!ニコンの単焦点レンズレンズ「AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G」買いました

タイプライター 模型 ニコン 40mm F2.8

しばらくお休みしていましてすみません。
久々の更新はレンズの話題です。

先日、愛機D5100のレンズをもう1本買いました。
ついに僕も単焦点レンズデビューです。
ここ2週間ほどでだいぶお見せできる写真も出てきましたので、恥ずかしながら公開してみます。


購入したレンズと購入の理由
購入したのはニコンのデジタル一眼用単焦点レンズ「AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G」。名前のとおり、焦点距離40mmで固定F値2.8のレンズです。
APS-Cサイズのいわゆる入門機用ですので、フルサイズだと60mm相当ですね。

購入に至った最大の目的はマクロ撮影。
僕はこんなブログをやっていることもあり物撮り(ブツどり)を行うことが多いのですが、これまで持っていたキットレンズでは明るさが足りなくてぶれてしまったり、対象物に寄りきれなかったりすることが多かったんですよね。
そんな中でいろんなサイトを見ているうち、明るくて寄れる単焦点がどんどん欲しくなり、自分への誕生日プレゼントとして購入したという次第です。

それでは最近撮ったサンプルを9枚ほど載せてみますのでぜひご覧ください。
いずれの写真も補正はしておらず、単にリサイズしただけ。
クリックで横1280pxのサイズを表示します。


撮影サンプル
タンポポ ニコン D5100 DX 40mm F2.8
(クリックで拡大)

タンポポです。
少しピントが合ってないですが、花の中心部の構造はわかるでしょ?


タンポポ 群生 ニコン D5100 DX 40mm F2.8
(クリックで拡大)

近くの土手にタンポポが群生していたので撮影。
奥に行くに従って綺麗にぼけていきますね。


タンポポ 綿毛 ニコン D5100 DX 40mm F2.8
(クリックで拡大)

綿毛になったタンポポ。
解放で撮っているのでピントが合っている範囲は狭いですが、合っているところは綿毛1本1本まで綺麗に見えます。


ナガミヒナゲシ ニコン D5100 DX 40mm F2.8
(クリックで拡大)

よく街路樹の下などにみられるナガミヒナゲシ。
実は非常に繁殖力が強い厄介な外来植物なんですが、いろんなところでよく見かけますよね。


ナガミヒナゲシ ニコン D5100 DX 40mm F2.8
(クリックで拡大)

別の花を真上から撮ってみました。
レンズで覗き込むような感じまで(実際はレンズの先から数センチ程度まで)ピントが合います。さすが。


あじさい つぼみ ニコン D5100 DX 40mm F2.8
(クリックで拡大)

アジサイのつぼみです。
少し風があったのでピントがずれちゃったのが残念。


CASIO EDIFICE ニコン D5100 DX 40mm F2.8
(クリックで拡大)

このブログでも以前紹介したカシオのEDIFICE。
当然片手で撮ってますが、シャッタースピードが稼げるので結構ちゃんと写りました。

(関連記事)
ストップウオッチを見てるだけでうっとり。カシオのクロノグラフ「EDIFICE EQW-M1100DB-1AJF」買いました!


タイプライター オブジェ ニコン D5100 DX 40mm F2.8
(クリックで拡大)

家に飾ってあるタイプライターのオブジェ。
解放で撮るとこんな感じのピントの合い方になります。


タイプライター オブジェ 寄り ニコン D5100 DX 40mm F2.8
(クリックで拡大)

前の写真からさらに寄ってみたもの。
「G」にピントを合わせたつもりですが、手持ちなのですこーしずれてるかも。


楽しいです
昔からマクロ撮影大好きな人なので、このレンズはほんとに楽しいですね。
ぐぐーっと寄れ、周りをぼかして撮れるのは感動的です。
いやーもっと早く買えばよかった。

いまはボケ感が楽しすぎていわゆる「日の丸写真」ばかりになってしまっていますが、これもおそらくみんな通る道。
この気持ちがあるうちはどんどん日の丸で撮りまくりたいと思っています。
見せられる写真がたまったら、またご紹介しますね。


購入場所・価格など
Joshin (楽天内店舗)にて、保護フィルターセットで27,940円。
これだけの性能の単焦点レンズなら安いほうだと思います。

ちなみにこのレンズかなり人気らしく、注文から手元に届くまで1カ月近くかかりました。もしすぐ欲しいという方は在庫がある店舗で購入されるといいかもしれません。


関連サイト
AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G - 概要 (ニコン)
オフィシャルの商品情報ページです。
サンプル写真はさすがに段違いに綺麗ですね。

ニコン AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G (52mmフィルター付き)

購入したJoshinのサイトです。
保護フィルターつきでこの価格は他にはなかったですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月29日 (日)

D5100でちょっと早い桜を撮りに行きました

桜 枝 D1500
(クリックで拡大)

週末、花見&桜を撮りに近くの公園に行きました。
満開まではもう少しかかりそうでしたが、撮影したものの中からとりあえず自分が気に入ったものを公開してみます。
ちょっと恥ずかしいですが、ご覧ください。

なお以下すべての写真はニコンのD5100で撮ってます。
以前買った簡易マクロつきのズームレンズと標準ズームで撮ってるんですが、単焦点レンズも欲しくなってきました(^_^;)。


幹に咲く桜
桜  D1500
(クリックで拡大)

幹から咲いた桜です。
こんな感じで背景が暗めだと桜の色がちゃんと出ますよね。


枝の上のほうの桜
桜  D1500
(クリックで拡大)

枝の上のほうの花です。
まだ咲き始めだったので、こんなふうにバックに花を入れてもほとんどがつぼみでした。ちょっとさみしいですね。


先端
桜 先端 D1500
(クリックで拡大)

同じく枝の先端に咲いている桜です。
これも、もう少し全体が咲いてくれてれば綺麗だったかも。


幹の桜
桜 枝 D1500
(クリックで拡大)

最初のように、同じように幹に咲いた花です。
これはつぼみにピントを合わせたつもりですが、あんまり合ってないですね…。
まだまだ修行です。


幹に咲く花 パート2
桜 枝 D1500
(クリックで拡大)

ちょっとレンズを変えてみました。
幹に咲く桜はコントラストが綺麗ですよね。



桜 枝 D1500
(クリックで拡大)

青空をバックに。
風があったのでぶれちゃってますが…。


おまけ:オオイヌノフグリ
桜 枝 D1500
(クリックで拡大)

オオイヌノフグリも咲いていたので撮ってみました。
もしや今日の中ではこれが一番かも(笑)。

というわけで拙い写真を何枚か晒してみました。
これからの季節はいろいろと撮りたいものも増えるので、1つ単焦点レンズでも買って勉強してみようかなと思っています。
ああ、いわゆる「レンズ沼」への第一歩かもしれません。


関連サイト
ニコンD5500 18-55 VR II レンズキット

僕のD5100はすでにだいぶ型落ちになってしまいましたね。
本記事時点ではD5500が最新です。やっぱり新しいのはいいなぁ…。

SIGMA (シグマ) APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO

上の子が小学生になった時に運動会用として買ったレンズですが、今でもまったく問題なく使っています。スイッチ切り替えで簡易マクロレンズになるので、小さなものをズームで寄って撮れるのがいいんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 3日 (火)

一巡してまたナノケアに。パナソニックのドライヤー「ナノケア EH-NA96」買いました

Panasonic ナノケア EH-NA96 ホワイト 箱

4年ほど前に買ったドライヤーが徐々に調子悪くなってきたので、新しいドライヤーを購入しました。
まだそんなに使ってないですが、なかなかいい感じですよ。


購入の経緯
今使っているドライヤーは4年前に購入したもの。
どちらかというと風量・乾燥力重視で、その当時最大風量を誇っていたコイズミのものを購入しました。
(その時の記事はこちら → 大風量で早い!コイズミ マイナスイオンヘアドライヤー「BACK STAGE KHD-1386」買いました)

ところがこれ、最近になって少し風量が落ちてきました。
具体的に言うとスイッチを入れた瞬間は風量が弱く、使っている間にスイッチが切り替わって風量が上がるような状態。毎日結構使ってますし、ほこりとかが詰まってしまったのかもしれません。

というわけで新しいものをぼんやり検討していたのですが、上の子(中1女子)が髪を伸ばしていることと、妻の誕生日が近いことの2つの理由で、今回ナノケアを買ってみました。

実はさらにその前はナノケアを使っていたので、一巡してまた戻ってきた感じです。
以前に買ったものとの違いなど、気になるところをレビューします。


使用感
Panasonic ナノケア EH-NA96 ホワイト

というわけで使用感のレビューです。

まずは気になる「ナノイー」の効果から。
僕は髪が短いのでそんなに違いを感じませんが、上の子や妻は「明らかに違いが分かる!」とのこと。髪を乾かしたときに毛先が自然にまとまってくれるそうです。
ナノイーの中身は正直よくわかりませんが、ともかく効果があるとのことなので買物としては正解だったということかな。
そういわれてみれば、心なしか僕もさらさら感が増した気がします。


次は風量について。
本ナノケア、カタログスペックの風量は1.3立方メートル/sです。
以前のBACK STAGEはその当時の最大風量を誇る1.7立方メートル/sだったので、このナノケアは多少風量について心配をしていました。

ですが、付属のノズルが細めに作られているので、スペック以上にちゃんと風量が感じられます。乾かす早さも以前とほぼ違わず、スピーディですね。
以前買ったナノケア(おそらく初代近辺だったと思います)はこのあたりにちょっと不満があったので、数年たってだいぶ改良されたな~という印象を持ちました。


最後はその他の機能。
一定時間ごとに温風と冷風を繰り返す「温冷リズムモード」や、少し低めの温度(60度)で地肌を乾かす「スカルプモード」などがあったりして、なかなか機能的には充実してますね。

僕なんかから見ると「早く乾けばそれでいいじゃん」と思いがちですが、髪を気にしている人にはかなりいいもののようです。
ドライヤーとしてみるとちょっとお高いですが、やはりそれなりの価値はありそうですよ。


購入場所・価格など
楽天内のNTT-X Storeにて12,980円。
これでもかなり安いほうでした。


関連サイト
ヘアードライヤー ナノケア EH-NA96 (Panasonic)
オフィシャルの商品情報ページです。

【送料無料】パナソニック Panasonic ヘアードライヤー ナノケア (白)

購入したサイトです。
日々価格は変わっているようなので、もしかすると今日時点では別のお店のほうが安いかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 2日 (金)

久々の新マウス。ロジクール「マラソンマウス m705t」買いました

ロジクール マラソンマウス m705t

あけましておめでとうございます。
今年もゆるく長く書いていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

新年一発目はガジェットWatchの名前にふさわしくマウスから。
去年のうちに購入していたのですが、新年の仕事から使うつもり。
仕事始めのモチベーションですね。


購入した商品
今回購入したのはロジクールのマウス「m705t」。
高速スクロール可能なホイールを搭載したワイヤレスマウスです。

これまでは同じくロジクールのMX-1100という大型マウスを使ってきました。
数年使ってチャタリング(シングルクリックがダブルクリックになったりする)が起こったりしましたが、アルコール清掃して特に問題なく使い続けてきました。
(レビューおよび分解の記事はこちら → 「ロジクール マウス「MX1100(MX-1100)」買いました!」、「チャタリング発生のため、ロジクールのMX-1100を分解・清掃しました」)

ただ会社で4年も酷使していたため、最近はゴム部分の劣化がだいぶ進んできてしまいました。ちょっと爪でひっかけたりすると硬化した部分が崩れてきちゃう…という感じになってしまったため、今回新しいものの購入に至ったというわけです。

MX1100の後継なら本来はm950tが適切なんですが、さすがにまだ高いんですよね…。ただワイヤレスとハイパーファストスクロールの快適さは捨てがたいので、今回はそれらが満たせるものの中で一番安かったm705tにしてみました。

前置きが長くなりました。
それでは写真見ながらレビューです。


パッケージ
ロジクール マラソンマウス m705t パッケージ

ロジクールらしいブリスターパッケージに入っています。
Unifyingレシーバーも見えますね。

ちなみにパッケージにはちゃんとミシン目が入っていて、刃物などを使わずに開封できるようになっています。細かいところではありますが、こういう配慮は嬉しいですよね。

内容物としては本体とレシーバの他に単三乾電池が2本入ってます。
ちなみにこのマウスは電池が3年ももつらしいので、下手するとマウスが寿命になるので購入時の電池を使ってる…なんてことがあるかもしれません。


本体
ロジクール マラソンマウス m705t

冒頭の写真のとおり、これが本体。
ロジクールの中では中型~小型の部類だと思います。
幅はそれなりにありますが、縦の長さは短めですね。


左側面
ロジクール マラソンマウス m705t 左側面

左側面です。
サイドボタン2つのほか、ソール近くの白いマークのところにロジクールお得意のステルスボタンが1つついています。

個人的にはステルスボタンは使ってなかったのですが、せっかくなので今回はうまい利用方法を考えようかなと思ってます。仮想デスクトップの切り替えとかがいいかなぁ…。


右側面
ロジクール マラソンマウス m705t 右側面

右側面です。こっちはボタンなどはなくシンプル。
左右ともにラバー素材が貼ってあり、滑りにくくなっています。


ボタンとホイール
ロジクール マラソンマウス m705t ボタン ホイール

左右ボタンとホイールです。
ボタンは本体と一体化されている形状で、クリック感がしっかりあります。その分カチカチというしっかりとした音がするので、気になる人は気になるかも。僕はキーボードもやかましいメカニカルなので、マウスクリックは全く気にならない人ですが(^_^;)。

ホイールは金属製で、そこそこの重みがあります。
通常時は回転の際にクリック感がありますが、ホイール下のボタンを一度押すと全くクリック感がなくなってホイールがフリー回転するモードになります。このモードでホイールを回すと、その重さを活かして数秒間ぐるんぐるん回り続けるため、長い距離を一気にスクロールできるようになります。
たとえばExcelでは一気に1万行くらいのスクロールも可能。この快適さを知ってしまうとなかなか普通のマウスには戻れないんですよね。僕がロジクール信者になっている理由の一つです。


底面
ロジクール マラソンマウス m705t 底面

底面には電源スイッチと電池フタ。
電池は単三乾電池2本ですが、1本でも動作します。
僕は重たいマウスが好きなので、今のところは2本入れてます。

あと、レーザーセンサーの位置がかなり右寄り(小指側)なのが分かります。
気になる人は気になるかもしれません。


m510との比較
ロジクール マラソンマウス m705t m510 比較

自宅で使っているm510との比較です。
今回のマウスのほうがだいぶ短いのが分かるかと思います。
m510は持った時に背中が手のひらに当たりますが、m705tは触れるか触れないかくらいですね。リストレストを使うのであれば、ほぼ手のひらは当たらないと思います。

本当はm510くらいの中型~大型のマウスが良かったのですが、そうなると高い奴しか選択肢がないんですよね…。まぁすぐ慣れると思いますし、しばらくは使いこんでみようかと思います。


購入場所・価格など
Amazonで3,890円でした。が、今はさらに安くなってますね。
この値段で買えるマウスの中では他のものに比べて頭2つくらい抜けていると思いますので、迷ったらこれ買っておけばいいと思いますよ。


関連サイト
ロジクール マウス「MX1100(MX-1100)」買いました!
チャタリング発生のため、ロジクールのMX-1100を分解・清掃しました
安定の快適さ。Logicoolのワイヤレスマウス「M510」買いました

これまで購入してきたマウスのレビューです。
すっかりロジクール教になってますね(^_^;)。

LOGICOOL マラソンマウス M705t
ロジクール (2013-08-02)
売り上げランキング: 150
購入したページです。 この記事を書いている時点で3,345円。この値段なら満足度高いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月14日 (日)

軽くて楽ちんなコンパクトデジカメ。キヤノン「IXY 120 (レッド)」買いました

キヤノン canon IXY 120 レッド 外観

僕、昨年初めに書いた記事のとおり、普段はニコンのD5100というデジタル一眼を使っています。
ですが、ちょっとしたお出かけのときなどにわざわざ一眼をよっこらせと持っていくのはやっぱり面倒。以前買ったコンデジもだいぶ古くなってきたので、今回新しいのを購入しました。
あー、これは確かに楽ちん。イージーですがそこそこ撮れますよ。


購入した商品
購入したのはキヤノンのコンパクトデジカメ「IXY 120」。
発売は2014年2月ですが、すでに後継のIXY 130が出ていたため、かなりお安く買えました。
それでは写真見ながら使い勝手などご紹介します。


外観
キヤノン canon IXY 120 レッド 外観

冒頭の写真のとおり、正面からみるとこんな感じ。
素材はプラスチックですが、IXYの名を持つだけあってそんなにしょぼい感じはしませんね。軽量化には効いていると思いますし、ボディの赤もきれいなので、「モノ」としての満足度は高いです。

レンズは28mm~224mmの8倍ズーム、F3.2~F6.9という感じ。
もう少しだけ広角側が広いといいなぁと思いますが、これだけコンパクトなボディの中に光学8倍ズームを納めているだけでもすごいかな。
以前使っていたPanasonicの「LUMIX DMC-TZ3」は10倍ズームを搭載していましたが、「コンデジ」というにはちょっと大きくて重かったんですよね。それからみるとすごい進化だなと思います。

あ、IXY 120はエントリーモデルのために光学式手ぶれ補正もありません。
運動会や外のスナップなど、基本は明るいところで撮ったほうがよさそうです。


背面
キヤノン canon IXY 120 レッド 背面

背面はこんな感じ。
液晶は2.3インチの23万画素ということで、高級モデルには劣るものの十分キレイです。
ボタン類もまぁ迷うことはないですね。


上面
キヤノン canon IXY 120 レッド 背面

上面は電源ボタン・シャッターボタン・ズームレバーという感じ。
これもよくある配置ですので迷わないですね。


作例
キヤノン canon IXY 120 作例
(クリックでFlickrにリンクします)

作例…というほどでもありませんが、ベランダに置いているオキシカルジウムのハイドロカルチャーを撮ってみました。若干逆光気味のところで撮っているんですが、フルオートでもちゃんと手前が明るくなっていてコンデジとしては合格点だろうなと思います。


まとめ
機能が絞られているということは妻や子供にとっては逆に使いやすい部分なので、個人的には満足な買い物です。カメラ任せでちゃんと撮れるってのはやっぱりイージーでいいですよね。

なお今は手ぶれ補正つきの後継機種「IXY 130」が出ています。IXY 120は現状在庫処分で8,000円程度ですが、IXY 130もすでに1万円程度まで下がってきているようなので、今購入されるならそっちがおススメかな。
ただ、シャッタースピードを稼げる明るいところでの撮影なら、120でも十分キレイだと思いますよ。


購入場所・価格など
カメラのキタムラにて税込8,000円でした。
今はもうちょっとだけ安いところもあるようですよ。


関連サイト
キヤノン:IXY 120|概要
オフィシャルサイトです。

キヤノン IXY 120 レッド (Canon コンパクトデジタルカメラ)

購入した店舗です。
気持ちだけかもしれませんが、やはりカメラは専門店のWEBで買ったほうが安心かな~と思うので、そこそこ利用しています。

【送料無料】 キヤノン IXY 130 レッド

後継機…というかちょっとパワーアップしているIXY 130です。
暗いところでもたくさん撮りたいならこちらかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月26日 (木)

抜群のフィット感。スマートフォン対応カナル型ヘッドフォン JVC「HA-FR46 (ホワイト)」買いました

JVC VICTOR ビクター HA-FR46 カナル型 ヘッドフォン

先日4年半ほど使っていたヘッドフォンを紛失してしまったので、新しいものを買いました。
これ、かなりいいです。
低価格でいいものを探している方、おススメですよ。


購入した商品
今回買ったのはJVC(ビクター)のスマートフォン対応カナル型ヘッドフォン、「HA-FR46」です。
結局は価格と性能のバランスだったんですが、購入の理由になったポイントとその後の使用感についてレビューしてみます。


購入の理由
購入の理由は「フィット感がすごく良かった」ということ。
基本的に音楽は徒歩+電車での通勤時に聴くことが多いので、音質もさることながら「きっちりはまる」ってのが僕にとっては重要なんですよね。

そんなわけで、今回はネット購入ではなく実店舗(ビックカメラ)で購入。
店舗では試聴用ヘッドフォンが結構な数並んでいるので、手持ちのMP3プレイヤーをつなぎながら数種類試聴して、もっともぴったりくるこれに決定したというわけです。

それでは購入後のレビューです。


期待通り、フィット感抜群
JVC VICTOR ビクター HA-FR46 カナル型 ヘッドフォン

では、数日通勤や部屋で使ってみた感想です。

■フィット抜群!
この写真は左耳がわをアップにしたところ。
フィットサポート(向かって右側の突起部分)の威力はダテじゃなく、この突起のおかげで耳栓に相当する部分がぴったり安定します。
カナル型ヘッドフォンは動いたりすると外れやすいものも多いんですが、これはかなり外れにくいですね。歩いていても位置を直したりする必要がないので快適です。

■音質
ボディがアルミですし、きっちりフィットするので、低音のキレはいいです。
ただ、全体的には若干中音域が足りない感じ。まぁでもいわゆる「ドンシャリ」というイメージではなく、単に中音域だけがちょっと下がった感じなので、イコライザでそこらを上げてあげれば問題なしです。
まだ使い始めたばかりなので、いわゆるエージングで変わってくる部分かもしれません。

■スマホ対応・ボリュームつき
スマホのコントロールやマイクについてはまだ使うシーンに出会ってないので評価しませんが、中間部分にボリュームスライダーがあるのは便利ですね。もちろんガリなどはありません。


まとめ
個人的にはすごく満足度が高いです。
もちろんハイエンドのヘッドフォンには全くかないませんが、
 ・歩いたり走ったりするのでフィット感が高いのがいい
 ・金属感があってちょっと高級に見えるのがいいな
 ・お手ごろ価格(3,000円以内)で購入したい
といったご希望をお持ちの方にはぴったりかと。
3,000円以内でスマホ対応のものではかなりいい線いってると思いますよ。


購入場所・価格など
ビックカメラ(店舗)で2,678円。
WEB通販だともう少しだけ安いところもあるかもしれません。


関連サイト
JVC マイク&コントローラー搭載カナルイヤホン(ホワイト) [HAFR46W]

楽天内ではここが一番安いみたいです。
音質的にもかなりおすすめです。

インナーイヤーヘッドホンHA-FR46製品情報 | JVC
オフィシャルの商品情報です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月31日 (土)

Youtubeってこんなキレイだったのね。TVでYoutubeが見られるガジェット「Chromecast」買いました!

Chromecast

ついに日本でも発売されたChromecast。
アメリカでは2013年夏に発売されていたようなので、約1年遅れで日本でも購入できるようになりました。

なんといっても魅力はその価格。
4,536円(2014年5月末時点)というのは破格ですよね。

ほぼ衝動買いのように購入してしまいましたが、中身はなかなか良かったです。
接続~テスト再生までをご紹介しますね。



Chromecast 箱

外箱はこんな感じ。
最近のガジェットによく見られるおしゃれな紙箱です。


開封
Chromecast 箱 開封

箱を開けて開封したところです。
これまた最近のガジェットによくあるように、本の中に「鍵」のように本体が収まっているデザイン。裏表紙にあたる部分には「スタートガイド」が印刷されています。
なお、同梱のマニュアルや保証書などは一切なく、セットアップはこの「スタートガイド」を見て行うようになっています。


本体
Chromecast

冒頭の写真の通り、これが本体。
HDMI端子に直挿しして使います。

が、HDMIとは別にマイクロUSB端子が付いており、電源はそのマイクロUSBで供給する仕様。USBメモリライクな本体に見えますが、別途電源が必要なんですね。ここらあたりは買う前にちゃんとチェックしておいたほうがよさそうです。

ちなみにHDMIにも一応電源供給の仕様はあるようなのですが、機器で消費可能なのは50mAという規定になっているようです。さすがにこれではこの手のガジェットを動かすのは難しいですよね…。


付属品
Chromecast

本体のほかには添付のような付属品が付いてます。
内容はUSB電源アダプタ、マイクロUSBケーブル、そして10cmほどのHDMI延長ケーブル。

USBアダプタとUSBケーブルは前述のとおり電源供給に、HDMI延長ケーブルはChromecast本体を直挿ししたときに周りと干渉してしまうような場合に使います。

僕の場合、TV(REGZA)にUSB端子があったため、そこから電源を取りました。
本来は録画用外付けHDDを接続するためのものですが、動作には問題なし。
Chromecast本体もうまく背面に隠すことができたので、前からみている分には接続前と変わったところは全くありません。


設定
Chromecast 起動

Chromecast本体をTVに接続し、電源となるマイクロUSBを接続したあと、TVをつけて入力切り替えでChromecastがつながっているHDMIを選択します。
その後Chromecastの起動までちょっと待つとこの画面が出てきます。

このあとはリモコン代わりとなるスマートフォン(もしくはタブレット等)上にて設定を行います。
ざっくりした流れは下記のとおりですね。

(1)専用のアプリをインストールする
(2)専用アプリでChromecastのペアリングを行う
(3)Chromecastのネットワーク設定を行う

(3)まで終わると、あとはスマホのYoutubeからTVへ今見ている動画の再生指示を出せるようになりますよ。
そう難しくはないので、順に見ていきましょう。


(1)専用のアプリをインストールする
Chromecast アプリ

専用アプリをインストールします。
アプリのダウンロードはここから。

Chromecast - Google Play の Android アプリ

いくつか機能はあるみたいですが、基本的には初期設定を行うのが主目的のアプリですね。利用開始した後はあまり意識しなくてもよさそうです。


(2)専用アプリでChromecastのペアリングを行う
Chromecast アプリ

アプリを起動して「デバイス」をタップするとセッティングが始まります。
あ、このときスマートフォン側はWi-FiをONにしてくださいね。

TVにはChromecastが4ケタの数値を表示しており、アプリ側では「ちゃんとこの4ケタが表示されているよね?」というのを確認します。

この時点ではまだChromecastに対してアクセスポイントの設定ができてないので、スマートフォンとChromecastがアドホックでつながってるんだと思います。
万一他のChromecastにつながってしまったときに気づけるよう、TV側に数値を表示して確認してるんですね。なかなか良くできてます。


(3)Chromecastのネットワーク設定を行う
Chromecast アプリ ネットワーク設定

ChromecastにWi-Fiの設定をします。
無線LANのSSIDを確認し、パスワードを入れるだけ。
スマホや他のデバイスを無線LANにつないだことがあれば簡単ですね。

画面はこんな感じになります。
Chromecast Wi-Fi 接続

接続が無事完了すると、いったんChromecastが再起動。
再起動完了で準備完了です。こんな画面になりますよ。
Chromecast 待機状態


早速使ってみた!
Chromecast アナと雪の女王

接続ができてしまえば専用アプリを閉じてしまってOKなので、スマホのほうでYoutubeアプリを起動。お好きな動画を検索・再生したところで、動画上をタップして出てくるアイコンからChromecastを選択することで、Chromecast側でその動画が再生される仕組みです。

記念すべき1発目はアナと雪の女王(Let it go)を表示してみましたが、HD動画ならTVに出力しても十分キレイですね。もちろんBlu-ray等には負けるかもしれませんが、少なくともDVDなんかより画質は遥かに良いです。
人によっては画質が悪いとか遅延がひどいとかいうレビューも散見されますが、僕の環境では非常に快適ですよ。

なお、動画のダウンロードやデコードはChromecast自身が行っているので、いったん指示を出したらスマートフォン側の仕事はおしまい。1つの動画の再生中に次の動画をどんどん検索してプレイリストに突っ込んでいくことができるので、イメージとしてはカラオケの予約に近いですね。


まとめ
YoutubeをTVで見るソリューションは別にこれが最初ではありません。
WiiやPS3でもできましたし、他のセットトップボックスも多数出ています。さらにはTV単体でもYoutubeが見れちゃったりするモデルも多いですよね。

でも、価格の安さや設定の簡単さ、手元のスマホをリモコンとする使いやすさなどはChromecastはこなれているなぁ、という印象を受けました。Google自身が後発でこういった機器を出してきた意味はかなりあるんじゃないかと思いますよ。

さーて、これであんな動画やこんな動画が大画面で見放題ですね!
あ、夜中の場合、くれぐれも音量にはご注意を(違)。


購入場所・価格など
Amazonにて4,536円。
久々にわくわくするデバイス、手に入れました。


関連サイト
Chromecast - Google Playの端末 (Google)
オフィシャルの商品情報です。
USBで電源を取っているところもちゃんと掲載されてますね。

購入したページです。
本日(2014年5月31日)時点、Amazon内で売れ筋トップ。大人気ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 2日 (日)

静かで超快適!ASUSのGeForce GTX 650搭載ビデオカード「GTX650-E-1GD5」買いました

GTX650-E-1GD5 ASUS GeForce GTX 650

本ブログでも何度か書いているとおり、オンラインFPSの「Alliance of Valiant Arms」をちょこちょこやってます。

が、これまではグラフィックの性能が今一つだったため、昨夏は何度も熱暴走がありました。
そんなわけで今回ビデオカード(グラフィックボード)を一新。
ものすごく快適になりましたのでご紹介です。


購入した商品
GTX650-E-1GD5 箱 ASUS GeForce GTX 650

購入したのはこれ、ASUSの「GTX650-E-1GD5」というカードです。
名前のとおり、NVIDIAのGeForce GTX 650 のチップが乗っている製品ですね。

これまではPC購入時に選択したGeForce GT 220を使っていました。
ですが、これがものすごく大飯食らい。
AVAを立ち上げると簡単に100℃を超えてしまい、ファンのスピードはもちろん最高速。それでも冷却力が足りず、特に夏場はシステムを巻きこんでブルースクリーンになってしまうこともしばしばでした。

熱対策としてパソコンのサイドパネルを外し、ファンを1つ追加して外から風を当ててやる…という感じの涙ぐましい努力をしてきましたが、さすがにこのままも辛いので購入に至ったというわけです。

今回、数ある商品の中からこれを選んだのは下記の理由です。

■そこそこの性能
超高画質を要求するようなゲームはやらないので、GTX 650で充分かなと。

■そこそこの価格
1万円をちょっと超えるくらいの価格で、お手ごろだったので。
以前は1万円を切っていたのですが、最近は円安のためか値段が上がっていますね。それでも1万2千円くらいで購入できるようです。

■補助電源不要
文字通り補助電源が要らないので、電源に余裕がなくてもOK。

■評判・レビュー
価格.comでも何度も売れ筋トップになっていますし、レビューもかなり高評価なんですよね。やはりこういったパーツは実際の使用感が大事なので、そのあたりも重視しました。
価格.com - ASUS GTX650-E-1GD5 レビュー評価・評判


レビュー
GTX650-E-1GD5 ASUS GeForce GTX 650

というわけで僕の環境でのレビューです。
結論から言うと総じて大満足ですね。

■取りつけ
PCI-Expressに刺すだけ。簡単でした。
なお、背面のスロットは1つしか占有しませんが、ファンが大きいため内部的には2スロット分の高さを要求します。
近くに他のカードがたくさん刺さっていると干渉すると思いますので、そこはご注意を。

■ドライバインストール
これまでもGeForce系のカードを使っていたので、ほぼ最新のドライバで利用開始できました。いったん再起動は必要ですが、CDなどは不要でした。

■Windows エクスペリエンス インデックス
Windows エクスペリエンス インデックスの「グラフィックス」「ゲーム用グラフィックス」の2つについては、いずれも6.5から7.3になりました。

■AVA利用時の温度と騒音
一番気にしていたのがここですが、これについては期待以上の劇的な改善がありました。フリーの「HWMonitor」にて取得した数値を乗せてみます。
なおゲーム上のグラフィック品質は比較のために同じ設定とし、10分ほどゲームした後にスクリーンショットを撮っています。

<GT 220>
GT 220 AVA 温度
(クリックで全体を表示)

グラフィックの最高温度は105℃。まだまだ寒いのにこの温度です。
以前は107℃くらいになったところでメモリエラーが起き、いきなりブルーバックになったりしていました。
当然カードのファンも100%で回り続けていて、相当うるさかったです。

<GTX 650>
GT 220 AVA 温度
(クリックで全体を表示)

劇的に改善。AVAで負荷をかけたときも58℃で済んでいます。
ファンスピードも最大値の22%程度で済んでおり、これまでと比べたら騒音は雲泥の差です。
ほんと、静かになったのが一番うれしいですね。


おまけ:これまで使っていたカード
GALAXY 22TGS8HX3AXT

これまで使っていたGeForce GT 220のカード。
購入履歴を見るとGALAXYの「22TGS8HX3AXT」というOEM組み込み用のカードだったようです。
完全な1スロットタイプなのでファンも頼りない感じですし、確かに熱がこもるかなぁ…という作りですね。


まとめ
無理やり追加したファンも撤去でき、かつサイドパネルを閉めても安定しているので、夏場もこれで乗り切れるかなと思っています。いやー快適。
これだけ快適になるんだったらもっと早く買っておけばよかったかな。

なお、グラフィックカードはチップ性能が同じならみんな同じ…なんてことは全くなく、ファンの性能等によって大きく使用感が異なります。やはりある程度の知名度とレビュー数があるカードのほうが安心できますよ。


購入場所・価格など
ソフマップ楽天市場店にて12,480円。Amazonなどより若干高かったのですが、ポイントがあったのでこちらで注文しました。
発送は早かったですよ。


関連サイト
【送料無料】 ASUS GTX650-E-1GD5 (ソフマップ楽天市場店)
購入した店舗です。
セール中・ポイント増量などを狙うともっと安くなるかも。

GeForce GTX 650グラフィックカード| GeForce | NVIDIA
NVIDIAのオフィシャルサイトです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月26日 (日)

5200mAhでこのコンパクトさはすごい!アンカー・ジャパンのモバイルバッテリー「ANKER Astro M1」買いました

ANKER Astro M1 アンカー・ジャパン

久しぶりにモバイルバッテリーを購入しました。
容量は上がっているのに、安く軽くコンパクトになってます。
ほんと軽いので、毎日持ち歩く方におすすめです!


購入の経緯
これまでは単三のeneloopが2本入るeneloop Stick Boosterを使っていました。
が、去年の秋あたりにどこかで紛失。
今使っているHTC Jはそんなに電池持ちに不安がなかったのでそのままにしていたものの、やはりモバイルバッテリーがないと不安かな、ということで購入した次第です。

今回もまたeneloopにしてもよかったのですが、固定型バッテリーのほうが安く、軽く、容量もありそうだったので今回はこちらを選択。
では写真と一緒にレビューです。


外箱
箱 ANKER Astro M1 アンカー・ジャパン

外箱です。
最近のガジェットらしくちょっとおしゃれな感じ。
大きさはかなりコンパクトです。


開封
ANKER Astro M1 開封

箱を開けたところです。
本体は箱よりも一回り小さく、ほんとにこれで5200mAhあるのかと思うほど。
箱の下側には簡単なマニュアルとポーチなどが入っていました。


Astro M1 本体
ANKER Astro M1 アンカー・ジャパン

冒頭の写真のとおり、これが本体です。
ほんとにコンパクトですし、柔らかな曲面になっているおかげで手へのおさまりもいいですね。

4連のLEDはバッテリ容量を示す青色LEDです。
で、LEDの脇にあるボタンが容量確認およびLEDライトのON/OFFのボタン(見づらくてすみません)。
短く押すとインジケーターのLEDが光って容量の確認ができ、長押しすると次の写真で見える白色LEDランプのON/OFFになります。

ちなみに充電開始・終了のための電源ボタンはありません。
USBのアウトレットに充電したい機器をつなぐと、自動で充電が始まるようになっています。


コネクタとLEDライト
ANKER Astro M1 コネクタ LEDライト

別角度からみるとこんな感じです。
左から他機器を充電するためのUSBポート、LEDライト、本バッテリーを充電するためのMicroUSBポートです。

出力用USBポートは1ポート。
出力はMAX 1Aなので、最新のiPadは充電できないものの、他のUSB充電デバイスはたいてい充電できるはずですね。

LEDライトは白色で、1灯ですがかなり高輝度です。
よく暗いところでスマホのバックライトを懐中電灯代わりにすることがあるかと思いますが、それよりはずっと明るいかも。非常用としては結構安心できる明るさかな。


単三乾電池との大きさ比較
ANKER Astro M1 単三乾電池 比較

手近にあった単三乾電池との大きさ比較です。
コンパクトさ、伝わりますかねぇ。

重さも126gなので、非常に軽いです。一般的なスマホより軽いですよね。
ちなみに僕の初代HTC Jは142g、相当軽いiPhone 5Sでも112gです。

5000mAh以上のバッテリはたいてい大きく重たくなってしまいがちなんですが、この軽さはかなりいいですよ。
カバンに放り込んで毎日持ち歩いてますが、ほぼ気になることはないです。


付属品
ANKER Astro M1 付属品

ポーチとMicroUSBケーブルが1本付属しています。
MicroUSBケーブルは、もちろん自身の充電にも他の機器の充電にも使えます。


使用感とまとめ
HTC Jに何度か充電してみましたが、少なくとも充電切れのところから2回は復活できそう。完全にゼロからの充電は試していないものの、HTC Jの電池が20%くらいの状況からフル充電までもっていって、Astroの容量は半分以上残っていました。
これまでのeneloopは単三2本でスマホの充電が半部できるかどうかという程度だったので、この容量には満足です。

また前述のとおり非常にコンパクトで軽いのもいいところ。
非常時に使うものが重くて持ち歩きたくないのでは本末転倒ですし、カバンに入れっぱなしでも気にならないのはいいですよね。

ちなみにこの「ANKER」ですが、2009年にGoogle出身のメンバーで設立された会社だそうです。スペックだけでなくデザインや使い勝手もかなり良いので、日本のメーカーも見習うところは多いんじゃないかなと思いました。

【ANKER Astro M1 スペック】

項目スペック
名称ANKER Astro M1
バッテリー容量5200mAh
USB出力5V / max 1A (最小 80mAh)
重さ126g
サイズ92 x 45 x 22mm


購入場所・価格など
楽天内のANKERオフィシャルショップにて2,180円。
Amazonで買うよりなぜか100円安く、送料も無料だったのでお得でした。


関連サイト
スマートフォン用 充電器 AKNER Astro M1 (ANKERオフィシャルショップ)

購入したオフィシャルサイトです。
現在ちょうど旧商品(本機)から新商品に入れ替わっている時期らしく、旧商品はかなり安く買えますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月26日 (土)

軽快で快適な低価格7インチタブレット。ASUS「MeMO Pad HD7 (ミルキー・バニラ)」買いました

ASUS MeMO Pad HD7

2012年3月に、10インチのAndroid 3.0タブレット「ICONIA TAB A500」を購入しました。 (そのときの記事はこちら。⇒ My first Android。ICONIA TAB A500買いました(まずは速報))

ただ最近になってタッチパネルが反応しにくいトラブルが多発。
どうも持病のようですが、すでに無償保証期間も終わってしまっているため、新しく7インチのタブレットを買いました。

たった1年そこそこですが、いやー進歩してますね。
もろもろ快適になって満足です。

まだ買ったばかりでアプリも少ない状態ですが、まずはご紹介します。


購入した商品
購入したのはASUS(エイスース)のAndroidタブレット「MeMO Pad HD7」。
名前のとおり、HD解像度のディスプレイ(1280x800)を装備した、7インチのタブレットです。

購入したのはYahooとアスクルが共同で運営している「LOHACO」というサイト。
購入時点はキャンペーン中だったため17,800円+Tポイントが2,535ポイントという価格でした。

世の中には1万円を切るような激安中国製もありますが、一応ASUSにした理由は何と言ってもGoogleのNexus7を作っている会社だから。
実はこのMeMO Pad HD7 はNexus7の兄弟みたいなものなので、以前のICONIAのようなトラブルは起こりにくいんじゃないかなと判断しました。

あ、毎度前置きが長くなりすみません。
それではいくつか写真を載せますね。


梱包状態
ASUS MeMO Pad HD7 梱包状態

LOHACOはアスクルが運営しているので、箱はアスクルのもので届きました。
到着は注文日翌日。さすがアスクル、名前通りのスピード出荷です。


外箱
ASUS MeMO Pad HD7 外箱

外箱はこんな感じ。
最近のデジタルガジェットの流れなんでしょうか、箱はきれいな紙箱で、必要最低限の大きさです。
開けたところの写真はありませんが、箱を開けると7インチタブレットがきれいにこちらを向いて収まっていました。


前面
ASUS MeMO Pad HD7

冒頭でも掲載した通りこれが前面です。
全面は液晶とインカメラがあるだけなので、デザインという意味では可も不可もなく…というところですね。まぁ変な装飾がないのは良かったと思います。
詳しい使い勝手はこの後で書きますね。


背面
ASUS MeMO Pad HD7 背面

背面です。
ちなみにMeMO Pad HD7は背面色が4色から選べますが、今回は白にしてみました。カラーリングは以前使っていたauのIS02(QWERTYキーボードつきWindows Mobileモデル。名機でした)にそっくりで、こっそり気に入ってます(^_^;)。

なお背面下側にあるスリットはステレオスピーカー。
内部には2つスピーカーが付いているようで、縦位置で持つとちゃんとステレオに聞こえます。まぁサイズは小さいので、どうしても迫力には欠けますが。


右側面
ASUS MeMO Pad HD7 右側面

液晶を手前に向けたときに向かって右側の側面になる部分。
上のほう(写真では左側)にあるのが電源ボタン、その近くの長いボタンが音量ボタンです。他に操作するボタンやインタフェースなどはなく、至ってシンプルですね。


左側面
ASUS MeMO Pad HD7 ひだり側面

こちらは向かって左側面。
小さなスリットはMicroSDカードを挿入するスロットです。


ASUS MeMO Pad HD7 上面

縦位置で持った時上面になる部分です。
ここにはヘッドフォン端子と充電を兼ねたMicroUSB端子があります。
以前買った10インチタブレットは専用の充電端子だったので不便だったのですが、この機種は確保しやすいMicroUSBでありがたいですね。


アダプタ
ASUS MeMO Pad HD7 アダプタ

付属のUSB-ACアダプタです。
ハイパワーではなさそうですが、デザイン性もそこそこいいですしコンパクトにまとまっていて気に入ってます。


レビュー
まだそこまで使い倒していないのですが、ざっくりとレビューしてみます。

■動作ストレスなし
動作は軽快で、非常にさくさく動きます。
クアッドコアCPUが効いていますね。

■液晶きれい
IPS液晶なので、どっから見てもきれいです。
液晶の「奥まっている感」もかなり少なく、傾けても見やすいですね。

■軽い!
以前使っていたICONIA TABは765gでしたが、このMeMO Pad はその半分以下の302g。もちろん10インチと7インチの違いはあるものの、やはり単純に軽いのは楽ですね。
持ち歩いても全く苦にならない重さです。

■Google Play対応
「当たり前じゃん?」と思われるかもしれませんが、激安のAndroidタブレットはGoogle Play非対応のものも多いんです。これは問題なく対応しているので、アプリも当然選択し放題。ストレージもそこそこあるので、必要な分は問題なくアプリが入れられると思いますよ。

そんなわけで現段階では「買って大正解!」でした。
本家Nexus7を買うのもいいですが、これもなかなかいいですよ~。
安いし快適だし、おすすめです!


関連サイト

ASUS MeMO Pad HD7 - タブレット - ASUS

ASUSのオフィシャル商品情報サイトです。

ASUS MeMO Pad HD7 (LOHACO)
購入したサイトです。
アスクル、たまにkakaku.comの最安店舗より安いような商品が出たりするので、家電なども要チェックですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧